タイ、入国者への隔離措置を免除 11月から「低リスク」10か国対象

タイのプラユット首相は11日の演説で、低リスクの10か国からの入国者を対象に、入国時に義務付けていた隔離措置を取りやめることを発表しました。

この措置については来月1日より適用されるということです。

ワクチン接種済みや陰性を条件、外国人旅行者の受け入れ推進を訴え

プラユット首相は10月11日の20時30分(現地時間)に「Television Pool of Thailand」で放送された国民への演説で、入国者に課していた入国時の隔離措置について、11月1日より取りやめる方針を明らかにしました。

対象となるのは「低リスク」と判断されているイギリス、シンガポール、ドイツ、中国、アメリカなど10か国からの入国者です。現在、日本が含まれるかについては明らかになっていません。

上記の国からの入国者については、自国を出発する前にワクチン接種済みであることPCR検査の陰性などを条件として入国時の隔離措置が免除されます。

また、12月1日までに上記の対象国を拡大し、1月1日をめどにさらに対象国を拡大する予定であるということです。

プラユット首相は同演説で、

「このような状況の中、私たちは迅速に、しかし慎重に行動しなければなりません。今後数ヶ月の間に年末年始の旅行者を誘致し、観光、旅行、エンターテイメント、その他多くの関連分野で生計を立てている何百万人もの人々を支える機会を逃さないようにしなければなりません。」

と述べており、観光業振興に向け、外国人観光客を積極的に受け入れる姿勢をアピールしています。

タイでは2021年7月1日より、外国人観光客を対象とした隔離免除措置「プーケット・サンドボックス」を試験的に導入していました。

観光業が主要な産業の一つであるタイにとって今回の観光再開計画は、「プーケット・サンドボックス」「サムイ島プラスプログラム」も含め、コロナ禍前の水準に近づく大きな足がかりになると期待されます。

関連記事
タイ、隔離無しでの観光客受け入れを再開 プーケットから
タイの3島、ワクチンの接種済みを条件として観光客の受け入れを再開
タイ、5都市で外国人観光客受け入れ再開 ワクチン接種完了を条件に

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
タイ国政府観光庁プーケット・サンドボックスについて
THE GOVERNMENT PUBLIC RELATIONS DEPARTMENT:Thailand to Welcome Quarantine-Free Visitors

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!