[訪日アメリカ人編]訪日主要国におけるメディアトレンドを知ろう:効率的に旅マエの訪日米国人にアプローチする方法とは?

[訪日アメリカ人編]訪日主要国におけるメディアトレンドを知ろう:効率的に旅マエの訪日米国人にアプローチする方法とは?

2016年の訪日外国人観光客数は、史上最高となる約2,400万人を記録し、国内ではインバウンド集客・誘致への取り組みが着々と進められています。

インバウンドを誘致・集客する際、海外に情報を発信することは必要不可欠ですが、海外の人々はどのような手段で日本に関する情報を得ているのでしょうか?

このシリーズでは、2017年2月に公益財団法人新聞通信調査会が実施した「諸外国における対日メディア世論調査」と、観光庁の「平成28年消費動向調査」の2つのソースを基に、訪日主要国(中国、韓国、タイ、アメリカ)の人たちが一般的にどのように日本に関する情報を得ているのか、また観光目的の情報収集となるとその傾向がどのように変わるのかについて比較していき、旅マエの各訪日外国人に情報をとどけるための施策について解説 していきます。今回は、訪日アメリカ人観光客編です。

アメリカ人が日本に関する情報を入手する際、もっとも使われているのが自国のマスメディアという結果に!2位のインターネットも比較的高い数値に

各国の日本についての情報の仕入れ先:公益財団法人新聞通信調査会「諸外国における対日メディア世論調査」より数値をグラフ化
各国の日本についての情報の仕入れ先:公益財団法人新聞通信調査会「諸外国における対日メディア世論調査

公益財団法人新聞通信調査会が実施した「諸外国における対日メディア世論調査」によると、日本についての知識や情報の入手先として アメリカ人の延べ39.1%が「自国のテレビ・新聞・雑誌」と回答 しました。次に多かった選択肢が「インターネット(21.5%)」。その後は「自分の家族や親戚・知人(15%)」、「日本人の友人・知人(12.9%)」、「学校教育(12%)」、「訪日経験(7.2%)」 と続きます。

他の調査対象国(韓国、タイ)と同様に、1位となった選択肢が、自国のテレビ・新聞・雑誌などマスメディアを経由したものでした。しかし、他の調査対象国とは違い、インターネットを通じて日本に関する情報を取得する人の割合も比較的高く、マスメディアと比較した場合、その差はわずか17ポイント にとどまります。

アメリカ人 年代別・日本についての情報の仕入れ先:公益財団法人新聞通信調査会「諸外国における対日メディア世論調査」より数値をグラフ化
アメリカ人 年代別・日本についての情報の仕入れ先:公益財団法人新聞通信調査会「諸外国における対日メディア世論調査」より数値をグラフ化

年代別に見てみると、10代、20代のアメリカ人の間では、日本に関する情報を入手する際、マスメディアよりもインターネットを利用する 傾向にあります。また、10代のアメリカ人の間では、学校教育を通じて日本に関する情報を入手する割合が38.7%と、他国の同年代の割合と比べても高い数値になっています。この点にも留意するべきでしょう。

30代、40代のアメリカ人の場合、日本に関する情報を入手する際にマスメディアを利用する場合がそれぞれ34.6%と31.9%、インターネットを利用する場合がそれぞれ29.2%と27.5% となっており、若干マスメディアの方が率としては高いものの、そこまで大きい差ではなく、マスメディアとインターネットを併用 していることが把握できます。

50代、60代に関しては、やはりインターネットよりもマスメディアを利用する傾向が強いようです。(それぞれ38.4%、43.6%)

一般的にアメリカ人の間では、日本に関する情報を入手する際、10代~20代の若者の間ではインターネットを、30代~40代の間ではマスメディアとインターネットを併用、50代~60代の間では主にマスメディアを利用 していることがわかりました。この傾向が観光情報を得る際にはどう変わっていくのでしょうか?

