「微信(Weixin/WeChat)」の公式アカウント広告などでTencentと新たに販売契約を締結、広告商品ラインナップを拡大し4月24日よりサービスを本格開始

[アライドアーキテクツ株式会社]

アライドアーキテクツ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:中村 壮秀、証券コード:6081)は、Tencent Holdings Ltd(本社:中国広東省深圳、CEO:馬化騰、中国名:騰訊控股有限会社、以下「Tencent」)と今年2月に締結したDSP「Tencent Tui(テンセント・トゥイ)」(騰訊智匯推)の日本初のパートナー契約に加え、同社のソーシャル広告サービス「Tencent Social Ads」と「Weixin Ads」についても新たに販売契約を締結いたしました。



これを受け4月24日より、TencentおよびTencent Japanと連携した広告サービスの提供を本格開始いたします。
サービスの詳細およびお問い合わせはこちら : https://www.aainc.co.jp/service/tencent-ad/

Tencentは、チャットサービス「QQ」やメッセンジャーアプリ「微信(Weixin/WeChat)」を含む通信、ソーシャル、オンラインゲーム、広告、デジタルコンテンツ、決済、クラウドといった多様なネットサービスを運営するインターネット企業です。当社は今年2月、Tencentの公式DSP「Tencent Tui」の日本初のパートナー会社に認定されています。

今回新たに、同社が展開するソーシャル広告サービス「Tencent Social Ads」および「Weixin Ads」でも販売契約を締結しました。これにより当社は、「Tencent Tui」を通じたWeb広告運用支援に加えて、「微信」を活用した広告運用支援や公式アカウントの運用支援など、より幅広いサービスの提供が可能となります。
今後はTencentグループとのパートナーシップという強みを活かし、広告戦略の立案から広告コンテンツの制作、運用代行、効果測定まで包括的に手がけ、インバウンド・越境プロモーションを全般的に支援してまいります。

■当社の提供するTencent広告サービス(一部)

・Webポータルサイト「QQ.com(騰訊網)」:
バナー、テキストリンク広告など約200種の広告運用支援
・動画視聴サイト「騰訊視頻」:
バナー、インストリーム広告の運用支援
・ニュースアプリ「騰訊新聞」:
フィード、ストリーミング広告などの運用支援
・ニュースキュレ―ションアプリ「天天快報」:
バナー、フィード広告などの運用支援
・チャットサービス「QQ」:
バナー、フィード広告などの運用支援
・メッセンジャーアプリ「微信(Weixin/WeChat)」:
バナー、フィード広告などの運用支援/公式アカウント開設・運用支援、公式アカウント上の広告運用支援

■サービスの特長

1.公式パートナーならではの総合支援
アジア最大規模のインターネット企業であるTencentおよびTencent Japanの公式パートナーとして、同社のWebサービスやアプリを全般的に活用した大規模なプロモーションが可能。

2.多彩な広告フォーマット
中国最大級のポータルサイト「QQ.com」やメッセンジャーアプリ「微信」などと連携し、商品・企業の特性に合わせてバナー広告や動画広告、フィード広告など多彩なフォーマットでの広告出稿が可能。

3.精緻なターゲティング機能
Tencentが持つ8億ユーザー超のビッグデータを活用し、年齢、性別、地域や学歴、趣味などの基本情報、モバイル端末の機種やOSに加え、広大な中国で消費行動を左右する「天候」「気温」まで精緻なターゲティングを実現。

4.世界各国で多数の導入実績
中国国内で大手広告会社など約90社が公式パートナーとしてサービスを提供。さらに2016年よりアメリカ、韓国、シンガポール、オーストラリア、ヨーロッパなどグローバルにも展開し、すでに多数の広告主企業が導入。

5.小額からでも出稿可能
最低50万円から広告が出稿できるため、中国市場に向けたテストマーケティングにも対応。

■5月15日にTencentをテーマにしたセミナーイベントを開催

2017年5月15日(月)にTencentおよびTencent Japanよりゲストを招き、セミナーイベント「China SNS Marketing Day 2017」を開催します。Tencentの多彩なサービスを通じて日本企業がいかに効果的に越境プロモーションを展開していけるのか、またその具体的な手法について、豪華スピーカー陣とともに解き明かします。
セミナーの詳細・お申し込みはこちら : https://www.aainc.co.jp/seminar/china2017

<アライドアーキテクツ株式会社 会社概要>
・代表者 : 代表取締役社長 中村 壮秀
・所在地 : 東京都渋谷区恵比寿一丁目19-15 ウノサワ東急ビル4階
・URL : http://www.aainc.co.jp
・設立 : 2005年8月30日
・事業内容 : SNSマーケティング支援事業

<アライドアーキテクツとは>
「ソーシャルテクノロジーで、世界中の人と企業をつなぐ」というミッションのもと、企業がFacebookやTwitter、InstagramなどのSNSを効果的にマーケティング活用するための様々なサービス/ソリューションを提供する、国内最大級のSNSマーケティング専業会社です。これまでに4,000社以上と取引実績を持ち、約400万人のSNSユーザーネットワークを擁しています。2012年よりグローバル展開を開始し、現在は中国や東南アジアなど世界に向けてサービスを提供しています。

* 本プレスリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。

<関連>

Favicon訪日ラボ

 

中国で成功している企業から読み解く中国インバウンド 注目を浴びるWeChatだが国外でのビジネス展開は失敗か?!対するアリババは海外比率を大幅に更新

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

Favicon訪日ラボ

 

まさに三国志状態 中国3大決済サービスWeChat Payment、Alipay、銀聯カードの日本でのシェア争い始まる インバウンド対策での導入が続々と

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

Favicon訪日ラボ

 

取引額153兆円の中国電子決済サービスとは:Alipay、WeChat paymentの2大巨頭

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

 

役にたったら
いいね!してください

関連インバウンド記事

ARIが中国ソーシャルメディアPR会社普千(上海)と 「訪日中国人リピーター育成型マーケティングサービス」を 提供開始

訪日ラボ編集部  

[PR]リクルート主催 インバウンド受入整備の最新動向を解説!インバウンドマーケティング勉強会#4“旅ナカ編” Vol.2

訪日ラボ編集部PR  

ホットリンク、中国のSNS上で80後90後をアンケート調査 中国人消費者を理想のライフスタイルから読み解く

訪日ラボ編集部  

徹底した外国人目線で訪日観光客を呼び込む「ハートランド・ジャパン」を発足

訪日ラボ編集部  

株式会社ビジョン、株式会社ポケットチェンジと戦略的業務提携。訪日外国人旅行者を含む海外渡航者へ向け、外貨(お札・コイン)を電子マネーに交換できるサービスの展開と相互送客を実施。

訪日ラボ編集部  

トランスコスモス台湾、LINEの運用型広告「LINE Ads Platform」の販売・運用サービスを提供

訪日ラボ編集部  

日本初!インバウンドビューティー集客支援プロジェクト開始

訪日ラボ編集部  

[PR]リクルート主催 インバウンド宿泊を「旅マエ」視点で徹底解剖 インバウンドマーケティング勉強会“旅マエ編”Vol.2

訪日ラボ編集部PR  

[PR]リクルート主催 データから読み解く「旅ナカ」インバウンドとは インバウンドマーケティング勉強会#3 “旅ナカ編Vol.1″

訪日ラボ編集部PR  

[PR]リクルート主催 イマイチ何をしたら良いのかわからない「旅アト」をSNSと越境EC視点から解説!インバウンドマーケティング勉強会#5“旅アト編”Vol.1

訪日ラボ編集部PR  
訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!