アフターコロナの外国旅行先「日本」が最も人気 中国訪日リピーター調査

株式会社トレンドExpressが実施した「インバウンド消費」に関する調査の結果、中国の訪日リピーターによるアフターコロナの外国旅行先は、日本が最も人気であることが分かりました。

半数以上がコロナ前よりも高い訪日意欲

ホットリンクグループの株式会社トレンドExpressは、中国を中心とする消費者ビッグデータをベースにクロスボーダーマーケティングや越境EC事業を行っています。

同社は2021年12月、コロナ禍前に頻繁に訪日旅行を楽しんでいた中国の女性消費者600名を対象として、「訪日インバウンド消費」に関するアンケート調査を実施しました。

その結果、日本が海外からの観光客受け入れを再開する「アフターコロナ」の旅行に関して、半数以上(51.5%)がコロナ前よりも高い訪日意欲を示しました。

「リベンジ消費」の可能性も示唆

旅行の予算についても約60%が上がることを想定(「上がる(18.2%)」「どちらかといえば上がる(42.2%)」)しており、インバウンド消費復活の可能性がうかがえます。

さらに外国旅行先としての優先度も、日本は「外国旅行の旅先として最も優先度が高い(48.8%)」「外国旅行の旅先候補としてトップ3に入る(42.8%)」で合計91.6%と、非常に高い結果となりました。

また40%強が「買い物重視の訪日旅行」を希望しており、買い物したいカテゴリは化粧品がトップで、革製品やOTC医薬品が続き、訪日旅行の買い物ニーズが底堅いことが分かります。

アフターコロナの訪日スポットとしては中部地方への注目が高まっており、「昇龍道」への注目も健在となっています。

モノ消費」から「コト消費」への変化の流れも加速する見込みで、訪日旅行での自然・伝統文化体験、エステ、ウィンタースポーツなど体験型観光の人気が上昇しています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>

PR TIMES:トレンドExpress、「インバウンド消費」に関する調査結果を発表 ~中国訪日リピーターの“アフターコロナの訪日旅行・消費意欲”調査~






関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!