爆買い終息にさらなる追い打ちか…1,000元(1.6万円)以上の海外でのカード利用は報告義務化に 海外メディアも中国人の消費落ち込みを懸念

爆買い終息にさらなる追い打ちか…1,000元(1.6万円)以上の海外でのカード利用は報告義務化に 海外メディアも中国人の消費落ち込みを懸念

2017年5月の訪日中国人観光客数は、約51.7万人となっており、伸び率は前年同月比の102%と微増にとどまりましたが、2016年の訪日中国人によるインバウンド消費額は訪日外国人観光客として最も多い 1兆4,754億円と全体の39.4%を記録。 訪日中国人観光客は、依然として日本のインバウンド市場においてもっとも大きなターゲットとなっています。

しかし、日銀による「地域経済報告(さくらリポート)」では、訪日中国人観光客の大量消費行動を表す「爆買い」は終焉に向かっているとしており、訪日外国人観光客の「モノからコトへ」の流れも影響して、訪日中国人観光客によるインバウンド消費額は、減少していくことが予測されています。そんな現状に追い打ちをかけるような新制度が中国で始まろうとしています。

インバウンド最大の中国市場は「旅マエ」にアプローチするが重要!おすすめのインバウンド対策についてより詳しい資料のダウンロードはこちら

中国、海外でのカード利用を報告義務化:1,000元(1.6万円)以上の利用が対象

中国国家外貨管理局は、6月2日、中国で発行された銀行カードを使った海外での現金の引き出し、また1,000元以上の消費行動について、銀行から外貨管理局への報告を義務付ける措置を導入すると発表 しました。この制度が導入されるのは、2017年9月1日からで、1日に引き出せる外貨の限度額にも変更はない とのこと。

外貨引き出し&1,000元(1.6万円)以上の利用が対象に

これにより、中国人が訪日旅行をしている最中に、中国の銀行カードで日本円を引き出した場合、もしくはカードを使って1,000元以上の買い物などを行った場合、これらの取引を中国の銀行は中国外貨管理局に報告しなくてはならなくなりました。

中国外貨管理局は、今回の新制度の導入は、資金洗浄や国外持ち逃げなど不当な取引を取り締まることが目的だとのこと。また、海外での消費行動に関する申告は、旅行者個人がするものではなく、銀行が同局にするものであるため、海外での中国人のカード利用料金には直接は影響してこないとのコメントを出しています。

銀行を介した海外との資金のやり取りで1~3月は差し引き約252億ドル(約2兆7千億円)が流出している中国は、流出超過を抑制するために海外への送金制限や企業買収の審査制導入など一連の資本規制強化などを進めており、今回の新制度の導入もその一環との見方もできますが、いずれにしろ中国人の観光中の消費活動に影響を与えるであろうこの新制度。今後、具体的にどのようなことが起こり得るのでしょうか?

国による監視でさらに中国人の消費が冷え込む?!

先述の通り、中国外貨管理局は報告の義務を請け負うのはあくまで旅行者ではなく銀行であることから直接的な海外での消費の冷え込みにはつながらないとしています。しかし、日本と同じように多くの中国人観光客にとって魅力的な観光地となっている韓国でも、今回の新制度導入に不安の声が上がっている模様です。

中国関連のニュースを配信するメディアであるレコードチャイナによると

韓国・朝鮮日報電子版は5日「この情報に対し韓国の観光業界では、中国人の韓国での消費がさらに制限されるのではないかと緊張が走った」と伝えている。(中略)「中国人観光客の7割はショッピングが目当て。国外での取引が監視されるようになれば、以前のような消費はできなくなるだろう。中国人たちが韓国に来なくなってしまう」との声がでているようだ。

としており、観光客の消費行動にまでも監視が行き届くことで将来的に現在のような消費活動は萎縮していくのではないかとの予測が立っています。これからも中国政府による元流出に歯止めを効かせる施策に関して、動向を払っていく必要があるでしょう。

まとめ:「モノ→コトへの流れ」に加え元流出策を進める中国 爆買いにも影響

中国国家外貨管理局は、6月2日、今年の9月1日より中国で発行された銀行カードを使った海外での現金の引き出し、また1,000元以上の消費行動について、銀行から外貨管理局への報告を義務付ける措置を導入すると発表しましたこれにより、中国人が訪日旅行をしている最中に、中国の銀行カードで日本円を引き出した場合、もしくはカードを使って1,000元以上の買い物などを行った場合、これらの取引を中国の銀行は中国外貨管理局に報告しなくてはならなくなりました。

この新制度は、訪日中国人観光客のインバウンド消費にもネガティブな影響を与えるものであり、韓国など他国でも中国人による消費の冷え込みを懸念する声が上がっています。 「モノ→コト」の流れに加え、旅行客の消費行動にも監視の目が行き届くことで「爆買い」による訪日中国人観光客の消費活動は、ますます萎縮していくかもしれません。

インバウンド最大の中国市場は「旅マエ」にアプローチするが重要!おすすめのインバウンド対策についてより詳しい資料のダウンロードはこちら

ネット上の有名人を活用した「中国向けインフルエンサープロモーション」の資料をDLして詳しく見てみる

特殊なインターネット事情の中国に対応した「中国向け広告運用」サービスの資料をDLして詳しく見てみる

インバウンドでは口コミが重要!中国最大のSNS「Wechat」についての資料をDLして詳しく見てみる

Wechatに並ぶ人気の中国版Twitter、「Weibo」の資料をDLして詳しく見てみる

<参照> - Record China:中国人観光客が続々、日本でのカード使用はどれくらい?―中国紙 - TechCrunch Japan:モバイル決済利用率は日本6%、米国5.3%、そして中国では98.3%――日銀レポート - 日本銀行:モバイル決済の現状と課題 - エキサイトニュース:韓国観光業「ますます中国人が来なくなる」=中国の銀行カードの海外利用報告義務化に不安の声―韓国メディア - エキサイトニュース:海外での消費を厳しく監視へ 資金流出防ぐ狙い - 日本経済新聞:中国の資金流出に歯止め 1~3月

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!