ミニマル・テクノロジーズとアドウェイズが業務提携。サイト多言語化ツール「WOVN.io」ボタン1つで海外物流対応!

ミニマル・テクノロジーズとアドウェイズが業務提携。サイト多言語化ツール「WOVN.io」ボタン1つで海外物流対応!

「WOVN.io」と海外配送サービス「楽一番」が翻訳から配送までEC海外展開をサポート。

[株式会社ミニマル・テクノロジーズ]

WEBサイト多言語化開発ツール「WOVN.io(ウォーブンドットアイオー)」を運営する株式会社ミニマル・テクノロジーズ(東京都港区、代表取締役:林鷹治)と株式会社アドウェイズ(東京都新宿区、代表取締役:岡村陽久、以下アドウェイズ)のグループ会社で、海外配送サービスを手がける株式会社楽一番(東京都新宿区、代表取締役:清水洋一、以下楽一番)は、業務提携を開始し、ECの海外展開・拡販サポートを強化していくことを発表いたします。

■概要

WOVN.ioを利用することで、ECサイトのような更新頻度が高く、ログイン認証やレコメンド機能のような複雑な作りのサイトであっても、低コスト且つ短期間で多言語化することが可能になります。
楽一番では、EC運営者様やEC事業者様が海外出店コストや在庫リスクを負うことなく、国内ユーザーへの販売と同じような“国境を感じさせない”海外配送サービスを提供しています。
このたび楽一番と提携することで、既存ECサイトを低コスト且つ短時間での多言語化、海外ユーザーへの商品発送・多言語カスタマーサポートが可能となり、越境ECでの売上拡大を狙えるようになりました。

■利用方法(EC事業者様)

◆ご利用条件:「WOVN.io」へ会員登録
◆ご利用料金:WOVN.io月額利用料のみ(https://wovn.io/ja/pricing)
◆提供開始時期:2017年5月26日

  1. WOVN.ioに会員登録(無料) - 管理画面にて、対象サイトを登録・WOVN.ioをサイトに導入(コード挿入orライブラリ追加) - 翻訳作業(機械翻訳・プロ依頼・自分で翻訳)を実施 - プロジェクトセッティング画面より、「海外配送・楽一番」をON - 公開

■海外在住ユーザーの商品受取り方法

  1. ストアから商品を選択 - 楽一番のバナーをクリックし、楽一番に会員登録。配送先に取得した日本国内(楽一番倉庫)の住所を使用。 - 海外の指定先(自宅、コンビニ等)で商品を受け取る
    ※海外IPからのアクセス時には自動的に楽一番のバナーが表示されます

■背景

経済産業省が2017年4月にまとめた調査※によると、米国の消費者による日本及び中国事業者からの越境ECによる購入額は1.0兆円(前年比15.2%増)、中国の消費者による日本及び米国事業者からの越境ECによる購入額は2.2兆円(前年比32.6%増)となり、日本の海外向けネット通販は今後も伸びると見込まれています。
しかし従来では、EC事業者様が独自で海外対応をするには、高コスト且つ、運用開始までに数ヶ月かかるケースも珍しくなく、ハードルが高いとされていました。そこで、EC事業者様が翻訳から発送まで煩雑な海外対応オペレーションを短期間・低コスト、そしてワンストップで実現できるよう、今回の提携に至りました。

※出典:経済産業省 平成29年4月24日(月)公表
「電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました~国内BtoC-EC市場が15兆円を突破。中国向け越境EC市場も1兆円を突破~」 調査結果要旨

■今後の展望

WOVN.ioは海外展開をお考えのEC事業者様向けに、より一層機能を充実させ、管理画面にて越境ECを始める為に必要な要素が全て追加できるような、越境ECプラットフォーム化を目指します。
具体的には、今回の海外発送機能の追加に続き、多言語カスタマーサポート、自動返信メールの多言語化機能など随時リリースしていきます。

■WOVN.ioについて(https://wovn.io/jp/trial)

