箱根観光デジタルマップが本格稼働、オーバーツーリズムの未然防止に一役

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

訪日外国人からも人気の箱根町が「箱根町観光デジタルマップ」を本格稼働しました。

年間約2,000万人が訪れる箱根の渋滞や混雑問題に対処し、持続可能な観光地域の実現を目指すとしています。

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)


箱根町観光デジタルマップの概要と目的

首都圏から約1時間ほどの距離にある箱根は、美しい自然景観、歴史的なスポット、そして17の温泉地が集まる温泉リゾートとして知られています。

年間約2,000万人もの観光客が訪れ、休祭日を中心に交通渋滞や公共交通機関の混雑、飲食店における行列が常態化しています。

これらの課題に対応するため、箱根DMOは「箱根町観光デジタルマップ」を開発しました。道路や店舗の混雑状況をリアルタイムで可視化し、観光客がスムーズに周遊できるようサポートすることで、需要の分散・平準化を目指すということです。

観光DXによる箱根の課題解決

観光デジタルマップ
▲箱根町観光デジタルマップ:箱根DMOプレスリリースより

箱根町観光デジタルマップは、昨年11月のプレリリースを経て、段階的に機能を拡張し、本格稼働を開始しました。

渋滞情報の可視化、飲食店の混雑状況の表示、オンライン予約機能、おすすめ周遊ルートの案内などさまざまな機能を備えています。

町内にAIカメラを設置することで、道路状況がリアルタイムに把握できるほか、AIカメラの情報などを踏まえて渋滞予測情報をマップ上に表示できるのが特徴です。観光客は事前に混雑を避けてプラン設計できるので、より快適に箱根を訪れることが可能になります。

この取り組みは政府の「オーバーツーリズムの未然防止・抑制に向けた対策パッケージ」にも掲載されるなど、国からも注目されていることが伺えます。

今後の展開

今後は飲食店やおすすめルート、公共交通機関の運行情報などが順次追加され、今年1月には箱根登山ケーブルカー、箱根ロープウェイなどの運行情報や観光データのAPI公開が行われました。

将来的には、さらに多くのデータや機能が追加され、箱根観光の魅力をより深く、広く伝えることができるようになるでしょう。

箱根観光デジタルマップは、観光客と地域住民の双方にとってのメリットを生み出すことを目指しています。

観光客には、混雑を避けてより快適な旅行体験を提供し、地域住民には、観光客の需要分散による生活の質の向上と地域経済の活性化をもたらします。また、箱根温泉DX推進コンソーシアムをはじめとする多機関連携による取り組みは、観光地域としての持続可能な発展を支える基盤となります。

箱根がより魅力的でアクセスしやすい、持続可能な観光地域としてさらに発展していくことが期待されます。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!

訪日ラボに相談してみる

<参照>

箱根DMOプレスリリース:「箱根観光デジタルマップ」本格稼働!

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

専門家が徹底議論!地域に眠る観光資源の「磨き上げ」、結局何をしたらいいの?

観光庁は、インバウンドの地方誘客を目的とし、「観光資源の磨き上げ」を推進しています。これに沿って観光コンテンツの造成や発信力強化に取り組みたいと思うものの、「何からやればいいのかわからない」「やってはみたものの、まだ観光客を呼びこめていない」といった悩みを抱えている自治体・企業の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、食体験、ツアー造成、アクティビティ、アドベンチャートラベルなどを専門として第一線で活躍するスペシャリストたちが集結

「観光資源の磨き上げ」とは何なのか、外国人を惹き付ける観光コンテンツはどう作り、どう発信するべきなのか、徹底議論します!

詳しくはこちらをご覧ください。
専門家が徹底議論!地域に眠る観光資源の「磨き上げ」、結局何をしたらいいの?

訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.1 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜

訪日外国人の数はすでにコロナ前の水準を超えており、インバウンドの業界はますます盛り上がりをみせています。

目まぐるしく変わるインバウンドの動向。最新情報をしっかりと把握するのが難しくなってきてしまった…と感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回から、インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」副編集長が解説する「訪日ラボ トレンドLIVE!」シリーズがスタートします!

第一回は5月24日に開催。今月5月のインバウンドトレンド情報や、夏に向けた今後の動向についてお話ししていきますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

詳しくはこちらをご覧ください。
訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.1 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜

【インバウンド情報まとめ 2024年5月前半】外国人宿泊者数「中国」がコロナ後初の1位に 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年5月前半版レポートから、4月〜5月前半のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

岸田首相「2030年に訪日客6,000万人」改めて言及 / 外国人宿泊者数「中国」がコロナ後初の1位に【インバウンド情報まとめ 2024年5月前編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに