大阪IR事業者決定 20年代後半開業めざす 訪日客来場には課題も

大阪府と大阪市は28日、誘致を進めている統合型リゾート(IR)の運営事業者を「MGMリゾーツ・インターナショナル」とオリックス連合に決定したことを発表しました。2020年代後半の開業を目指しています。

大阪のIR誘致、「MGMリゾーツ・インターナショナル」に決定

大阪市が誘致しているIRの運営事業者はアメリカ・ラスベガスに本社を置く「MGMリゾーツ・インターナショナル」と日本のオリックスの共同グループ「MGM・オリックス コンソーシアム」に決定。

候補地は25年の大阪・関西万博の会場にもなっている大阪市此花の人工島・夢洲(ゆめしま)です。来年4月末に区域整備計画の認定申請に向け、府市とMGM連合は共同で計画策定作業を本格化させていく見込みです。

政府が昨年12月に発表したIR基本方針によれば、IR誘致を目指す自治体が提出する区域整備計画は10以上の基準で評価されます。

ギャンブル依存症対策にも触れ、MGM側の提案では、家族からの通報により入場を管理するほか、24時間受付可能な相談体制を構築していくとのこと。府市も依存症患者を医療機関につなぐ仕組みを検討、交通インフラの整備も課題とされています。

新型コロナによる訪日客の落ち込みは課題の一つとされています。大阪観光局によると、大阪を訪れた訪日客は19年の1,231万人から激減し20年では約159万人に。

IRでは、見込んでいる来場者約2,050万人のうち3割の約650万人は訪日客と予想していますが、今後国際観光が元に戻るかは不透明のままです。

来年4月に迫る整備計画の申請、他の候補地の動向

候補地である和歌山・長崎もIR誘致を進めています。

和歌山は7月にカナダのIR投資会社の関連会社である「クレアベストニームベンチャーズ」を事業者に決定、高野山での観光や自然体験を組み合わせた「リゾート型IR」を掲げ和歌山マリーナシティへのIR誘致を進めています。

長崎は佐世保市にある大型リゾート施設「ハウステンボス」ほ候補地とし、8月にカジノの開設実績がある「カジノオーストリアインターナショナルジャパン」を事業者に選びました。誘致が見込まれるアジア諸国との近さを強みとして、九州7県、地方自治会や経済団体で「九州IR推進協議会」を発足させ誘致に取り組んでいます。

多数の訪日客が見込まれるIR。来年4月の区域整備計画の申請に向け、それぞれの候補地の今後の動向が注目されます。

関連記事:横浜、IR誘致の道途絶える。残る候補地と拭われぬ不透明さ

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!

訪日ラボに相談してみる



関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!