【春節】中華圏に人気の日本の観光スポットランキング 2,400件超の口コミから徹底予想!定番の観光地から、意外な穴場スポットまで

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

いよいよ、アジア各国で春節旧正月)」が始まります。大型連休となることから例年海外旅行に出かける人が多く、訪日旅行も盛り上がる期間です。

今年2024年の連休期間は、

  • 中国:2/10〜2/17
  • 台湾:2/8〜2/14
  • 香港:2/10〜2/13

などとなっています。

そこで今回は「中華圏」(台湾・香港・中国)に人気の観光スポットに寄せられた口コミを徹底調査!

春節直前の今、もっとも中華圏のインバウンドに人気のスポットをお伝えします。


レポートをくわしく見る(無料)
※『口コミアカデミー 』にご登録いただくと、レポートの全容を無料でご確認いただけます。

関連記事:2024年の「春節」はいつ?

「訪日ラボ」の最新インバウンドノウハウが配信されるメルマガに登録する


春節直前の人気観光スポットランキング、1位はUSJ

訪日ラボ・口コミコム が独自に調査した『春節直前、中華圏に人気のインバウンド観光地ランキング』。調査期間は2024年1月2日 ~ 1月15日、調査した口コミ総数は繁体字2,095件、簡体字317件の計2,412件です。

※備考:中国国内では基本的にGoogleをはじめとした国外サービスの利用ができないため、簡体字の口コミの投稿数は少ない傾向にあります。


1位〜10位は、以下のようになりました。

春節直前の人気観光スポットランキング TOP10>

1位:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
2位:ワーナー ブラザース スタジオツアー東京- メイキング・オブ・ハリー・ポッター
3位:清水寺
4位:沖縄美ら海水族館(国営沖縄記念公園 海洋博公園)
5位:伏見稲荷大社
6位:浅草寺
7位:東京スカイツリー
7位:波上宮
9位:東京ディズニーランド
9位:白川郷

※7位、9位は同率

▲【中華圏(簡体字+繁体字)】人気観光地ランキング TOP10
▲【中華圏(簡体字+繁体字)】人気観光地ランキング TOP10

また、30位までを以下の画像にまとめています。

▲【中華圏(簡体字+繁体字)】人気観光地ランキング 11〜30位
▲【中華圏(簡体字+繁体字)】人気観光地ランキング 11〜30位

数ある観光地のなか、中華圏のインバウンドに最も人気がある観光スポットは「ユニバーサル・スタジオ・ジャパンUSJ」でした。同スポットには2週間で68件の口コミが寄せられています。

★評価も4.7と高評価を獲得しており、「何度遊んでも飽きない場所!」「素晴らしいパーク体験」など称賛の声が寄せられていました。なかでも「スーパー・ニンテンドー・ワールド(「マリオ」シリーズなど任天堂の作品を題材としたエリア)」への言及が多く、人気を集めているようです。

2位は「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京- メイキング・オブ・ハリー・ポッター」。世界的な人気を誇る映画「ハリー・ポッター」シリーズの世界観を体験できる施設です。2023年6月のオープンでありながら、すでに国内外から多くの観光客を集めていることがわかります。★評価も4.8と、非常に高い評価を得ています。

3位は「清水寺」。こちらも★評価が4.8で、かなりの高評価となっています。京都府京都市に位置する寺院で、京都観光の定番スポットとして親しまれ、とりわけアジア圏の観光客から支持を集めています。

他の言語圏も含むインバウンドランキングとの違いは?

英語など他の言語圏を含むインバウンドランキング(以下、「全言語版」と表記)と今回の中華圏のランキングを比較してみたところ、以下のような違いがみられました。

  1. 中華圏以外を含めたランキング(全言語版)でもUSJが1位だが、★評価が中華圏では4.7と特に高く、圧倒的な支持を得ている
  2. 定番の観光地も多いが、全言語版では圏外の「熊本城」や「金鱗湖(大分県)」など地方のスポットも人気
  3. 沖縄県や北海道のスポットが多くランクインする傾向がある

※本調査期間の全言語版ランキングについては、こちらより無料でダウンロードいただけます。

沖縄県や北海道、地方が人気なのはなぜ?

中華圏では良質なパウダースノーが楽しめる北海道や、距離的にも近く手軽に楽しめるリゾート地・沖縄が大変な人気を集めており、今回のランキングにもその人気が反映されています。

また、日本への距離が近いことから、比較的訪日経験のある旅行者(リピーター)が多い地域です。英語圏などを含む全言語版のランキングと比較して、定番の観光地だけでなく「穴場の観光地」に人気が集まるのも特徴といえます。

下記に各観光地へ寄せられた口コミの一部を抜粋します。

4位:美ら海水族館(沖縄県)

  • 小さなお子様に最適な場所です
  • イルカショーがとてもオススメ
  • KKdayでチケットを購入すると、入口カウンターでQRコードで直接チケット引き換えができるのでとても便利です

7位:波上宮(沖縄県)

  • 日本の正月に行きましたが、とても活気があり、近くにはたくさんの露店がありました
  • 初詣で人が爆発的に増えました。琉球八社の最初の神社です

17位:熊本城(熊本県)

  • ついにその偉大な建造物「熊本城」をこの目で見て、感嘆の思いでいっぱいでした
  • 人の流れもよく計画されているので、家族旅行にもおすすめです
  • 地震の威力はいたるところで見られますが、それでも熊本城の威厳は損なわれていません。街全体が生きた歴史です

21位:旭川市旭山動物園(北海道)

  • 北海道に来たら必ず訪れたいスポット。ここは本当に大好きです
  • 雪の中で見たことのない動物を初めて見ました
  • ホッキョクグマに会える、珍しい体験だ


<調査概要>

  • 調査期間:2024年1月2日 ~ 2024年1月15日
  • 調査対象:訪日ラボが独自に選出した全国47都道府県の観光名所4,701箇所
  • 調査した口コミ総数(日本語含む):31,555件 / うち 外国語口コミ数:10,538件 (繁体字2,095件、簡体字317件)
    ※備考:中国国内では基本的にGoogleをはじめとした国外サービスの利用ができないため、簡体字の口コミの投稿数が少ない点に注意
  • 調査リソース:Google マップ から公開されている口コミを抽出し独自に分析
    ※★評価のみ(口コミなし)や絵文字のみの口コミは分析の対象外
  • 調査方法:「口コミサイトを “もっと” 売上に変える」口コミコム (インバウンドオプション)を利用して、調査リソース上のデータを独自に分析・解析

レポートをくわしく見る(無料)
※『口コミアカデミー 』にご登録いただくと、レポートの全容を無料でご確認いただけます。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!

訪日ラボに相談してみる

訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介

インバウンド市場の最新動向がわかる訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介します。

2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

昨年12月、JTBが2024年の旅行動向見通しを発表し、 訪日外国人旅行者がコロナ前の2019年を上回る過去最多の3,310万人に達するとの予測を立てました。

インバウンド市場が回復の動きを見せる中、訪日外国人を集客するために、どのような対策をすべきかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで本セミナーでは、訪日外国人の集客支援を行う2社にて、 2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション成功のポイントを独自の視点から紐解いていきます。

【訪日外国人の行動データと口コミデータで紐解く】2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる


完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに