外国人旅行、前年同月比732.0%で大幅増加に 主要旅行業者の旅行取扱状況速報8月

観光庁が「主要旅行業者の旅行取扱状況速報」2021年8月分のデータを発表しました。

この調査では国内の主要旅行会社の商品取扱額を集計し、「(日本人の)海外旅行」「外国人(の国内)旅行」「(日本人の)国内旅行」の3つのカテゴリーに分けて公表しています。

東京オリンピック・パラリンピックの影響もあり、「外国人旅行」部門が大幅に増加し、前年同月比では732.0%となりました。

また昨年とは異なり、緊急事態宣言が都心部で発令されている中の夏休みとなりましたが、すべての部門で昨年より増加しています。

《注目ポイント》

  • 8月の総取扱額は783億円で前年同月比117.8%
  • 国内旅行取扱額は675億円で前年同月比108.0%
  • インバウンド旅行取扱額は52億円で前年同月比732.0%

関連記事:主要旅行業者の旅行取扱状況速報7月

国内旅行業者取扱額ランキング:海外旅行・外国人旅行部門で大幅増加

2021年8月の主要旅行業者の総取扱額は783億円で、前年同月比117.8%となりました。

これは、東京オリンピック・パラリンピックの影響もあり特に海外部門で取扱額が前年同月と比べて大幅に増加したことが要因だと考えられます。

前月と比較すると、トップ5の中では東武トップツアーズが4位となり業績を伸ばしていることが分かります。

順位 旅行会社 取扱額 前年同月比
1位 JTB(9社合計)

358億5,948万円

110.8%

2位

(株)日本旅行

72億5,150万円

112.6%

3位

KNT-CTホールディングス(13社計)

63億1,514万円

154.7%

4位

東武トップツアーズ(株)

32億8,824万円

231.1%

5位

(株)ジャルパック

32億8,291万円

82.8%

国内旅行取扱額ランキング:緊急事態宣言でも前年同期比より8%増加

2021年8月の主要旅行業者の国内旅行の総取扱額は675億円で、前年同月比108.0%となりました。

7月後半から4度目の緊急事態宣言が発令され、感染者が増加したことから7月ほどの伸びとはなりませんでした。しかし「宣言疲れ」からか、緊急事態宣言が発令されていない前年同月比よりも国内旅行部門でも増加しました。

航空会社が多くランクインしていますが、昨年より取扱額が少なくなっていることから、近場での旅行が増加していることが分かります。

順位 旅行会社 取扱額 前年同月比
1位 JTB(9社合計)

308億5,018万円

100.1%

2位

(株)日本旅行

62億8,846万円

105.4%

3位

KNT-CTホールディングス(13社計)

55億2,807万円

143.2%

4位

(株)ジャルパック

32億7,930万円

82.7%

5位

ANA X(株)

32億3,534万円

86.3%

海外旅行商品の取扱額:好調だった前月より3億円増加

2021年8月の海外旅行商品の総取扱額は55億円で、前年同月比172.0%でした。

日本でのワクチン接種の進展に加え、7月26日からの「ワクチンパスポート」の導入、さらに入国制限の緩和が影響していると考えられます。

順位 旅行会社 取扱額 前年同月比
1位 JTB(9社合計)

12億3,518万円

148.2%

2位

エイチ・アイ・エス(6社計)

5億7,369万円

132.3%

3位

日新航空サービス(株)

5億3,661万円

379.0%

4位

エムオーツーリスト(株)

3億8,681万円

182.2%

5位

阪急交通社(3社計)

3億7,853万円

470.9%

外国人旅行商品の取り扱い額:前年同月比732.0%に

2021年8月のインバウンド向け国内旅行商品の総取扱額は52億円で、前年同月比732.0%でした。

JNTOによると、2021年の8月の訪日外客数は25,900人で、前年同月比199.1%増でしたが、旅行商品の取り扱い額も連動して大きく伸びています。

順位 旅行会社 取扱額 前年同月比
1位 JTB(9社合計)

37億7,412万円

551.1%

2位

KNT-CTホールディングス(13社計)

6億3,350万円

前年は取扱額0

3位

東武トップツアーズ(株)

4億6,252万円

前年は取扱額0

4位

(株)日本旅行

2億9,508万円

前年は取扱額0

5位

名鉄観光サービス(株)

3,875万円

177.2%

緊急事態宣言解除で旅行消費進むか

10月1日から、複数回にわたって延長されていた緊急事態宣言が解除され、「Go To 」各種キャンペーンの再開も知事会などで求められています。

また、自民党の総裁となった岸田氏は「Go To 2.0」を打ち出すなど、消費促進に積極的であることから、旅行業界にも好影響が与えられると考えられます。

さらにコロナ後に向けて、インバウンド誘致を加速させる自治体も出ています。今後も取扱額の増加が期待されるでしょう。

関連記事

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
観光庁主要旅行業者の旅行取扱状況速報(令和3年8月分)

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!