  • 最短5分でWEBサービスを30ヶ国語対応できる、多言語化開発ツール
  • 多言語化にかかる制作コストが、従来の料金に比べ大幅に低く抑えられる
  • 開発者(エンジニア)の手を借りず、更新が可能
  • 動的ページに対応(ログインページ、レコメンド、検索結果ページ等)
  • 海外SEOに対応
  • 月額課金制(年間契約ではなく、初期費用なし)

■株式会社楽一番について (http://www.leyifan.com/jp/corporate/index.html)

“国境を感じさせないEC体験”を提供する海外配送代行サービス「楽一番」を運営。都内にFC(フルフィルメントセンター)を完備し、365日入出荷対応。中華圏、東南アジア、欧米諸国のユーザー向けに圧倒的安さと速さで配送するだけでなく、ECサイト向けに配送と広告を融合した海外販売ソリューションを提供。2014年アドウェイズグループ会社化。

■株式会社アドウェイズについて (http://www.adways.net/)

2001年設立。2006年に東証マザーズ上場。国内最大級のアフィリエイトサービス「JANet」「Smart-C」の運営をはじめ、スマ―トフォン向け広告配信サービス「AppDriver」や全世界対応のスマートフォンアプリ向け効果測定システム「PartyTrack」を展開する。また、アプリ/コンテンツやECビッグデータサービスの企画・開発・運営など多彩な事業を展開。海外拠点は、アジア、北米地域など11の国と地域。

企業情報

株式会社ミニマル・テクノロジーズ
代表者:代表取締役 林鷹治
所在地:東京都港区南麻布5-2-39 ニュー東和ビル3F
TEL:03-4405-9509
設立:2014年3月
事業内容:WEBサイトの多言語化管理システム「WOVN.io(ウォーブン・ドット・アイ・オー)」の運営
URL:http://minimaltech.co/ja
サービスURL:https://wovn.io/jp/trial/

<関連>

Favicon訪日ラボ

 

2019年には8兆円市場に 富士経済、中国越境ECの市場規模予測 3年で規模倍増と予想

市場調査などを手掛ける企業・富士経済が平成29年(2017年)2月9日、中国向け越境EC市場に関する予測を発表しました。2019年には中国の越境EC市場は約8兆円にまで拡大し、国籍別に見るとそのうち日本が約2兆に上るとしています。インターネットが普及し国際的に広く使われるようになったことで、盛り上がりを見せている越境EC。インバウンド観光関連事業とは直接的な関わりはないものの、インバウンドビジネスにおいては「帰国後に日本を楽しんでもらうためのツール」「日本を知ってもらうためのツール」つ...

Favicon訪日ラボ

 

【旅アト編】インバウンドで話題の旅マエ・旅ナカ・旅アトを徹底解説

年々、訪日外国人観光客が増えるにつれて、インバウンドビジネスに参画する企業も増えつつあり、それにともない、インバウンド業界におけるマーケティング手法が確立しつつあります。現在、インバウンドマーケティングにおいては、訪日外国人観光客の行動について「旅マエ」「旅ナカ」「旅アト」、すなわち訪日旅行前、訪日旅行中、訪日旅行後にフェーズわけをした上で、それぞれの段階ごとに適切なアプローチをすることが重要となってきています。今回は、その「旅マエ」「旅ナカ」「旅アト」のうち、「旅アト」につい...

Favicon訪日ラボ

 

デザイン面でも参考にしたい!訪日外国人向けメディア25選まとめ【インバウンド担当者必見】

こんにちは、外部ライターの永田優介(@nuts612)です。2020年に向けて、訪日外国人観光客の集客施策を行っている企業担当者の方も多いのではないでしょうか。なかでも、自社でインバウンドメディアを持ち、情報発信をする企業も増えてきています。そこで今回、訪日外国人観光客向けのインバウンドメディアはどういったものがあるのか、まとめてみました。英語対応のメディア、繁体字対応、簡体字対応のメディア、はたまたタイ語やフランス語対応のメディアなど、様々なインバウンドメディアを25サイトピック...

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!