中国、日本製品をめぐる「4つの消費トレンド」アリババが提唱

アリババグループは1月12日~13日、中国進出を検討する企業向けに輸入事業に関するオンラインサミットを開催しました。

アリババは、コロナ禍でニューノーマル時代が到来した現在における、中国での日本製品をめぐる新たな消費トレンドとして、「グリーン消費」、「ステイホーム型消費」、「商品成分へのこだわり」、「健康投資」という4つを示しました。

「グリーン消費」「健康投資」など4つの消費トレンド示される

アリババグループが1月12日~13日にかけて、中国進出に興味がある企業向けに行った輸入事業に関するオンラインサミットのなかで、コロナ禍でのニューノーマル時代における中国の日本製品をめぐる新たな消費トレンドが示されました。

1つめのトレンドとして挙げられた「グリーン消費」は、ニューノーマル時代に中国でも高まるエコや環境に対する意識を背景として、環境保護の理念に基づく製品や低炭素製品にビジネスチャンスがあるとしています。

サステナビリティへの関心への高まりにより、中古品やキャンプ用品、釣り用品を扱う企業や、環境保護をコンセプトとするブランドなどにチャンスが到来する可能性があります。

2つめのトレンド「ステイホーム型消費」においては、家にいる時間を有効活用して楽しみたいという中国の消費者の思いを受け、家庭内で使われる機器や備品、掃除用品やインテリア製品などに人気が集まっています。

日本のゲーム機器やVR・AR機器、フィギュアなどは引き続き根強い人気を誇り、同時に家飲みやホームパーティー、一人晩酌用の日本酒やウイスキーなども中国の若者の間で人気があるとされています。

高品質、健康への投資意欲高まると指摘

3つめのトレンドは「商品成分へのこだわり」で、海外旅行がいまだ回復しない中でも、中国の消費者の高品質な輸入品に対する需要は高まり続けています。

中国の消費者はブランドの認知度や製品の原材料などを考慮して自分に合った製品を選ぶようになり、高い技術力や美容医療成分、オーガニック認証成分を含むエイジングケア製品やスキンケア製品、化粧品、美容機器どの人気が高まっています。

最後の4つめのトレンド「健康投資」では、中国の消費者の間では、自身や家族の健康とヘルシーなライフスタイルへ投資する傾向が高まっています。

日本から輸入されたOTC医薬品やマルチビタミン、健康食品、サプリメントなどは、ルールが整備された越境ECプラットフォームを通じ中国に参入することで、日本サプライヤーからの正規品というお墨付きを得ることができ、ブランドのレピュテーションを維持することができるとしています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>

アリババアリババが海外ブランド向けに越境ECに関するオンラインサミットを開催、ニューノーマルにおける中国消費者の日本製品購入を巡る最新トレンドを共有

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」


スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!