アニメでインバウンドを狙うアニメツーリズム協会がアンケート調査発表 世界で人気のアニメの聖地は? 「ラブライブ!」「氷菓」などが上位に

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

平成28年(2016年)9月16日に発足し、大きな話題を読んだアニメツーリズム協会。「機動戦士ガンダム」シリーズで知られる富野由悠季氏が理事長を務め、以下、石川和子氏(一般社団法人日本動画協会理事長)、角川歴彦氏(株式会社KADOKAWA 取締役会長)、坪井泰博氏(株式会社ジェイティービー 取締役)、夏目誠(成田国際空港株式会社 代表取締役社長)、藤田直志氏(日本航空株式会社 代表取締役副社長)とそうそうたるメンバーでも参加していることでも注目を集めました。

同協会は、同年9月16日に「アニメ・マンガ聖地」のアンケート実施していることを発表。その約1ヶ月後の10月26日に、第2回目となる中間発表を行いました。Webサイトの多言語対応を行い、アンケートの集計結果は言語圏ごとにまとめられています。

日本人のアニメファンと海外のアニメファンとのあいだには、どのような共通点や違いがあるのでしょうか。アニメツーリズム協会によるアンケートから見てみましょう。

 

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

「アニメ聖地投票」第2回中間発表

まずは発表されたアンケート結果を掲載します。言語別の集計結果は繁体字、簡体字、日本語圏に分かれており、日本に加え中国、香港などでの人気作品が分かります。

総合順位

  1. ラブライブ!
  2. 氷菓
  3. ガールズ&パンツァー
  4. 文豪スレイドッグス
  5. けいおん!
  6. たまゆら
  7. あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。
  8. らき✫すた
  9. Free!
  10. デュラララ!
  11. 新世紀エヴァンゲリオン
  12. 涼宮ハルヒシリーズ
  13. 響け!ユーフォニウム
  14. SLAMDUNK
  15. 艦隊これくしょん―艦これ―
  16. いない、こんこん、恋いろは。
  17. 花咲くいろは
  18. 凪のあすから
  19. 境界の彼方
  20. 名探偵コナン
  21. Fateシリーズ
  22. ハイキュー!!
  23. STEINS;GATE
  24. やはりオレの青春ラブコメはまちがっている。
  25. ふらいんぐうぃっち
  26. K
  27. 言の葉の庭
  28. 君の名は。
  29. CLANNAD
  30. 秒速5センチメートル

日本語圏

  1. たまゆら
  2. 氷菓
  3. ラブライブ!
  4. けいおん!
  5. ガールズ&パンツァー
  6. Free!
  7. 凪のあすから
  8. 境界の彼方
  9. 涼宮ハルヒシリーズ
  10. らき?すた

簡体字圏

  1. ラブライブ!
  2. 氷菓
  3. デュラララ!
  4. SLAMDUNK
  5. 言の葉の庭
  6. あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。
  7. 新世紀エヴァンゲリオン
  8. 名探偵コナン
  9. 夏目友人帳
  10. 秒速5センチメートル

繁体字圏

  1. ラブライブ!
  2. 氷菓
  3. ガールズ&パンツァー
  4. 文豪スレイドッグス
  5. けいおん!
  6. K
  7. らき✫すた
  8. SLAMDUNK
  9. あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。
  10. いなり、こんこん、恋いろは。

アニメ聖地を盛り上げる取り組みが盛んで、最近の作品が上位ランクイン

以上のランキングを見て、まず目につくのは日本とその他の言語圏で「ラブライブ!」「たまゆら」「氷菓」といった上位人気作品が共通している点。いずれも2010年代に発表された、比較的新しい作品です。第1回の中間発表でも上位に食い込んでおり、高い人気を誇っていることが伺えます。

また、これらの作品はアニメ聖地として地域が盛んに取り組みを行っていることでも知られています。単に作品の人気度だけでなく、自治体や企業の積極的なアプローチも、効果を発揮しているようです。

その一方で、簡体字圏では「SLAMDUNK」「新世紀エヴァンゲリオン」といった90年代の作品がランクインしている点も印象的です。おそらく古くからのアニメファンが多いのでしょう。これらの作品は日本語圏ではランクインしていませんが、今なお人気が高く、グッズの販売やイベントの実施が続いています。一度人の心を捉えた作品は、長く愛されるのでしょう。

 

まとめ:アンケート結果は「アニメ聖地88か所」に反映される見込み

9月に発足したアニメツーリズム協会が、「アニメ聖地投票」第2回中間発表を発表。日本語、繁体字、簡体字圏と言語別に集計結果をまとめています。これを見ると「ラブライブ!」「たまゆら」「氷菓」といった2010年代の作品が、言語圏を問わず上位にランクイン。アニメ聖地としての取り組みが盛んなことでも知られ、自治体や企業の施策も効果を発揮しているようです。

その一方で、「SLAMDUNK」「新世紀エヴァンゲリオン」といった日本でも人気の作品が簡体字圏でトップ10にランクインしています。日本のアニメファン同様、90年代の人気作品を今なお愛している人が数多く存在することが伺えます。

なお、今回のアンケート結果は「アニメ聖地88か所」の選定の際に、データとして活用される予定。年内いっぱい回答の募集を行いますが、上位作品は国境を超えた圧倒的な人気を見せており、入選確実と見てよいのではないでしょうか。

訪日ラボ 最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめの記事をご紹介します。

永山卓也氏・mov共著『Googleビジネスプロフィールですごい集客力を手に入れる』8月5日発売


訪日ラボを運営する株式会社movは、株式会社ユニットティ 代表取締役で、日本初のGoogle ビジネスプロフィール ダイアモンドプロダクトエキスパートとしても活躍する永山 卓也氏とともに、Googleビジネスプロフィール専門の解説書『Googleビジネスプロフィールですごい集客力を手に入れる』を青春出版社より8月5日から発売いたします。

本書は、小売・飲食・宿泊業、観光業のマーケティング、マネジメント支援を中心に豊富な支援実績を持つ永山氏、そして口コミ対策・ローカルSEO(MEO)、インバウンド領域に知見を持つmovがタッグを組み、Googleビジネスプロフィールに関わる店舗集客施策を解説したものです。

全国の書店及びAmazonなどのオンライン書店、電子書籍での販売を予定しております。事前予約については以下のページをご確認ください。
https://amzn.asia/d/06xjqsYU

詳しくはこちらをご覧ください。
永山卓也氏・mov共著『Googleビジネスプロフィールですごい集客力を手に入れる』8月5日発売


【インバウンド情報まとめ 2024年7月前編】「もう一度行きたい国」日本が1位に、その背景は? 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、主に7月前半のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

「もう一度行きたい国」日本が1位に、その背景は? / 4月の国別宿泊者数 中国が再び1位に【インバウンドまとめ 2024年7月前編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに