観光戦略ではなにをKPIとすべきか?京都市、大津市の事例を紹介

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

観光業界に限らず、KPIを適切に設定できていないと現状の業務が正しく進んでいるのか判断できないばかりか、効果測定を行うことや改善することが難しくなります。

では観光分野においてのKPIはどのように考えるべきで、どこに設定すべきなのでしょうか?

本記事では実際にKPIを活用した戦略が立てられている観光地の事例を解説します。


KPIとは何か?

KPIとは「Key Performance Indicator」の略語で、日本語では「重要業績評価指標」と言います。

事業目標を達成するために実行すべき過程が、適切に実施されているかを数値化して評価するものです。

例えば営業の現場では、訪問件数や受注件数などがKPIとして設定されます。

KPIを具体的に設定すれば、目標に到達するための進捗度合いを正確に把握できます。

「KPI」と「KGI」の違い

KPIが、業務の過程を評価基準とするのに対して、KGI(重要目標達成指標)は、全体の最終的な目標数値を指します。

KPIKey Performance Indicator

重要業績評価指標

KGIKey Goal Indicator

重要目標達成指標

KPIは、KGIという最終目標に向かっていくための過程・工程であると言えます。

なぜKPIを設定するのか

KPIを設定することで、その団体が目標達成をするには何をすればいいのかが数値として明確になります。

KPIの設定で、目標が明瞭化するというメリットがあるのです。

逆にKPIがないと何をすればいいのか曖昧になり、「なんとなく」でプロジェクトを進めてしまうことになりかねません。

以上の理由から、ほとんどの企業や団体がKPIを設定しています。

観光におけるKPIとは何か

それでは実際に自治体やDMOではどのようなKPIを設定しているのかについて、実例とともに説明します。

【京都市観光協会】5つ要素に対応するKPI設定

京都市観光協会では、ビジョンを構成する5つの要素に対応するかたちで、KPIを設定しています。

5つの要素は以下の通りです。

  1. 市民生活の豊かさ
  2. 観光客の価値観に影響を与える
  3. 文化の保全と創出
  4. 強靭な産業
  5. 観光業に誇りを持てる

そして、上記の要素に対応する形で以下のKPIを設定しています。

  • 観光消費額
  • 市民にとっての暮らしやすさ(「市民生活実感調査」等の結果をもとに算出)
  • 愛着度(ネットプロモータースコア)
  • 文化財を活用した取組の件数
  • 新しい生活様式に対応した事業者数
  • 観光客の国籍・地域別分布の偏り
  • DMO会員数

このように観光客の価値観に影響を与えるなどさまざまな立場からKPIを設定しています。

データをとり推移を分析することで、目標達成に向けてどれくらいの進捗かを測ることができます。

【大津市】KPIを達成するための3つの基本方針「大津ならではの魅力」

大津市はKPIである数値目標4項目を公開した上で、基本方針を設定しました。

数値目標は、以下の通りです。

  1. 観光消費額
  2. 総宿泊客数
  3. 外国人宿泊客数
  4. 来訪者満足度

数値目標を達成するための基本方針は、以下の通りです。

  1. オンリーワンのびわ湖を中心とした「大津ならではの魅力」の磨き上げ
  2. 大津への「来訪」に結びつけるための、戦略的な情報整理
  3. 知名度の飛躍的な向上を狙ったプロモーション

適切なKPI設定で観光の戦略が明確に

KPIを設定することで目標までの達成状況が明確になり、KGIで定めたゴールへの道筋もより明確になります。観光振興を目指す上でもそれは例外ではありません。

目指すべきゴールの達成のためには適切なKPIを設定し、それを計測しつづけることは必要不可欠です。

コロナ禍で国際観光がほぼ停止している今、インバウンド向けの施策を考える時間があるからこそ、今一度立ち止まって考えてみることをおすすめします。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>

京都観光協会:公式サイト「KPI(主要指標)」

大津市:第2期観光交流基本計画

【2023年インバウンド最新動向を予測】国・地域別デジタルマーケティング戦略


2022年10月からついに入国者数の上限撤廃、短期滞在者のビザ免除等が実施され、訪日観光が本格的に再開されました。

未だ"完全回復"には至っていないものの、観光地によってはすでに多くの訪日外国人観光客が訪れているところもあり、「インバウンド対策」への関心が急速に高まっています。

では、今やるべきインバウンド対策とはなんでしょうか。そしてそれを国・地域別に見ると、どういった違いがあるのでしょうか。

インバウンド対策を何から始めたら良いか悩んでいる方や、インバウンドの最新動向を知りたい方向けに

  • 最新の訪日観光の状況や今後の予想
  • 国・地域別のデジタルマーケティング
  • 外国人向け情報発信の際に意識すべきこと

などがわかる資料を公開しています。

資料をダウンロードする(無料)

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!