安倍首相 インスタ開始し「地方創生の鍵はインスタ映えにあり!」と発言…その裏隠された意外な事実とは? 各自治体が取り組む「訪日客を魅了する」Instagram活用方法をご紹介

公開日:2017年12月22日

安倍首相がInstagramを開始したとのニュースが世間をにぎわせています。「2018年いよいよInstagram始めます。#安倍晋三 #初投稿 #初心者 #instagram」と自らの写真とともにInstagramに投稿した安倍総理。同投稿は2017年12月21日時点で約32,000件のいいねを獲得しており、アカウント自体のフォロワー数もすでに約78万人と影響力の大きさを伺うことができます。そんな安倍首相ですが、Instagramに関して興味深い発言 をしています。

訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプロモーションの資料を無料でダウンロードする

「インバウンド動画プロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「インフルエンサープロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「SNSプロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「インバウンドメディア」の資料を無料でダウンロードする

安倍首相「地方活性化はインスタ映えが鍵」 背景には訪日客の消費トレンドの変化が

安倍首相は、政権の最重要課題である地方活性化に関して 「インスタ映え(SNS)が鍵となる」 と発言しました。以前の訪日ラボの記事でもご紹介したように、地方活性化のためには 観光産業の成長が不可欠 です。特に訪日外国人観光客は日本人観光客と比較すると当然人数こそ少ないですが、一人当たりの旅行消費額は 日本人旅行者の4倍以上 となっており、年間の旅行消費額は3兆7,500億円 にものぼります。

地方活性化のためには、インバウンド誘致が必要 とされる中、安倍首相は 訪日外国人観光客の消費トレンドは変介してきている と解説。近年では爆買いのような買い物中心の「モノ消費」からその土地でしかできない体験にお金を落とす コト消費 に変わりつつあるとのこと。こうした状況の中、Instagram映えする観光地を整備していくことで、多くの訪日外国人観光客を誘致していきたい としています。

安倍首相が発言している通り、SNSに投稿できるような観光スポットを整備していくことは、投稿後の拡散力という観点から極めて重要 です。石巻市でも訪日外国人観光客のSNSによる情報拡散を狙って無料SIMを配布するなどのインバウンド対策をとっています。実際に、Instagramを活用した地方活性化例として、国内にはどのようなものがあるのでしょうか。いくつかの事例をご紹介します。

Instagramを活用したインバウンド誘致・地方活性化例をご紹介

[①岐阜県]フォトコンテストを開催 ユーザー参加型のコンテンツで地域の魅力を配信

岐阜県では、下呂市で撮影した写真のフォトコンテストをInstagram上で開催 しました。「#gerostagram」とのタグをつけるのみでコンテストに参加できるという手軽さも評判で、開催期間の3カ月の間に2,000件以上の投稿がInstagram上に寄せられました。Instagramの ユーザーを巻き込んで地域の魅力を配信 する画期的な方法であるといえるでしょう。

[②和歌山県]情報配信に3つのアカウントを作成:観光・イベントPR・食の3つに切り分け

和歌山県では2015年より「Insta-Wakayama大作戦!」と題してInstagramでの情報配信に力を入れています。「和みわかやま(nagomi_wakayama_tourism)」「おいしい!健康わかやま(oishii_delicious_wakayama)」「紀の国わかやま国体•大会 きいちゃん(kiichan_2015)」の 3つのアカウントを同時運営 しており、それぞれ 観光、食、国体PR に関しての投稿を行っています。アカウントは観光振興課、食品流通課、総務企画課など課ごとに運営されているため、タイムリーで独自のコンテンツを届けることに成功 しています。

まとめ:インバウンド誘致・地方活性化にInstagramの活用は必要不可欠な時代に?

安倍首相の 「地方活性化はインスタ映えが鍵となる」 との発言の裏には、近年の訪日外国人観光客のモノ消費からコト消費への消費トレンドの変化があることが把握できます。コト消費が重要視される最近では 「その地域独自の観光資材」が重要視されており、 地方部においても既存の観光資材をうまく活用することで 独自のコンテンツを作りだし、InstagramなどのSNSで拡散してもらうことが必要 となっています。今回ご紹介した事例をもとに、Instagramの利用方法をもう一度考えてみても良いかもしれません。

Instagramer(インスタグラマー)を観光地のインバウンドプロモーションに活用せよ!

今世界で最も伸びているSNSであるInstagram(インスタグラム)をご存知でしょうか?これは2010年に登場した写真共有アプリケーションで、スマートフォンで撮影した写真に好きなフィルター(※プリセットの画像加工処理)をかけ、コメントを加えて投稿することが出来るものです。若者を中心に広まったサービスですが、その中でもプロの写真家、旅行家であるInstagramer(インスタグラマー)が持つアカウントの影響力は年々大きくなっており、トップのInstagramer(インスタグラマー)ともなる...

まずは知ってもらう!旅マエに有効なインバウンド集客の資料を無料でダウンロードする

「インバウンド動画プロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「SNSを活用したプロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「インフルエンサーマーケティング」の資料を無料でダウンロードする

「広告プロモーション」の資料を無料でダウンロードする

<参照>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!