Google、体験予約の新サービス発表 観光事業者リンク掲載無料に

Googleは今後数ヶ月以内に、様々な体験予約を行うことを発表しました。

ユーザーは、アトラクション、現地ツアー、アクティビティなどの体験(Things to Do)を、検索結果の一覧から基本料金やチケットのオプションを調べ、表示されるリンクから観光事業者などの予約画面にスムーズに移行することができるようになります。

「Reserve with Google」(Googleで予約)は廃止に

Googleは予約機能の「Reserve with Google」を2021年8月より廃止すると発表しており、すでに旅行・レジャー予約プラットフォームであるKlookが2021年8月27日から先行して発表していましたが、このようなサービスを行うというGoogleからの発表は初めてでした。

この「Things to Do」では、今年初めに開始されたホテルの予約リンクと同じく、体験の予約に関するリンク掲載でサプライヤー側に掲載コストがかからず、このサービスの進展のために様々なOTA、テクノロジー・プロバイダーとの協業を示しました。

今後予約可能なサプライヤーの数を増やしていくとのことです。また新しい広告フォーマットの提供も発表されました。広告によってユーザーに多くの情報を提供し、サプライヤーの閲覧数、予約増加につながることが考えられています。

Googleはこの発表にあたり、体験についての検索動向を公開しました。世界中で旅行規制が行われている中、過去12ヶ月の「近くのアクティビティ」の検索数は増加しており、このような関心の高まりによって、旅行業界の回復を支援するとしています。

関連記事:KlookとGoogleが連携 旅行事業者の公式サイト「Google Things to do」上で表示が可能に

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!