10月の訪日中国人数の低迷は「休日期間が例年より少なかったため」観光庁長官

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

観光庁の髙橋長官は11月15日に行った記者会見で、訪日外国人数の回復状況やオーバーツーリズム対策などについて報告しました。

訪日外国人旅行者数が5か月連続で単月200万人を超え、はじめてコロナ前の水準を上まわったことについて触れた一方で、中国からの訪日者数の回復に関しては今後の動向に注視する姿勢を示しました。

また、オーバーツーリズムの未然防止抑制や地方への誘客など、総合的な観光対策を進めることについても言及しました。

無料レポート配布中!外国人が殺到する渋谷の飲食店をチェック

インバウンドの回復を強調

11月15日に開催された観光庁の記者会見で、髙橋長官は訪日外国人旅行者数が5か月連続で回復していることを発表しました。

2023年10月の訪日外国人旅行者数が251万6,500人となり、2019年10月を超え、着実な回復が続いていることを報告しました。

とくに個人旅行の解禁や各国市場からの訪日者増加が寄与しており、全体的にインバウンド需要が拡大していることを強調しました。

オーバーツーリズム対策「可能な限り速やかに公募を開始する」

質疑応答では、オーバーツーリズム対策のスケジュールについて記者から質問がありました。

髙橋長官は、11月10日に閣議決定された「令和5年度補正予算案」において、オーバーツーリズム対策に60億円が計上されていることをふまえ、補正予算案が国会で成立しだい「可能な限り速やかに地域の公募を開始したい」とコメントしました。

10月の訪日中国人数が2019年比65%減となった理由について

最後に、中国からの訪日者数に焦点を当て、とくに10月に中国からの訪日者数が減少した背景について言及しました。

髙橋長官は、例年は中国の連休にあたる中秋節国慶節が離れていて別々の訪日機会になるところ、今年は中秋節国慶節の連休期間が連続していたため、トータルでの休日の期間が例年よりも減ったとしています。そのうえで、連休期間の前半に訪日した人が多かったと予想しているとのことでした。

おもに個人旅行客向けの商品を扱う旅行会社に聞き取りを行ったところ、「中秋節国慶節の期間を含む10月末までキャンセルが相次ぐ状況にはなく、変わらず安定した予約数を維持していた」との回答を得たとコメントしています。

JNTO(日本政府観光局)を通じて聞き取りを行った現地の旅行会社のなかには、10月中に2回目の処理水の放出があったものの、「回復を実感していると回答されたケース、あるいは、新たに訪日旅行商品を企画造成中、または販売中と回答するケースが相当程度あった」としています。

髙橋長官は中国市場の動向について今後も注視が必要であるものの、処理水放出の影響は「限定的」で、回復傾向は継続していると見解を示しました。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!

訪日ラボに相談してみる

<参照>

観光庁:髙橋長官会見要旨 2023年11月15日(水)16:15~16:40

訪日ラボおすすめセミナーのご紹介

訪日ラボでは、インバウンド対策に課題を抱えるご担当者様向けに、お悩み・課題解決を支援すべく、無料のオンラインセミナーを実施しています。

3/13(水)開催「外国人向けプロモートのイロハを学ぶ」無料オンラインセミナー


訪日外客数が順調に回復を続ける中で、競争が加速する「訪日外国人の集客」。

企業・自治体様の中では、どのタイミングで、どのような施策を行うと効果的に外国人集客を増やせるか、模索されている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、日本への「旅行後」の経験に着目をし、訪日プロモーションを加速させることに成功したJAMS.TV Pty Ltdと共催セミナーを開催いたします。オーストラリアで来場者数10,000人を超える大型イベントを企画・運営を行う上で、どのようなポイントをおさえて施策を設計し、実行していったのか。

試行錯誤の上で見えてきた「訪日プロモーションのポイント」を事例をもとに分かりやすくお伝えいたします。

詳しくはこちらをご覧ください。

『外国人向けプロモートのイロハを学ぶ〜オーストラリアで1万人の日本ファンを集めた仕掛け〜』

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに