中国で成功している企業から読み解く中国インバウンド 注目を浴びるWeChatだが国外でのビジネス展開は失敗か?!対するアリババは海外比率を大幅に更新

皆さんこんにちわ。株式会社アレンジの筑波です。世界的に成功している有名なSNSであるFacebookと違い、中国国内ではスマホユーザーのほぼ全員が使用していると言われているWeChat。ご存じの方も多いとは思うが、中国ではFacebook等々、日々日本で問題なく使用しているインターネットサービスが使えない状況になっている。

Favicon訪日ラボ

 

訪日中国人観光客が愛用するスマホSNSアプリ事情(番外編1):ネット規制のアプリへの影響&ニュースアプリ篇

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

中国のネット環境やWeChatの利用状況、実際の機能等についてはこの動画にうまく収まっているので、ご覧頂きたい。

http://www.arange.co.jp/wechat_movie/

PASSWORD:japan2016

WeChatを運用している会社はTencent(テンセント)。時価総額はなんと約25兆円(為替、日付によってずれるのでざっくり)。日本のどの企業よりも時価総額が高いと市場は評価しており、実際の収益率も恐ろしい数字を出している。中国では 「BATS」 と呼ばれる企業群がネットサービスをほぼ牛耳っており、 Baidu、Alibaba、Tencent、Sina Weiboの4社の頭文字をとっているのが名前の根源 になる。

Alibaba(アリババ)とTencent(テンセント)がずば抜けており、市場の評価はほぼ同じ。その次にBaidu(バイドゥ)、Sina Weibo(シナウェイボー)は規模としては大分小さくなる。

前置きが長くなったが、今回はこの中国において2強であるテンセントとアリババの中国国外市場についてお話しようと思う。

アリババ HP
アリババ HP
テンセント HP
テンセント HP

アリババの海外進出のケース

アリババの決算を見ても分かる通り、毎年増収増益している。2013年から海外売上も順調に伸びており、 今では全体売上の10%弱に育っている 。どこの国の売上が伸びているかは決算資料では把握しにくかったので、インドネシアを例に見てみよう。

インドネシアでは圧倒的

元々の背景をお話すると、アリババは東南アジアで圧倒的な地位を確保しているラザダ(Lazada)を買収している。インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ王国、ベトナムで圧倒的なシェアを獲得していることが特徴だ。

参照:https://en.wikipedia.org/wiki/Lazada_Group

アリババが海外展開しているのがAliExpress。インドネシアで実際にAmazon, Aliexpress, LazadaをGoogle Trendsにかけてみるとこんな感じ。

Amazon, Aliexpress, LazadaのインドネシアGoogle Trendsの比較
Amazon, Aliexpress, LazadaのインドネシアGoogle Trendsの比較

Lazadaの一人勝ちになっている。

Lazada自体の評価額は1600億円前後と言われており、2015年には350億円前後の赤字を垂れ流している。

Lazada インドネシア
Lazada インドネシア

 

アリババの海外進出 何でこんなにうまくいっているのだろうか?

大きく分けると4つ。

1.Lazadaの買収

アジアの新興国は圧倒的な成長力である。特にネットの進化は恐ろしく、ECでの売上は倍々ゲームで伸びている。

2.東南アジアマーケットは中国と似ている?!

中国のネット進化は本当に驚く。2013年まで上海に住んでいた筆者からすると、今の上海の状況は考えられないぐらい成長した。この4年で。東南アジアは当時の中国と似ている部分が非常に多い。配送や支払いの部分では特に似ている。

3.東南アジアマーケットでAmazonは勝てていない

欧米でのAmazonはシェアは圧倒的だが、東南アジアではうまくいっていない。当然、中国もあんまりうまくいっておらず、Lazada買収は東南アジアを攻めていくことへのメッセージである。

4.自分の土台で勝負する

SNSで勝負する事は半分諦めているだろう。SNSは友人が使っているSNSを使いがちだ。日本のメッセンジャーアプリではLINEが圧倒的だが、Whats Appを使っている人間は少ないし、WeChatにしても同じ状況だ。ところがECに関しては変わってくる。Amazonを使う人もいれば、楽天を使う人もいるし、Yahoo!ショッピングでも購入する。ZOZOタウンからの購入もあるだろう。

 

まとめ

いかがだっただろうか?インバウンドビジネスを行う上で各国の特徴を知っておくのは非常に重要だ。中国人を理解しようとするのは非常に困難だ。 ただ、中国で成功している、成長している企業を見ておくことで中国人がどういうものを好み、どういったものに反応するかは少なくとも分析できるし、マクロからのアプローチの方が比較的わかりやすい結果に落ち着く傾向が高い だろう。

今後も中国状況をおっていきたいと思う。

<参考>

 

役にたったら
いいね!してください

関連インバウンド記事

訪日中国人観光客向けSEO対策とIPC登録(前編)

訪日ラボ編集部  

訪日外国人はQRコードを知っているのか?Googleトレンドから見るQRコードの普及の推移

訪日ラボ編集部  

訪日中国人観光客が情報収集のために検索するサイトとインバウンド対策

訪日ラボ編集部  

【インバウンド担当者必見】訪日ラボがインバウンド対策サービスの比較・資料請求ができる「訪日コム」をリリースしました!

訪日ラボ編集部  

訪日中国人観光客を見据えたKOLマーケティング

訪日ラボ編集部  

中国で19兆円の市場規模!代理購入(ソーシャルバイヤー、代購、海淘)の実態とは

訪日ラボ編集部  

iPhone vs Android:2016年版訪日国のスマホOSシェア率、普及率、ユーザー数まとめ

訪日ラボ編集部  

【実際どう使われているの?】インバウンドで注目の中国電子決済 「Alipay」対「WeChatPayment」で機能面・使用シーンを比較

株式会社アレンジ  

「微信(Weixin/WeChat)」の公式アカウント広告などでTencentと新たに販売契約を締結、広告商品ラインナップを拡大し4月24日よりサービスを本格開始

訪日ラボ編集部  

【11/27〜12/3】先週の気になるインバウンドニュースまとめ:コト消費への変遷で変わるインバウンドサービス、訪日外国人観光客の地方誘致はどうなる?

訪日ラボ編集部  
株式会社アレンジ

株式会社アレンジ

株式会社アレンジ 代表取締役CEO 筑波次郎(つくばじろう)。2015年まで海外にいた生粋のインバウンドスペシャリスト。SNSでのバイラルマーケティングが非常に得意で、今まで数々の会社のバイラルを手伝った経験をもとに中国関係の情報を発信します。