北京五輪開幕。世界から反応ぞくぞくと SNSの反響は?

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

2022年2月4日21時から、北京五輪の開会式が始まりました。

2度目となる「コロナ禍での五輪開催」であることに加え、外交的ボイコットの問題も指摘されるなど、本大会には世界から高い注目が集まっています。

本記事では、開会式中に世界から集まったSNS上の反応を紹介します。

関連記事:東京五輪開会式 BGMには「ドラクエ」テーマソングも

「訪日ラボ」の最新インバウンドノウハウが配信されるメルマガに登録する

北京五輪開会式スタート 世界が注目寄せる

北京五輪の開会式は、通称「鳥の巣」と呼ばれる国家体育場(国家スタジアム)で行われました。

オリンピック公式アカウントは、冬季五輪の起源に触れながら開会セレモニーの様子を伝えています。  冬季五輪の幕開けにお祝いを寄せました。  

北京五輪開会式の幕開けを伝えるTwitter投稿
▲北京五輪開会式の幕開けを伝えるTwitter投稿:ロイター通信公式アカウントより編集部スクリーンショット

Twitter:オリンピック公式アカウント

また式の冒頭では、IOCのトーマス・バッハ会長と中国の習近平国家主席が並ぶシーンも見られました。ソーシャル・ディスタンスを保ったうえで開会式を見守っています。

なおこの後にバッハ会長は、五輪開会を宣言するスピーチを、約10分にわたって行いました。

開会式のバッハ会長と習近平国家主席の様子
▲開会式のバッハ会長と習近平国家主席の様子:Twitterより編集部スクリーンショット

引用元:Twitter投稿

セレモニーの演出に反響

開始時のカウントダウンでは、24節気になぞらえた演出がなされました。演出に対する感嘆の声や、2021年に行われた東京五輪の開会式と比較した印象も寄せられています。

24節気は季節を表す言葉で、日本でも「立春」「春分」「夏至」などが用いられています。

開会式当日がちょうど立春にあたる日であることから、この演出に惹きつけられたようです。

24節気になぞらえたカウントダウンについての感想
▲24節気になぞらえたカウントダウンについての感想:Twitterより編集部スクリーンショット
引用元:Twitter投稿


北京五輪の開会式を2021年夏に行われた東京五輪と比較し、「東京よりも良い」と評する声も見かけられました。

東京五輪と比較した印象を伝える投稿
▲東京五輪と比較した印象を伝える投稿:Twitterより編集部スクリーンショット

引用元:Twitter投稿

ロイター通信の公式Twitterアカウントも、花火によるカウントダウンの様子を写真とともに伝えています。

花火の使用量は、2008年に同じく北京で行われた北京夏季五輪の開会式と比較すると10%ほどだったということです。

開会式の様子を伝える投稿
▲開会式の様子を伝える投稿:Twitterより編集部スクリーンショット

引用:ロイター通信公式Twitterアカウント


選手入場に関して、先頭のギリシャと最後の中国(開催国)の間は漢字の画数順に各国が入場しています。日本は10番目の入場で、13人の選手が参加しています。その次には直前に開会式参加を示した台湾、そして香港が続き入場しました。

なお日本選手団の旗手はノルディック複合の渡部暁斗選手とスピードスケートの郷亜里砂選手が務めています。日本選手団の主将・高木美帆選手は開会式には不参加でした。

北京五輪は2月20日まで開催されます。初の夏季・冬季両大会の開催となる本大会に、引き続き世界から高い関心が集まるでしょう。

関連記事:東京五輪開会式 BGMには「ドラクエ」テーマソングも

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介

インバウンド市場の最新動向がわかる訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介します。

2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

昨年12月、JTBが2024年の旅行動向見通しを発表し、 訪日外国人旅行者がコロナ前の2019年を上回る過去最多の3,310万人に達するとの予測を立てました。

インバウンド市場が回復の動きを見せる中、訪日外国人を集客するために、どのような対策をすべきかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで本セミナーでは、訪日外国人の集客支援を行う2社にて、 2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション成功のポイントを独自の視点から紐解いていきます。

【訪日外国人の行動データと口コミデータで紐解く】2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに