2023年夏 日本着の国際線座席数「コロナ前7割」まで回復

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

ANA総合研究所は5月11日、2023年夏季スケジュールにおける日本着の国際線提供座席数を取りまとめ、発表しました。これによると日本着の国際便の座席数は2,578万席で、コロナ禍前の2019年比で約7割の水準に回復しました。

四方を海に囲まれている日本にとって、国際線航空便座席数は訪日客数に大きく影響する要素です。未だコロナ禍前と同水準には達していないようですが、航空各社は今後のインバウンド需要のさらなる回復・拡大を見すえ、航空便を復便、増便していくことが予想されます。

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)


座席数は2019年比で7割レベルに

2023年夏季スケジュールにおける日本着の国際線提供座席数計画数(日本着、以下23SP)は2,578万席。なお2023年夏季スケジュール期間は、2023年3月26日〜10月28日としています。

2022年夏季スケジュール実績数(以下22SR)より1,802万席増加(22SR比:332%)した一方で、コロナ禍前の2019年(以下19SR)よりも1,208万席減少(19SR比:68.0%)しています。

航空会社別では、全日本空輸が257万席(構成比:10.0%)、日本航空が251万席(構成比:9.7%)、チェジュ航空が109万席(構成比:4.3%)の順となりました。

上海、バンコク、香港が大幅減

海外就航地別では、南北アメリカ大陸と近隣諸島(ハワイ含む)地域(以下、TC1)が335万席(19SR比:85.2%)ともっとも多く、ヨーロッパ・中近東・アフリカと近隣諸島地域(以下、TC2)が176万席(19SR比:63.3%)、アジア(中近東を除く)・オセアニアと近隣諸島地域(以下、TC3)が2,066万席(19SR比:66.3%)と続いており、いずれも2019年より減少しています。

なお構成比では、TC1が13.0%、TC2が6.8%、TC3が80.1%となっており、TC1の構成比が増加してTC2とTC3が減少しました。

また海外の就航空港別に2019年の同期比で見ると、サンフランシスコ(9万席増)やハノイ(11.8万席増)、イスタンブール(3.4万席増)などが増えた一方、上海(187.4万席減)やバンコク(99.4万席減)、香港(89.3万席減)、ホノルル(47.1万席減)などが大きく減少しました。

日本国内ではとくに地方部の遅れが顕著

日本国内の就航地別では、首都圏にある成田・羽田の2空港が1,523万席(19SR比:79.7%)、関西空港が574万席(19SR比:62.9%)、成田・羽田・関西の3空港を除いた日本国内にある31の空港合計では480万席(19SR比:49.7%)となっており、いずれも2019年同期より減少しました。

首都圏以外の空港が19SR比で50%を下回っていることから、地方部の回復の遅さが目立っています。

最後にフルサービスキャリアとLCC別では、フルサービスキャリアが1,811万席(19SR比:65.9%)、LCCが766万席(19SR比:73.6%)で、フルサービスキャリアがより大きく2019年より減少し、構成比率はLCCが2.2ポイント増加しています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!

訪日ラボに相談してみる

<参照>

ANA総合研究所:2023年夏季スケジュール日本着国際航空輸送提供座席数まとめ

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

専門家が徹底議論!地域に眠る観光資源の「磨き上げ」、結局何をしたらいいの?

観光庁は、インバウンドの地方誘客を目的とし、「観光資源の磨き上げ」を推進しています。これに沿って観光コンテンツの造成や発信力強化に取り組みたいと思うものの、「何からやればいいのかわからない」「やってはみたものの、まだ観光客を呼びこめていない」といった悩みを抱えている自治体・企業の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、食体験、ツアー造成、アクティビティ、アドベンチャートラベルなどを専門として第一線で活躍するスペシャリストたちが集結

「観光資源の磨き上げ」とは何なのか、外国人を惹き付ける観光コンテンツはどう作り、どう発信するべきなのか、徹底議論します!

詳しくはこちらをご覧ください。
専門家が徹底議論!地域に眠る観光資源の「磨き上げ」、結局何をしたらいいの?

成功事例から見るインバウンド対策とは。外国人採用の実例から紐解く成長戦略


インバウンド(国際)市場の拡大に伴い、国内では大阪万博やインバウンドへの対応などでグローバルに対応できる環境が必要になっており、日本企業にとって国際市場での競争力確保は重要な課題の一つとなっています。

その鍵を握るのが、インバウンド対策と効果的な外国人採用です。外国人観光客やビジネスパートナーを惹きつけ、国際的な人材を活用することで、企業は新たな成長戦略を構築し、市場で競合に勝つことができます。

今回のセミナーでは、実際に行われた人材活用法を通じて、インバウンド対策と外国人採用が企業にもたらす効果について解説いたします。

実際の事例から学び、自社に適した戦略を見出すためのヒントを得ながら、日本企業がグローバルな舞台で勝ち抜くために必要なスキルや知識を共有し、新たなビジネスの可能性を発見できる機会となっています。

詳しくはこちらをご覧ください。
成功事例から見るインバウンド対策とは。外国人採用の実例から紐解く成長戦略

【インバウンド情報まとめ 2024年5月前半】外国人宿泊者数「中国」がコロナ後初の1位に 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年5月前半版レポートから、4月〜5月前半のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

岸田首相「2030年に訪日客6,000万人」改めて言及 / 外国人宿泊者数「中国」がコロナ後初の1位に【インバウンド情報まとめ 2024年5月前編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる


完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに