2022年4月の延べ宿泊者数は3,380万人、前年同月比50%超増 2019年比6割まで回復

観光庁は、令和4年(2022年)4月の延べ宿泊者数を公表しました。

4月の延べ宿泊者数(全体)は、3,380万人泊、前年同月比50.6%増でした。日本人の延べ宿泊者数でみると、新型コロナウイルス感染拡大以前の2019年比85%、全体でも6割程以上の水準にまで回復してきています。

客室稼働率は43.2%でした。ビジネスホテルの稼働率は50%を上回っており、ビジネス需要を中心に戻りつつあることが分かります。

4月の延べ宿泊者数は3,380万人泊

2022年4月の延べ宿泊者数は3,380万人泊で、前年同月比50.6%増でした。緊急事態宣言、まん延防止等重点措置が解除されて時間が経過したこともあり、大幅に増加したと考えられます。

日本人延べ宿泊者数は3,329万人泊、前年同月比49.8%増で、新型コロナウイルス禍以前の2019年比では15.6%減となりました。今年に入り、順調に回復している様子がうかがえます。

外国人延べ宿泊者数は51万人泊で、前年同月比126.1%増でした。入国制限が緩和され、入国人数が増加したこともあり、ほぼ2倍の水準となっています。

6月からは外国人観光客の受け入れがついに解禁されたため、さらなる増加が見込まれます。

延べ宿泊者数の推移:観光庁より訪日ラボ作成
▲延べ宿泊者数の推移:観光庁より訪日ラボ作成

客室稼働率は43.2%で、前年同月差11.5%増加でした。最も稼働率が高かったのはビジネスホテルで54.2%でした。

リゾートホテルは宿泊施設の種類別で最も稼働率が改善しました。前年同月差15.6%稼働率が改善し、38.0%となりました。

旅館にも徐々に回復の動きがみられ、前年同月差10.6%で稼働率は28.4%となりました。新型コロナウイルス感染拡大以前の2019年と比較すると、旅館は最も減少率が低く、2019年同月差11.3%減となっています。

なお、宿泊旅行統計調査3月分の第2次速報も発表されました。

国籍(出身地)別外国人延べ宿泊者数では、アメリカが最も多く、7.2万人でした。次いで、中国、フィリピンと続いています。

中国が2位に回復したものの、1位のアメリカとは4.2万人ほどの差があり、大変多くなっています。

また客室稼働率で、最も高かったのは3月に引き続き山口県の58.8%でした。なお、大分県ではシティホテルの稼働率が81.2%と上昇しています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
観光庁宿泊旅行統計調査

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!