2023年の訪日台湾人は420万人で、消費額は訪日外国人の中で1位。台湾市場の最新インバウンドデータを徹底解説!

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

日本政府観光局JNTO)が1月17日に発表した訪日外客統計(2023年12月および年間推計値)によると、2023年の訪日外客数は2,500万人を突破しました。

2019年比で78.6%にとどまったものの、 2023年12月の訪日外客数は2019年の同月比で108.2%となる273万4,000人に。12月として過去最高を記録する結果となり、新型コロナウイルス感染症拡大前の水準まで回復傾向にあります。

本記事では、急速に回復が進むインバウンド需要のなかでも台湾市場の動向について、最新データを交えて解説します。

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

2023年の訪日台湾人客数は420万2,400人。コロナ禍前の8〜9割まで回復

日本政府観光局JNTO)が発表した訪日外客統計によると、2023年の訪日台湾人客数は420万2,400人で、2019年比で14.1%減でした。

▲訪日台湾人客数 10年間の推移:日本政府観光局(JNTO)訪日外客統計より訪日ラボ作成
▲訪日台湾人客数 10年間の推移:日本政府観光局(JNTO)訪日外客統計より訪日ラボ作成

コロナ禍前の水準までは回復していないものの、単月で見ると、2023年9月以降は2019年の同月より高い水準で推移。直近の12月は2019年同月比で14.7%増の39万9,500人となっており、台湾からのインバウンド需要が急速に回復していることがうかがえます。

▲訪日台湾人客数の年間推移:日本政府観光局(JNTO)訪日外客統計より訪日ラボ作成
▲訪日台湾人客数の年間推移:日本政府観光局(JNTO)訪日外客統計より訪日ラボ作成

2023年の国・地域別の訪日外客数は、台湾が韓国に次いで2番目となりました。3番目だった2019年から順位を上げたほか、訪日外客数全体に占める割合も15.3%から16.8%と増加傾向にあります。

▲国・地域別訪日外客数:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成
▲国・地域別訪日外客数:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成

需要回復の要因としては、日本と台湾双方における新型コロナの水際措置の緩和のほか、成田や関空以外の地方空港でも台湾路線の就航や再開、増便されたことなどが考えられます。

2023年の訪日台湾人消費額は7,786億円。直近10年間で過去最高額に。

2023年1月17日に公開された観光庁訪日外国人消費動向調査によると、2023年の訪日台湾人の消費額は7,786億円で、3か月ごとの推移ではいずれの時期も2019年を上回る結果となりました。

なかでも10〜12月は、旅行代金の高騰や旧正月に向けて旅行を控える層が一定数いることなどが懸念されたものの、消費額は2019年の同じ時期と比べると約2倍の2,325億円まで伸びています。

訪日台湾人消費額の年間推移:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成
▲訪日台湾人消費額の年間推移:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成

過去10年と比較しても、2023年の訪日台湾人の消費額は最高水準を記録しました。前年の10倍以上、2019年比で40%以上伸びています。

訪日台湾人消費額10年間の推移:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成
▲訪日台湾人消費額10年間の推移:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成

国・地域別の訪日外国人消費額では、2019年には2位だった台湾は、2023年に中国を抜いて1位に。中国市場の縮小が要因のひとつではあるものの、訪日台湾人消費額が全体に占める割合は2019年の11.5%から2023年の14.7%まで伸びており、訪日台湾人の消費意欲が向上していることがうかがえます。

▲国・地域別訪日外国人消費額:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成
▲国・地域別訪日外国人消費額:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成

消費額を種目別に見ると、最も消費額が多いのが買物代で2,713億円、次いで宿泊費が2,194億円、飲食費が1,665億円、交通費が798億円、娯楽等サービス費が410億円でした。各項目の割合は2019年から大きな変化はありません。

▲費目別 訪日台湾人消費額:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成
▲費目別 訪日台湾人消費額:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成

2023年の訪日台湾人一人あたりの旅行支出は18万7,921円で、2019年比で58.9%増となっています。

訪日外国人全体を見ると、一人あたりの旅行支出は21万2,193円となっており、平均より低い水準です。一人あたりの旅行支出額が多いヨーロッパやオーストラリアと比べると、台湾は日本との距離が近く気軽に渡航できるため、短い滞在期間で日本を楽しむ訪日台湾人が多いことが理由として挙げられそうです。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!

訪日ラボに相談してみる

<参照>

JNTO:訪日外客数(2023年12月および年間推計値)
観光庁:訪日外国人消費動向調査

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜

初回から人気を博した「訪日ラボ トレンドLIVE!」シリーズの第二弾を開催!

TVや新聞などでも日々取り上げられているインバウンドの動向ですが、業界が盛り上がるにつれて情報把握が難しくなっています。

「訪日ラボ トレンドLIVE!」では、訪日ラボとして取材や情報収集を行っている中で、これこそは把握しておきたいという情報をまとめてお伝えしています。

今回も、インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」副編集長が、今月6月のインバウンドトレンド情報や、独自の取材で気づいたことについてお話ししていきますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

<本セミナーのポイント>

  • 毎月インバウンドの最新動向がわかる!
  • インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」を運営する副編集長 石橋が登壇!
  • 30分間でサクッと学べる!

詳しくはこちらをご覧ください。
訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜


【インバウンド情報まとめ 2024年5月後半】「世界で最も成長している観光地」トップに東京 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年5月後半版レポートから、5月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

※【インバウンド情報まとめ】は2024年5月より月2回発行いたします!最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

「世界で最も成長している観光地」トップに東京 / 富士山前のコンビニ、撮影防止の「黒幕・防護柵」設置【インバウンド情報まとめ 2024年5月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる


完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに