新聖地巡礼スポット!?インバウンド向け 日本初の本格コスプレ施設「J-COS!」オープン:「ジャンプ」キャラクターになり切って日本文化を体験

公開日:2017年05月10日

日本を訪れる訪日外国人観光客が日本を好きになる理由は人それぞれですが、アニメや漫画の影響で日本を好きになる人は少なくありません。

アニメが流行ればたいやき屋が儲かる?日本アニメの影響 米国でたい焼きが大流行

インバウンドビジネスにおいては、訪日外国人観光客に何が売れるのか、何が流行っているのかを掴むことは非常に重要です。訪日外国人観光客の日本グッズブームの中には、企業が意図してプロモーションしたものもあれば、SNSなどでの拡散で自然発生的に生まれたもの、または全く想像のつかないところから発生することもあります。例えば訪日タイ人観光客の間でアシックスのスニーカーブランド「オニツカタイガー」が流行したのは、若かりし頃の故・プミポン国王の着用写真がSNSで拡散したことがその発端と言われています。この...

100万人の訪日外国人が実施する「聖地巡礼」とは? アニメの力で地方にもインバウンド需要を

「聖地巡礼」という俗語をご存知でしょうか?もともとは宗教上の聖地や霊場などを参拝して回ることを意味します。有名なものでは、イスラム教において人生のうち、1度はメッカを訪れなければならないとされている「ハッジ」ではないでしょうか。しかしながら、現在ではその「聖地巡礼」の原義から転じて『アニメや漫画などの舞台やモデルとなった場所や縁のある場所を「聖地」と呼び、その「聖地」を訪れる』という意味がメジャーとなってきています。いまやインバウンド需要においても重要な要素となりつつある、この意味での「聖...

そうした外国人観光客を取り込もうと、株式会社ナムコが運営するテーマパークである 「J-WORLD TOKYO」は、日本のアニメや漫画、そしてコスプレが好きな訪日外国人観光客に向けて、公式本格コスプレ施設「J-COS!」を4月21日(金)にオープンしました。

J-WORLD TOKYOとは:ジャンプ作品の世界観を楽しめるテーマパーク

株式会社ナムコが池袋サンシャインに2013年7月11日にオープンした、日本人には馴染みの深い「ジャンプ」作品の世界観で遊べる世界初の屋内型テーマパークです。海外でも大人気の各種「ジャンプ」の作品のアトラクション、ドラゴンボール「はなとうぜ!かめはめ波!!」、ONE PIECE、「チョッパークエスト〜ルフィ救出大作戦!〜」、NARUTOナルト「激闘!忍界対戦絵巻!!」などの各種アトラクションに加えて、J-WORLD KITCHENではジャンプのキャラクターをモチーフにした、目で見て楽しめる30種類ものフードメニュー、J-PATISSERIEのデザートなどを楽しむ事が出来ます。

J-WORLD TOKYOの今までのインバウンド対策

J-WORLD TOKYOでは増加する訪日外国人観光客に対応するため、すべてのアトラクションの外国語対応、園内の表示を外国語対応するなどに加えて、ホームページの多言語化(英語、簡体中文、繁体中文)、各言語でのガイドブック(PDFファイル)をホームページ上に設置(英語、簡体中文、繁体中文、ハングル)、園内に外国語が話せるスタッフを置くなどの対応を行ってきました。

<関連>

ただ翻訳するだけじゃダメ!?長野県公式観光サイト【さわやか信州旅.net】に見るホームページの外国語対応のやり方

全国の観光協会、観光地や旅館などの宿泊施設など、情報発信をしたいインバウンドビジネスにとってインバウンド対応の大きな課題の1つであるホームページの外国語対応(多言語対応)です。しかしながら、いきなり始めるにしても何をすれば良いのか、実際にはわからないという担当者の方が多いのが実情ではないでしょうか。今回は訪日外国人観光客に人気の高い観光地である長野県の公式観光サイト「さわやか信州旅.net」の外国語対応を例に見てみましょう。 目次長野県に訪れる訪日外国人観光客数長野で人気の観光名所長野県公...

 

インバウンド向けコスプレ施設「J-COS!」

J-WORLD TOKYO 最新ニュースより

J-WORLD TOKYO 最新ニュースより

日本でもコスプレ文化の熱狂的な支持者がいますが、それは海外でも同じです。近年はビッグサイト等で開催されるコミックマーケットを目指して様々な国の訪日外国人観光客が訪れます。

季節によって2倍以上の差が SNS分析でわかったインバウンド集客力が季節で変わる観光地・変わらない観光地

先日訪日ラボでもご紹介した「インバウンドレポート2016 2016年1月〜12月」。ナイトレイの「inbound insight(インバウンドインサイト)」を活用し、ナイトレイとRJCリサーチの共同調査で発表されました。前回はサマリーとして「2016年訪日外国人観光客はどこにいっていたのか」という視点で、SNS投稿データの多かったインバウンドの人気観光スポットTOP100についてご紹介しましたが、今回はその詳細について見ていきましょう。「inboundinsight」の資料をDLして詳しく...

「J-COS!」はこういったニーズを満たすため、入場者向けに各作品のキャラクターに扮するためのコスチューム、小道具、ウィッグ、メイク道具が用意されています。訪れた訪日外国人観光客は、アニメのキャラクターに扮してJ-WORLDの各種アトラクションやフードを楽しんだり、写真撮影などを行う事が出来ます。

料金は3,500円 (税込)で90分楽しめるベーシックコース、4,500円 (税込)で90分楽しめるスペシャルコースの2コースで、クローク代、1着分のコスチュームとウィッグのレンタル代金などが含まれます。写真撮影はオプションで2,000円 (税込)となります。オープン時は「ドラゴンボール」、「ONE PIECE」、 「NARUTO-ナルト-」、「銀魂」の4作品の中から、13キャラクターのコスチュームが用意されます。

まとめ

アニメ、漫画を通じて日本好きになる外国人は多いと言われていますが、そうした外国人を対象とした新設の観光施設は意外なほどに無いのが実情です。今回株式会社ナムコがオープンした公式コスプレ施設の「J-COS!」は、そうしたニーズを満たし、人気の施設となることが期待されます。

<参考>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!