銀座松坂屋跡地にオープンした「GINZA SIX」のインバウンド対策3つのポイントを解説

平成29年(2017年)4月20日、東京都銀座「松坂屋」跡地に、大規模商業施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」がオープンしました。銀座らしい高級路線で国内の富裕層に加え、訪日外国人観光客によるインバウンド需要の獲得も目指しているようです。

今回は東京都銀座の新名所「GINZA SIX」のインバウンド対策についてご紹介します。

 

「高級感」「国際性」を打ち出す「GINZA SIX」

まずは、「GINZA SIX」が登場するまでの経緯についてご紹介します。

平成26年(2014年)、森ビル、住友商事ら4社は、「銀座六丁目10地区第一種市街地再開発事業」を一体的に推進することを発表。平成28年(2016年)11月に、銀座エリア最大級となる商業施設をオープンするとしていました。

「銀座六丁目10地区第一種市街地再開発事業」の対象となったのは、銀座六丁目10番に位置する松坂屋銀座店跡地と、その周辺地域。その面積は約1.4haにのぼり、売場面積約46,000平方メートルに及ぶ商業施設や、1フロアあたりの貸室面積が約6,000平方メートルを超える大規模オフィスなどを設置することを計画していました。「GINZA SIX」という施設名は銀座6丁目に由来したものでしょう。

当時のリリース情報でも、「高級感」「国際的」がテーマになっていたことは伺え、コンセプトには「Life At Its Best~最高に満たされた暮らし~」というフレーズを掲げていました。

オープンは予定よりも半年ほどおそくなりましたが、方針はブレておらず、地下6階から地下2階までは商業施設、7~12階にはオフィスを設置。1階部分には、銀座観光の拠点として活用できる「ツーリストサービスセンター」、銀座初の観光バス乗降所などを用意しています。

 

「GINZA SIX」のインバウンド対策

それでは、「GINZA SIX」ではどのようなインバウンド対策が図られているのでしょうか。

「GINZA SIX」のインバウンド対策その1:従来の百貨店とは異なる収益の上げ方

近年、百貨店需要の低下が叫ばれており、閉店する店舗も相次いで現れています。一時はインバウンド需要に湧いたものの、「爆買い」が落ち着いたことにより、再び苦境に追いやられているとする見解も珍しくありません。インバウンド対策のみを目的としたものかどうかは分かりませんが、「GINZA SIX」の特徴のひとつとして、従来の百貨店と異なるビジネスモデルを採用している点が挙げられます。

これまで百貨店では、商品の所有権を卸業者、メーカーに残したまま、店頭に陳列する「消化仕入れ(売上仕入れと呼ばれることも)」という取引形態が用いられていました。メリットとしては、販売と同時に仕入れが計上されるため、多種多様な商品を揃えられること、在庫リスクを抱える心配がないことが挙げられます。しかし、その分、利益率は低いのが難点です。百貨店の業績が悪化してしまったのは、このような方針を取っていたために、販売数の低下によるダメージを受けやすかったためだと考えられます。

他方、「GINZA SIX」はショッピングモールのように、入店したテナントに家賃などを請求するビジネスモデル。同店舗は銀座松坂屋の跡地に構えていますが、百貨店とは異なる業態を採用しているのです。

「GINZA SIX」のインバウンド対策その2:高級路線で国際水準のもの、サービスを提供

「GINZA SIX」では「Life At Its Best 最高に満たされた暮らし」 というコンプトととは別に、「Where Luxury Begins 世界が次に望むものを」 というブランドスローガンが掲げられています。この2つは「『最高に満たされた暮らし』 を求める人々に対し『世界が次に望むもの』 を提供するという仕方で関係するのだそう。

このように「GINZA SIX」では高級路線によって、世界を意識する方向性が見られます。国際水準に達しているモノ、サービスを提供することで、海外の人々も価値を感じられるような施設にしようというわけです。施設内にはアート作品が展示されているのですが、現在設置されているのは日本のみならず、国外でも評価されている草間彌生氏、大巻伸嗣氏らによるものです。

「GINZA SIX」のインバウンド対策その3:1階部分は銀座観光の拠点として機能

施設面では、1階部分に銀座初となる観光バスの乗降場を設置。また、外貨両替、手荷物預かり、宅配なども同階で行うことができます。訪日外国人観光客は、「GINZA SIX」をベースに銀座観光を楽しむような形になりそうです。

 

まとめ:銀座らしい高級路線で、国際的なニーズを獲得できるか

銀座松坂屋の跡地に大規模商業施設「GINZA SIX」がオープン。1階部分には銀座初となる観光バスの乗り降り場などが設けられており、銀座観光を楽しむ訪日外国人観光客の拠点として活用されそうです。

扱っているサービスやモノは銀座らしい高級路線で、国際的に評価される水準を目指しているとのこと。店内には、世界的に有名な草間彌生氏などのアート作品も展示されています。

 

<参考>

 

役にたったら
いいね!してください

関連インバウンド記事

【7/17〜7/23】先週の気になるインバウンドニュースまとめ:ドン・キホーテやバス会社のインバウンド対策、日本のオンライン広告予算の少なさなど

訪日ラボ編集部  

【11/27〜12/3】先週の気になるインバウンドニュースまとめ:コト消費への変遷で変わるインバウンドサービス、訪日外国人観光客の地方誘致はどうなる?

訪日ラボ編集部  

【9/25〜10/1】先週の気になるインバウンドニュースまとめ:進むIoTによるインバウンド対応、訪日中国人の抱く日本の印象など5選

訪日ラボ編集部  

徹底した外国人目線で訪日観光客を呼び込む「ハートランド・ジャパン」を発足

訪日ラボ編集部  

【7/24〜7/30】先週の気になるインバウンドニュースまとめ:訪日中国人観光客の爆買い関連ニュース5選

訪日ラボ編集部  

好調アドアーズ。インバウンド×アウトバウンド対策が鍵?アジア進出から訪日外国人客を確保へ

訪日ラボ編集部  

【7/31〜8/6】先週の気になるインバウンドニュースまとめ:訪日外国人観光客が困ることや訪日前のリーチなど5選

訪日ラボ編集部  

【11/6〜11/13】先週の気になるインバウンドニュースまとめ:トランプ氏大統領選勝利でどうなる? コト消費への各社の対応、食から始めるコト消費対応など5選

訪日ラボ編集部  

【10/23〜10/29】先週の気になるインバウンドニュースまとめ:大手各社がSIMカードや古民家利用などで次々とインバウンド市場に参入、政府も低金利融資で宿泊施設不足解消支援など5選

訪日ラボ編集部  

両替事業(AirTrip Exchange)の第一号店をビジョンが運営する歌舞伎町インバウンドタワー(仮称)に5月新規オープン

訪日ラボ編集部  
訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!