海外のインバウンド対策事例に学ぶ訪日香港人観光客の呼び込み方

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

日本は年間2000万人弱もの訪日外国人観光客を誘致していますが、観光大国フランスは年間8000万人以上、アメリカも7700万人以上もの観光客が訪れています。日本の観光業がこの水準まで発展するには、今後、どうすればいいのでしょうか。今回は、訪日香港人観光客の誘致にスポットを当て、海外のインバウンド対策の事例をご紹介します。

 

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

海外のインバウンド対策事例に学ぶ目的とメリット

日本は近年、観光立国の実現へ向けた取り組みを行っていますが、欧米諸国と比較するとその集客数は3分の1以下となっています。観光業に力を入れている海外に学ぶことで、今後の施策のヒントが得られるはずです。

国内行事に合わせてインバウンド対策を施す事例

英国はロンドンオリンピックの際に2,700万ポンド(約33億2,300万円)の追加予算を投じ、世界の注目を高めることに成功しました。このように、自国の一大イベントが開催される際は、国が観光業に力を入れることが多く、民間企業もそれに合わせたインバウンド対策を考える必要があります。

2020年の東京オリンピックが近づくにつれて、今以上に政府が観光業に追加予算を投じると予想されます。近年増加が著しい訪日香港人観光客、訪日中国人観光客をはじめとした訪日外国人観光客を集客するためには、いち早く動き始める必要があるのではないでしょうか。

 

世界屈指のリゾート観光地・ハワイに学ぶインバウンド対策事例

ハワイは世界が認めるリゾート観光スポットですが、実はハワイを訪れる外国人観光客の2割は日本人です。その背景には、バカンスと言えばハワイという認識が根強く存在する、つまりブランディングに成功していることに加え、結婚式や新婚旅行などのブライダルでの利用が多いことが挙げられます。

食に文化に観光地を併せ持つ複合型ディスティネーションの事例

ハワイと言えば海や秘境など自然観光やサーフィン、ゴルフといったスポーツ。そしてショッピングというイメージが強かったものの、近年では食の充実も注目されており複合的で死角の無い観光資源を備えています。

日本でも今後はスポーツやその他文化的娯楽でインバウンド誘致ができるようになれば、さらなる集客が望めるようになるでしょう。海外の成功事例を日本のスタイルに置き換えて吸収していくことが重要だと考えられます。

 

香港における内地向けキャンペーンでのインバウンド対策事例

香港での過去のインバウンド対策事例を挙げてみましょう。2009年には昨年と比べて外国人観光客が全体的に1.6%減り、内地からの観光客が4%上昇しました。この動きに合わせて、香港は内地向けのプロモーションに力を入れました。このように、プラスの面から伸ばすという考え方も時には必要な対策だと言えるでしょう。

逆に訪日香港人観光客のインバウンド対策を考える際にも、香港人に特化したプロモーションはどんどん打っていくべきです。

韓国の進んだ免税店によるインバウンド対策事例

訪日外国人観光客がショッピングを楽しむのに免税店は欠かせませんが、韓国の免税店は他国より一歩進んでいます。例えば、ロッテの免税店では$300以上買い物をした客には100%当たる宝くじのイベントを開催し、高級腕時計やギフトカードなどを進呈しています。また、購入したレシートを提示するだけでカフェコーナーで無料でコーヒーを飲めるなど、普通の店では展開していないようなサービスを実施しています。

こういった免税店ならではのサービスも、訪日香港人観光客をはじめとした海外諸国の訪日外国人観光客インバウンド誘致やリピーター獲得には大いに貢献するでしょう。

 

まとめ:観光立国を目指す日本は海外の対策事例から学べることは多い

日本はようやく年間2000万人弱の外国人観光客を誘致できるようになったものの、観光立国と認知されるまでにはまだまだ課題が山積しています。それは民間企業も同じで、まだインバウンド対策が消極的だと言われる昨今、海外の事例に学び改善していく必要があります。

和歌山県などは訪日香港人観光客、訪日台湾人観光客に特化したプロモーションを長年展開して成功しています。まずは訪日香港人観光客、訪日中国人観光客、訪日観光人観光客などをはじめとした、東アジア諸国向けの対策から強化していく必要があると考えられます。

<参考>

訪日香港人観光客インバウンドデータ集

データでわかる訪日香港人観光客

2015年の日本政府観光局(JNTO)訪日外国人観光客統計によると、香港は前年比64.6%増の152万4300人と中国本土に次ぐ2番目の大きな伸びを示しました。

訪日香港人観光客の特徴

香港は中国の特別行政区ですが、インバウンドマーケティングを行ううえでは同国とは別途対応が必要な地域です。歴史的な事情からイギリスの強い影響を受けており、香港人は中国とは異なる習慣、感性を持っているためです。

訪日ラボ 最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめの記事をご紹介します。

永山卓也氏・mov共著『Googleビジネスプロフィールですごい集客力を手に入れる』8月5日発売


訪日ラボを運営する株式会社movは、株式会社ユニットティ 代表取締役で、日本初のGoogle ビジネスプロフィール ダイアモンドプロダクトエキスパートとしても活躍する永山 卓也氏とともに、Googleビジネスプロフィール専門の解説書『Googleビジネスプロフィールですごい集客力を手に入れる』を青春出版社より8月5日から発売いたします。

本書は、小売・飲食・宿泊業、観光業のマーケティング、マネジメント支援を中心に豊富な支援実績を持つ永山氏、そして口コミ対策・ローカルSEO(MEO)、インバウンド領域に知見を持つmovがタッグを組み、Googleビジネスプロフィールに関わる店舗集客施策を解説したものです。

全国の書店及びAmazonなどのオンライン書店、電子書籍での販売を予定しております。事前予約については以下のページをご確認ください。
https://amzn.asia/d/06xjqsYU

詳しくはこちらをご覧ください。
永山卓也氏・mov共著『Googleビジネスプロフィールですごい集客力を手に入れる』8月5日発売


【インバウンド情報まとめ 2024年7月前編】「もう一度行きたい国」日本が1位に、その背景は? 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、主に7月前半のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

「もう一度行きたい国」日本が1位に、その背景は? / 4月の国別宿泊者数 中国が再び1位に【インバウンドまとめ 2024年7月前編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに