「歴史的資源を活用した観光まちづくり事業」公募開始 高付加価値化狙う

観光庁は、「歴史的資源を活用した観光まちづくり事業」の公募を開始しました。

この事業では、「歴史的資源を活用した観光まちづくり事業」において、高付加価値化及び経済・社会波及効果拡大に向けたモデル事例創出を目指しています。

観光庁では、「歴史的資源を活用した観光まちづくりタスクフォース」を通じて取り組みを実施し、2020年に全国200地域での取組を展開しました。

今回は、地域経営体制の確立やインバウンド等の流通・販路開拓なども目指す方針です。

質問受付期間は令和4年4月22日(金)17:00までで、申請期限は令和4年5月9日(月)11:00です。

歴史的資源を活用した観光まちづくり事業 公募開始

観光庁は、「歴史的資源を活用した観光まちづくり事業」の公募を開始しました。

この事業は観光庁の調査の一環として行われ、専門家等による伴走支援が行われます。また申請に対し、書面での提出だけではなくヒアリングも実施されます。

以下で公募の詳細について、説明します。

<公募条件>
・申請者 原則として、地方公共団体、民間事業者等が連携する組織や団体、協議会等
・地域の高付加価値化を推進し、地域の経済・社会・環境波及効果拡大に資する取組であるもの
・歴史・文化を後世に継承するとともに、地域住民のシビックプライドの醸成を図り、持続可能なまちづくりの創出へ寄与するもの
・主要なステークホルダーの参画を通し、金融・人的資本の機能強化を図るもの。

  1. 実施内容
    ・事業計画書の作成
    ・事業の進捗状況等の報告
    ・事業実施報告書の作成等
  2. 応募申請書の記載に当たってのポイント
    観光庁の「歴史的資源を活用した観光まちづくりの考え方」に準拠しているか
    上記の公募条件を満たしているほか、以下のような関係性で動くことが想定されています。
    「歴史的資源を活用した観光まちづくりのモデル地域イメージ」:観光庁より
    ▲「歴史的資源を活用した観光まちづくりのモデル地域イメージ」:観光庁より
    ・伴走支援に基づいた事業展開
    地域の価値を世界的な価値まで高めるブランディング、国内外の高付加価値旅行者誘客へ向けた販路開拓・プロモーション・商品造成などが想定されています。
    ・新型コロナウイルス禍などを想定した事業計画の策定
    ・関係各所との事前調整
  3. 審査項目
    ・事業内容の有効性
    ・取組の的確性
    ・事業遂行の確実性
    ・提案内容の採算性
    これらを満たしていると加点につながります。
    また、観光庁の他の施策と関連性があると加点につながります。
  4. 留意項目
    ・継続的な取組体制の構築
    ・ターゲットの明確化
    ・専門家の助言に基づいた計画策定
    ・高付加価値な観光コンテンツ等の販売
    ・デジタルを活用した地域経営の高度化・体験価値の向上
  5. 期間、方式
    質問受付期間 令和4年4月22日(金)17:00
    申請期限 令和4年5月9日(月)11:00
    いずれも電子メールのみでの申請です。

観光庁の他の取組については、以下の記事でも紹介しています。

関連記事:「城泊・寺泊」800万円まで補助金 インバウンド対応の一環として、観光庁(昨年度分)

申請様式、詳しい条件については観光庁の公式サイトよりアクセスできます。

観光庁歴史的資源を活用した観光まちづくり事業(高付加価値化及び経済・社会波及効果拡大に向けたモデル創出)における事業実施者の募集

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!