旅マエの訪日観光に関する情報収集に役立ったもの1位から3位までを「口コミ関連」のものが独占!回答のほとんどがネット関連のものに

アメリカ人が旅マエに役に立ったと答えた情報源:観光庁の「平成28年消費動向調査」より数値をグラフ化
アメリカ人が旅マエに役に立ったと答えた情報源:観光庁の「平成28年消費動向調査」より数値をグラフ化

観光庁「平成28年消費動向調査」によると、訪日アメリカ人観光客が訪日旅行をする前の観光情報収集手段としてもっとも役に立ったと答えたものは 「日本在住の親族・知人」でした。回答率は延べ34.6% にあたります。次いで回答率が高かったものが 自国の親族・知人(25.6%)。その後は、TripAdvisorなど口コミサイト(24.7%) と続きます。

他の訪日主要国では、SNSや観光情報サイトによって訪日観光に関する情報を入手する場合が多いですが、アメリカ人では先述の通り、知り合いの日本人もしくはアメリカ人、また不特定多数の人々から寄せれらるウェブ上の口コミが、訪日旅行前の意思決定に大きな影響 を及ぼしていることが把握できます。

また、4位の宿泊施設のホームページ(18.0%)、5位の航空会社ホームページ(16.2%)、7位の個人のブログ(15.9%)、8位のその他インターネット関連(11.1%)など、訪日旅行をする前の観光情報収集手段のランキング上位にはインターネット関連の選択肢が多い結果になりました。

アメリカ人に情報を発信する際はどのような方法が有効なのでしょうか?上記2つのデータをもとに、考察していきます。

旅マエの訪日アメリカ人への情報発信:年代別にいかに口コミを広げるかがポイントか 

旅マエの訪日アメリカ人観光客にアプローチする場合、年代別にツールを分けたうえで、いかに口コミ情報を広げられるかがポイントです。

若い層にアプローチしたい場合、ウェブ上での口コミを広げることが重要 です。先ほどご紹介した通り、若年層のアメリカ人は、日本に関する情報を入手する際、主にインターネットを活用しています。また、訪日旅行の際に役立った情報としてTripAdvisorや個人のブログなどが上位にランクインしていることから、店舗や観光施設の魅力をいかにWeb上で配信できるかがカギとなってきます。

例えば、主に欧米圏からの訪日外国人観光客の間で人気のスポットになっている新宿歌舞伎町のロボットレストランは、店内の至る所にTripAdvisorのステッカーを貼ることで、訪日外国人観光客に口コミを書くように促しています。 結果的にTripAdvisorの口コミ欄には、訪日アメリカ人観光客など主に欧米圏からの訪日外国人観光客からの投稿で埋め尽くされており、平均レビューは、5点満点中4点を獲得しています。

また、滞在中・観光中にウェブ上ではなく、実際の接客・サービス等でいかに好印象を与えるか、という点も重要です。

以前、訪日ラボでご紹介した東京の下町・谷中にある「澤の屋旅館」では、これまでに17万7035人の訪日外国人観光客を受け入れてきました。同旅館では、訪日外国人観光客の宿泊客に獅子舞のパフォーマンスなどのイベントや、江戸時代の旅館のような外観、ヒノキ風呂と陶器風呂などを提供しており、「和」を感じてもらえるような環境づくりに励んでいます。

日本文化・歴史に関心が高いという訪日アメリカ人観光客の特性を利用して、上記のような環境づくりを通じて忘れられない思い出づくりを提供することで、知人経由での口コミが広がるかもしれません。

Favicon訪日ラボ

 

歌舞伎町「ロボットレストラン」に学ぶ訪日外国人観光客集客術 SNS使い分け、割引制度、口コミ戦略の実施、海外への売り込みがヒントに

新宿・歌舞伎町にある「ロボットレストラン」。「ロボット」による様々なショーを鑑賞しながら食事と飲み物が楽しめるという他に例を見ないエンターテインメントを提供しています。今、「ロボットレストラン」は訪日外国人観光客の間で異常な人気となっています。その裏では一体どのような訪日外国人観光客集客への取り組みがなされているのでしょうか? 歌舞伎町にある「ロボットレストラン」 月総来客数の8割にあたる15,000人が訪日外国人観光客メディア・プレスページロボットレストランホー...

