ニュージーランド、2年ぶりに隔離なしの観光客受け入れへ

ニュージーランドは2日、約2年ぶりに国境を再開しビザ免除国から無隔離での旅行者の受け入れを開始しました。

到着に合わせて、歓迎の意を表す先住民マオリの歌と踊り「ワイアタ」も披露され、入国を心待ちにしていた観光客や留学生たちをもてなしました。

日本の初フライトは8日から

日本からの初フライトは5月8日の朝にオークランドに到着する予定です。今回のニュージーランドの国境再開の情報を受け、既に旅行会社には予約が入り始めており、ニュージーランド航空が運航するニュージーランド~日本間の直行便は、現在の週1便から、7月中旬以降、需要に応じて徐々に増便される予定です。

現在、日本からの渡航者は(3回ワクチン接種が完了の場合)、出国前の検査で陰性であり、かつ到着空港で無料配布される抗原検査(即時検査)が到着時と5日目あるいは6日目で陰性であれば、自主隔離なしでニュージーランドを旅行することができます。

また、ニュージーランドは観光がGDPの約5%を占めており、観光業は経済だけでなく、文化的にも社会的にも非常に重要な産業と捉えています。観光産業の回復に向け、ニュージーランド政府観光局は、コロナ以前は渡航者数約10万人、アジアで2番目に大きなマーケットであった日本でのプロモーションを強化していく構えです。

ニュージーランド 6月からウィンタースポーツシーズンに

ニュージーランドでは、6月下旬頃から本格的なウィンタースポーツシーズンに入ります。冬期の日中の気温は北島と南島で差はありますが、平均10度~15度と日本の冬に比べると過ごしやすく、ウィンタースポーツ以外のアクティビティも楽しむことができます。

ニュージーランド政府観光局最高責任者のレネ・ド・モンチーは、到着の便を迎え、「ニュージーランドに再び海外からの旅行者が戻ってきた今日は、本当に素晴らしい一日となりました。

私たちは、この美しい国を探索し、ニュージーランドの全てを体験するマヌヒリ(海外からの訪問者)に、私たちのマナアキタンガ(おもてなし・親切・尊敬)を感じ取っていただけることが本当に楽しみです。」と述べています。

インバウンド対策にお困りですか?

「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>

・PRtimies:ニュージーランド政府観光局のプレスリリース

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!