マピオン、観光パンフASPをインバウンドに対応 ~千葉県東金市・九十九里町、北九州空港を利用した北九州都市圏域のインバウンド施策に採用~

マピオン、観光パンフASPをインバウンドに対応 ~千葉県東金市・九十九里町、北九州空港を利用した北九州都市圏域のインバウンド施策に採用~

[株式会社マピオン]

株式会社マピオン(東京都港区/代表取締役社長 中尾光宏)は、自治体や観光事業者が発行する観光パンフレットを各サイト上で電子配信し、ユーザの利用状況を分析するASPサービス「e-旅めくり」を多言語に対応させました。
今回、「e-旅めくり」初の多言語対応として、インバウンド施策に取り組む千葉県東金市・九十九里町および「北九州空港を利用した『北九州都市圏域』の魅力発信事業」に採用されました。
「e-旅めくり」は昨年9月の販売開始以来、栃木県足利市、宇都宮市、鹿児島県姶良市などの観光施策として既に採用いただいており、国の地方創生関連の交付金(地方創生推進交付金など)の活用を想定した自治体からの引き合いも増えてきています。



■「e-旅めくり」とは

観光パンフレットをスマートフォンやPC向けに電子化し、閲覧者が誌面のスポットをタップすると地図や電話番号、公式サイトなどの詳細情報が確認できるコンテンツとして提供できるASPサービスです。観光客に向けたコンテンツとして提供できるほか、2,200万人のユーザを抱える「マピオン」などの当社サイトから新規閲覧者の集客をサポートします。
観光パンフレットの発行者(自治体や観光事業者・施設)は、PDFなどのパンフレットデータを当社に送るだけで簡単に導入でき、原稿の入稿から数週間で配信が可能です。また、当社の位置情報ログ分析ツール「loghouse」により、ユーザの閲覧動向を分析することで観光マーケティングにも活用できます。

【サービス概要】

●サービス名:e-旅めくり (読み:いーたびめくり)
●主な機能とサービス:
・電子化した観光パンフレット誌面にタップ領域の設定
・タップ領域からweb検索結果や地図、電話など様々な機能に連動するタップ機能の提供
・「マピオン」など当社コンテンツと連動し、新規ユーザの集客をサポート
・位置情報ログ分析ツール「loghouse」での効果測定
●対応言語:日本語・英語・中国語(繁体字・簡体字)・韓国語 ※その他言語にも対応予定
●対応デバイス:パソコン、スマートフォン、タブレット
●価格:1冊あたり年間48万円(税抜)から ※初期制作費込

■インバウンド向け観光パンフレットを電子配信 地図と位置情報で観光施策サポート

2020年に向けた訪日外国人客増加に伴い、各自治体や観光事業者でも多言語パンフレットの発行が増えると見込まれます。特に自治体では、国内外の誘客に向けた情報発信のツールとして、観光情報誌や観光パンフレットを作成する事例が見られます。
これまで日本語版のみだった「e-旅めくり」を多言語対応することで、訪日外国人に向けて、地図やスポット詳細情報を各言語(英語・中国語・韓国語)で提供できます。現地で手にする紙製の観光パンフレットとは異なりWEB上で閲覧できるため、訪日前(旅前)のユーザにも効率よく自治体や施設の魅力を伝えることができます。
また、当社の位置情報ログ分析ツール「loghouse」により、ユーザが観光パンフレットを閲覧している場所やよく閲覧されるページなどがわかるため、外国人に人気の観光資源の分析や、効果的な誘客戦略の策定に役立てられます。

【loghouseについて】




直感的なグラフィックとシンプルなユーザーインターフェースで、誰でも簡単にユーザの位置情報とwebアクセスのログが分析できるツールです。
いつ・どこで・どのくらいアクセスされたかが地図上で可視化できるため、プロモーションやエリアの選定に有効なマーケティングデータとして活用できます。

■自治体および空港のインバウンド施策に採用

① 千葉県東金市・九十九里町

千葉県東金市および九十九里町では、観光の魅力や住みやすさを他地域に向けて情報発信するために、観光雑誌『るるぶ特別編集 東金・九十九里』を発刊。また、成⽥空港から近いことに加え、2020年に向けて千葉県でも訪日外国人客が増加することを見据え、多言語版のパンフレットも作成しました。
両自治体では、「e-旅めくり」により、日本語・英語・中国語(繁体)の『るるぶ特別編集』をホームページ上で電子配信します。



【概要】
◯配信開始:2017年2月23日(木)
◯閲覧用URL:
英語版:http://bit.ly/2mP0tX0
中国語版:http://bit.ly/2m87h4S
<参考> 観光雑誌『るるぶ特別編集 東金・九十九里』について
◯価格:無料
◯仕様:AB版 全36ページ オールカラー
◯発行部数:日本語版6万部
英語版8,000部 中国語(繁体)版8,000部
◯発行元:東⾦市/九⼗九⾥町
◯発刊日:2017年2月1日(水)

② 北九州空港を利用した「北九州都市圏域」の魅力発信事業

北九州空港では、24時間空港のポテンシャルを活かし国際定期便の誘致を積極的に展開した結果、12月には韓国の釜山、ソウルを結ぶ定期便が運航開始するなど、訪日外国人客の利用が増加しています。
このたび、「e-旅めくり」により、韓国語の観光パンフレットを北九州空港ホームページ上で配信。北九州空港を利用した「北九州都市圏域」の周遊観光に最適な情報を発信します。
【概要】
◯配信開始:2017年3月23日(木)
◯閲覧用URL:http://bit.ly/2mWQGNH

■今後について

当社では、本サービスを自治体や観光事業者へ積極的な展開を図り、2018年までに200団体の導入、1億円の売り上げを目指します(日本語版、多言語版含む)。
「ココロも、カラダも、動かすマピオン」として、今後も位置情報を活用した「観光ソリューション」を自治体向けに積極的に展開していきます。

※記載されている社名サービス名等は各社の商標および登録商標です。
<このニュースリリースに関するお問い合わせ先>
株式会社マピオン
広報担当:千野
TEL:03-3769-3501
Mail:press@mapion.co.jp
広報窓口:https://www.mapion.co.jp/mmail/form/pc7/input/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!