Favicon訪日ラボ

 

17万人の訪日客をおもてなし「澤の屋旅館」のインバウンド誘致術①マンガ・動画の活用で魅力を紹介

外国人客受け入れ時の不安点:社団法人国際交流サービス協会より引用格安航空会社(LCC)の普及や、中国や東南アジア諸国などを対象にしたビザの条件緩和、また円安が進んだことなどを理由に、訪日外国人観光客の数が増え続けています。そのような状況の中、以前の記事でもご紹介したように、インバウンド向けの宿泊施設の不足という課題に日本は直面しています。インバウンド向け宿泊施設の整備は急務ですが、一般の宿泊業界従事者はインバウンド受け入れに不安を抱えているという現状があります。社団社...

Favicon訪日ラボ

 

17万人の訪日客をおもてなし「澤の屋旅館」のインバウンド誘致術②Facebook・Trip Advisorの巧みな活用 「日本らしさ」がポイントに

[captionid=attachment_12292align=alignrightwidth=594]外国人客受け入れ時の不安点:社団法人国際交流サービス協会より引用[/caption]格安航空会社(LCC)の普及や、中国や東南アジア諸国などを対象にしたビザの条件緩和、また円安が進んだことなどを理由に、訪日外国人観光客の数が増え続けています。そのような状況の中、以前の記事でもご紹介したように、インバウンド向けの宿泊施設の不足という課題に日本は直面して...

まとめ:インバウンドに情報発信する際はターゲットにあった手法で

今回は、アメリカ人の日本に関する情報における情報の取得方法、旅マエの訪日アメリカ人観光客に情報をとどけるための施策についてご紹介しました。

アメリカ人は、基本的にマスメディア、もしくはインターネットを通じて日本に関する情報に触れています。訪日旅行に関する情報においては、「口コミ」に最も信頼を置いていることが把握でき、アメリカ人の間で自店舗・観光施設の魅力を口コミを通じていかに発信できるかがポイントとなります。

インバウンドに情報を配信する際は、ターゲットとする外国人が日本に関する情報をどのように仕入れているのかを頭に入れ、それに沿った媒体・ツールを活用していく必要があります。

Favicon訪日ラボ

 

データでわかる訪日アメリカ人

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

Favicon訪日ラボ

 

訪日外国人に人気のSNSまとめ:タイ、米国、豪州、英国のアプリストアランキング

先日「訪日外国人に人気のSNSまとめ:中国、台湾、香港、韓国のアプリストアランキング」として、東アジア各国のSNSの人気アプリのランキングをご紹介しました。今回は、その続編として、タイ、米国、豪州、英国のアプリストアでの人気SNSランキングをご紹介します。今回もAppAnnieというアプリストア分析ツールを使って、各国のAppStore‎(iPhoneアプリのマーケット)とGooglePlay(Androidアプリのマーケット)でのSNS関連アプリTOP5をまとめました。Google...

Favicon訪日ラボ

 

インバウンド対策でアメリカ人を外国人雇用する際に知っておくべきこと:平均年収や仕事観、国民性について解説

2016年9月の訪日アメリカ人観光客は約9.8万人で、前年同月比26.9%増加。2016年1月は前年同月比22.3%増となっており、その後はおおよそ20%増で推移しています。日本は年間を通じて、一定の訪日アメリカ人観光客の誘致に成功しているといえるでしょう。歴史的・政治的背景から日本とのつながりが深く、北アメリカ諸国(アメリカ、カナダ、メキシコ)のうち、訪日外国人観光客が抜きんでて多い国であるアメリカ。今回は、そのような訪日アメリカ人観光客向けインバウンド対策として、アメリカ人...

Favicon訪日ラボ

 

訪日米国人観光客に喜ばれる日本のお土産:日本酒をはじめとしたお酒などが人気

訪日米国人観光客の訪日旅行での買い物は、食料品や酒、菓子類や民芸品が人気となっています。しかしながら、実際の所具体的にはどのようなお土産物が買われているのでしょうか。今回は「アメリカ人に喜ばれたお土産」というブログなどから、訪日米国人観光客に人気の出そうな日本土産を考えてみたいと思います。お土産を買ってもらうには、まずは知ってもらうことが重要!旅マエに有効なインバウンド集客についてより詳しい資料のダウンロードはこちら「インバウンド動画プロモーション」の資料をDLして詳しく見て...

<参照> - 観光庁平成28年における訪日外国人の消費動向【国籍・地域別】 - 公益財団法人新聞通信調査会:第3回 諸外国における対日メディア世論調査 調査結果

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!