フィリピン、「低リスク国」からの入国再開を一時停止に

フィリピン政府は28日、低リスクに指定している国からの観光客受け入れ再開を一時停止すると発表しました。

今回の変異株オミクロンの拡大を徹底的に防止する方針です。

入国再開中止 日本も対象に

29日、入国管理局のジェイミー・モレンテ氏は「オミクロンの亜種に対する世界的な懸念を考慮して、外国人観光客の入国を一時停止する必要があると考えている。」と声明を出しました。

フィリピンは他国の新型コロナウイルスレベルを色で分類しています。25日、12/1から12/15の間グリーンリストやイエローリストに指定されている国は、ビザを所持していなくても入国を許可すると発表されていました。

しかし、今回の声明ではグリーンリストとイエローリストの国でも長期ビザを持っている人だけが入国を許可されることが明らかになりました。

日本はビザなしでフィリピンに入国できるグリーンリストに指定されていたため、12月からフィリピンへの日本人観光客の入国も期待されていました。

ヨーロッパ7カ国 旅行者の入国禁止

11月28日から12月15日までIATFの「レッドリスト」に追加された国は、オーストリア、チェコ共和国、ハンガリー、オランダ、スイス、ベルギー、イタリアです。この7カ国からの入国を完全に禁止する方針です。

ジェイミー・モレンテ氏は「到着前の過去14日以内にレッドリスト国から来た人はフィリピンに入国することを許可しない。」と述べました。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>

GOV PH:IATF suspends plan to reopen PH to foreign tourists: BI

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!