【マーケター必見!】中国では百度(バイドゥ)他国ではGoogleが優勢 訪日主要国での検索エンジンのシェア率をまとめました<東アジア編>

日本ではGoogleやYahoo!が特に利用者が多い検索エンジンとなっていますが、訪日主要国の検索エンジンのシェア率はどのようになっているのでしょうか。検索エンジン経由で旅行に関する情報を探す外国人は多く、以前の記事でもご紹介したように旅行を検討している中国人のうち約6割が検索エンジン、つまりインターネット検索を経由して旅行先を選定しています。こうした背景もあり、インバウンド業界に携わるマーケターにとって訪日主要国でよく使われている検索エンジンを把握しておくことは重要でしょう。今回は 東アジアの訪日主要国(中国・韓国・台湾・香港) の検索エンジン市場のシェア率をStatcounterの数値からご紹介します。

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

<中国>百度(バイドゥ)の一強状態の中国:360捜索も近年シェアを伸ばしている模様

中国の検索エンジンのシェア率(2016年 10月~2017年10月):Statcounter Global Stats:Search Engine Market Share China Oct 2016 - Oct 2017より数値をグラフ化

中国の検索エンジンのシェア率(2016年 10月~2017年10月):Statcounter Global Stats:Search Engine Market Share China Oct 2016 - Oct 2017より数値をグラフ化

中国でもっとも利用されている検索エンジンは百度(バイドゥ)です。約83%の中国人が百度(バイドゥ)を利用 しています。残りの17%を分け合うのが、360捜索(360サーチ)捜狗(ソゥゴゥ)神马(シェンマ) などとなっています。中国政府から規制がかかっているGoogleやbingを利用している中国人は全体の3%にも満たない結果になりました。

<韓国>Googleが70%のシェアを獲得:韓国最大のネットサービス会社NAVER提供のエンジンが後を追うかたちに

韓国の検索エンジンのシェア率(2016年 10月~2017年10月):Statcounter Global Stats:Search Engine Market Share Korea Oct 2016 - Oct 2017より数値をグラフ化

韓国の検索エンジンのシェア率(2016年 10月~2017年10月):Statcounter Global Stats:Search Engine Market Share Korea Oct 2016 - Oct 2017より数値をグラフ化

韓国で最も利用されている検索エンジンは、Googleです。韓国人のうち67%はGoogleを経由してネット上で検索 をかけています。日本でもお馴染みのチャットアプリであるLINEの運営をしている韓国最大級のインターネットサービス会社「NAVER」が提供する検索エンジンも比較的多くの人が利用しています。NAVERをを利用する韓国人は全体の約25% となっています。そのほかは韓国第二位のポータルサイトである Daum 、Microsoftが提供する検索エンジン BingYahoo! なども使われているようです。

<台湾>Googleのシェアは約9割に:10人に1人の台湾人はYahoo!を利用

台湾の検索エンジンのシェア率(2016年 10月~2017年10月):Statcounter Global Stats:Search Engine Market Share Taiwan Oct 2016 - Oct 2017より数値をグラフ化

中国の検索エンジンのシェア率(2016年 10月~2017年10月):Statcounter Global Stats:Search Engine Market Share Taiwan Oct 2016 - Oct 2017より数値をグラフ化

台湾で最も利用されている検索エンジンはGoogleです。約90%の台湾人がGoogleの検索エンジンを利用 しています。2番目に利用者が多いのがYahoo!の検索エンジンです。全体の10%の台湾人は同検索エンジンを利用しています。bing、百度、MSN、DuckDuckGoの利用者はそれぞれ1%にも満たない結果になりました。

<香港>ほとんど台湾と同じシェア率に:トップはGoogleで86%のシェアを占める

香港の検索エンジンのシェア率(2016年 10月~2017年10月):Statcounter Global Stats:Search Engine Market Share Hong Kong Oct 2016 - Oct 2017より数値をグラフ化

香港の検索エンジンのシェア率(2016年 10月~2017年10月):Statcounter Global Stats:Search Engine Market Share Hong Kong Oct 2016 - Oct 2017より数値をグラフ化

香港の検索エンジン市場は台湾と似ており、Googleが全体の9割近くを占め、それ以降はYahoo!、bing、百度と続きます。台湾・香港においてはほぼGoogleの一強状態といっても過言ではないでしょう。

まとめ:東アジアの検索エンジン市場 中国以外ではGoogleが主流

Statcounterのデータによると、東アジアでは、中国を除きGoogleが主要な検索エンジンになっている模様です。中国では規制がかかっている分、約83%の中国人が百度(バイドゥ)を利用しています。多くの訪日外国人は検索エンジンを経由して訪日旅行に関する情報を収集しているため、インバウンドを誘致・集客する際には各国の検索エンジン市場に関して理解を深めておくことは重要なことです。

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

「調査・リサーチ」の資料をDLして詳しく見てみる

「インバウンドデータ」の資料をDLして詳しく見てみる

<参照>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!