実は精力的なインバウンド施策を行っている鉄道会社:JR東日本 シンガポールに海外事務所開設や地方周遊パスの販売など様々な取り組みを実施中

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

鉄道は飛行機と並んで多くの訪日外国人が利用するものです。渋谷駅や東京駅など多くの訪日外国人が利用する駅をもつJR東日本では、これまで券売機の多言語表示などのインバウンド対策を進めていますが、これからはどのような取り組みを行っていくのでしょうか。JR東日本が2017年10月3日にリリースした資料「JR 東⽇本グループのインバウンド戦略の推進について」をもとに見ていきましょう。

訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプロモーションの資料を無料でダウンロードする

「インバウンド動画プロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「インフルエンサープロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「SNSプロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「インバウンドメディア」の資料を無料でダウンロードする

新規メルマガ会員募集中!今なら限定で【インバウン丼が売れるワケ】が分かる

東南アジアの訪日客をターゲットにシンガポールに新事務所「JR東⽇本 東南アジア営業センター」を開設

JR東日本では、近年のビザ緩和やLCCの増便により訪日外国人の伸びが著しい東南アジアにおいて、訪日旅行の需要を拡大するための事務所 「JR東日本 東南アジア営業センター」 を2017年12月1日に開設しています。

JR東日本 東南アジア営業センターでは、JR東日本が販売するインバウンド向け鉄道パスや旅行商品等の販売促進が行われています。東南アジアのハブともいわれるシンガポールに事務所は位置しています。近年では、鉄道会社が海外に事務所を構えるケースが増えており、 以前の訪日ラボの記事でもご紹介したように小田急電鉄でもタイのバンコクに新事務所を開設しています。

鉄道業界で進む海外進出:JR東日本がシンガポールにインバウンド拠点「JAPAN RAIL CAFE」開設

訪日外国人観光客の増加から、日本国内の企業はインバウンド誘致を進めています。以前の記事でご紹介したように、鉄道業界でも訪日外国人観光客誘致に注力しており、その取り組みは多岐にわたります。最近、鉄道業界では、東南アジアなど訪日旅行が人気のアクティビティーとなっている国に、インバウンド拠点を構えることで訪日外国人観光客の誘致を図る試みが行われています。<関連記事> 目次JR東日本、シンガポールにインバウンド拠点「JAPAN RAIL CAFE」を12月4日に開業Platform for rea...

小田急、タイ・バンコクに新事務所開設:訪日タイ人観光客誘致 インバウンド対策に取り組む

訪日外国人観光客の増加を背景に、鉄道業界では様々なインバウンド対策に乗り出しています。近畿日本鉄道では、車両を豪華に仕上げた観光列車の導入を始めます。26日、同社は、大阪阿部野橋(大阪市)から吉野(奈良県)間を運行する観光特急を報道陣に公開。9月から運行が開始されます。主なターゲットは、裕福なシニア層と訪日外国人観光客。車内設備を豪華にすることで、長距離移動も快適になり、また車窓から美しい景色も楽しむことができることから、訪日外国人観光客への観光PRにつながるとしています。JR西日本とJR...

インバウンドの東北・北海道周遊を促す「JR Tohoku-South Hokkaido Rail Pass」を発売

JR東日本では、JR北海道と共同で 「JR Tohoku-South Hokkaido Rail Pass」を発売 しています。これは東北~北海道(南部)の訪日旅行を快適に楽しむことができるフリーパス。発行日から14日間のうち5日間を選んで使用することができ、期間内であればフリーエリア内の特急(新幹線含む)・急⾏列⾞・普通列⾞の普通⾞指定席が乗り降り⾃由となります。訪日ラボでもご紹介した通り、JRグループ6社は以前からインバウンド向けフリーパス「Japan Rail Pass」を発売しており、訪日外国人にとって快適な国内周遊を実現しています。

JRグループ、インバウンド向け鉄道パス「JAPAN RAIL PASS」販売方法を拡充:さらなる地方訪問進むか

訪日外国人観光客が年々増加している中、国内の各業界の間でインバウンド誘致が注目されはじめています。以前の記事でもご紹介したように、鉄道業界でも訪日外国人観光客受け入れ環境の整備にさまざまな取り組みやサービスの開始を行っています。JRグループでは、訪日外国人観光客向けのサービスとして新たな取り組みを開始します。<関連記事> 目次JRグループ6社、インバウンド向けパス「Japan Rail Pass」を国内でも販売へ:来年3月8日より7日間大人3万3000円から:車両種類、期間ごとの購入が可能...

渋⾕駅に「JR EAST Travel Service Center」の開設:英語対応でJR東日本のインバウンド向け商品を販売

また、JR東日本では訪日外国人の乗り降りが多い渋谷駅において「JR EAST Travel Service Center(JR東⽇本訪⽇旅⾏センター)」を開設しています。

営業開始日は2017年12月3日となっており、同施設は渋谷駅西口に位置しています。JR EAST Travel Service Center(JR東⽇本訪⽇旅⾏センター)では、JR東日本が販売するインバウンド向け鉄道パスの販売・引き換えや観光案内等が行われています。言語は英語に対応。

まとめ:さらなる訪日客の利用促進を目指しユニークなインバウンド対策を進めるJR東日本

訪日外国人の利用が多い駅を多く抱えるJR東日本では、近年上記でご紹介したようなインバウンド対策を行っています。三菱UFJリサーチ&コンサルティングによりリリースされた「外国人観光客の首都圏交通インフラ利用調査結果」によると、訪日外国人は日本の交通インフラはわかりづらいものであるという結果もでており、 JR東日本のこうした取り組みはインバウンド業界にとって重要なものであるということが言えるでしょう。

訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプロモーションの資料を無料でダウンロードする

「インバウンド動画プロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「インフルエンサープロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「SNSプロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「インバウンドメディア」の資料を無料でダウンロードする

<参照>

訪日ラボオススメ記事

インバウンド市場の最新動向がわかるオススメの記事をご紹介します。

話題の「インバウン丼」強気な価格でも売れるワケ


SNSで話題を集める「インバウン丼」。1食約7,000円と、驚くような価格の海鮮丼が飛ぶように売れているといいます。

なぜ、これだけ強気な価格でも売れるのでしょうか。

今知っておきたい「インバウンド」情報について、専門家が解説するコンテンツをお届けします。

→ 記事を見てみる:話題の「インバウン丼」強気な価格でも売れるワケ

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに