タクシー大手とUberが強力タッグ!Uberアプリを通じて第一交通のタクシーが配車可能に:2018年はタクシーがインバウンド市場をがらっと変える?

タクシー大手とUberが強力タッグ!Uberアプリを通じて第一交通のタクシーが配車可能に:2018年はタクシーがインバウンド市場をがらっと変える?

タクシードライバーの免許を持たない人が自家用車を利用して一般人を有償で目的地まで送り届けるサービスである 「ライドシェアサービス」シェアリングエコノミーサービスの普及とともに世界各国で利用者が増加しています。ライドシェアサービスの筆頭が米Uberですが、日本ではライドシェア自体が「白タク行為」にあたるため、参入に苦戦してきました。しかし、ここ最近Uberが日本のタクシー会社と提携が間近に迫っているとのニュースが複数のメディアで報じられています。世界最大の配車サービスUberがいよいよ日本市場に本格的に参入してきそうです。

インバウンド受け入れ環境整備の資料を無料でダウンロードする

第一交通とUBERが提携開始?訪日客はUberを通じて日本のタクシーが利用可能に

日経コンピュータの取材によると、タクシー業界大手の第一交通産業株式会社が、配車アプリUberを手掛ける米Uber Technologiesと提携を開始する とのこと。この提携で Uberのアプリ上で訪日外国人観光客が、第一交通のタクシーを呼び寄せることができるように なります。第一交通は、日本全国に約8,400台のタクシーを配備しており、Uberと今回の提携案に関して合意次第、東京や大阪、福岡市、沖縄市、札幌市など、国際便の発着が多い空港付近でUberを通じた配車サービスを開始します。早ければ2018年春開始予定。

第一交通は2017年11月に中国版Uber「滴滴出行」とも提携

また、第一交通では2017年11月に 滴滴出行(ディディチューシン)とも提携を開始 しています。滴滴出行(ディディチューシン)は、中国版Uberと呼ばれ、4億5,000万人 の中国人が利用する中国最大手の配車サービスです。2018年春から滴滴出行(ディディチューシン)を通じて東京や大阪など日本国内の数カ所で第一交通のタクシーが利用可能になります。第一交通では、Uberと滴滴出行に加えて、東南アジア最大手の配車サービスとも提携を検討 しているとのこと。各地域の最大手配車サービスとインバウンド事業にて提携を進める第一交通ですが、この背景には何があるのでしょうか。

背景には訪日客の配車アプリの利用率の高さが:アジア圏出身の外国人観光客の75%が海外旅行中にUberなどの配車アプリを利用中

アジア・オセアニアの海外旅行客がシェアリングエコノミー型サービスを利用する頻度と理由:参照:Amadeus Journey of Me Insights What Asia Pacific travellers want Q14. How often do you use the following apps or services?Q15. Why did you choose to use these sharing economy services and apps? Select all that apply より

アジア・オセアニアの海外旅行客がシェアリングエコノミー型サービスを利用する頻度と理由:参照:Amadeus Journey of Me Insights What Asia Pacific travellers want Q14. How often do you use the following apps or services?Q15. Why did you choose to use these sharing economy services and apps? Select all that apply より

スペイン・マドリードに本社を置くIT企業Amadeusが発表した「Amadeus Journey of Me Insights」では、アジア・オセアニア14か国(オーストラリア・中国・香港・インド・インドネシア・日本・韓国・マレーシア・ニュージーランド・フィリピン・シンガポール・台湾・タイ・ベトナム)出身かつ過去1年間に飛行機で旅行した6,870人を対象に、海外旅行時のシェアリングエコノミー型サービスの利用状況に関する調査を行っています。

この調査によると、Uber、Grab、Lyft、Ola、Didなどの配車アプリを旅行中に 利用したことがないと回答した人は全体の25% にとどまりました。もっとも多かった選択肢は 「たまに使う(39.0%)」 となり、その後は「頻繁に使う(27.0%)」、「とても頻繁に使う(10%)」と続きます。同調査によると、配車アプリを利用する利用する理由としてもっとも多かったのが 「使いやすい・簡単」 との選択肢でした。回答者のうち 60% が同選択肢を回答しています。その他にも「安いから(43%)」、「サービスの質が高いから(36%)」などの回答も目立ちました。海外の旅行先にて「配車アプリを使ってタクシーを呼び、目的地まで移動する」という行為は日本人の間で未だになじみが薄いものですが、他のアジア圏出身の海外旅行客の間ではごく一般的なもの であるようです。第一交通が進める大手配車アプリとの提携推進は、訪日外国人観光客の急増から訪日旅行時にUberや滴滴出行などの配車アプリ利用への需要が増大 することを想定してのものであることが把握できるでしょう。

もはや観光業界の基礎知識『シェアリングエコノミー』とは?アジア出身の海外旅行者の約7割がAirbnbやUberを利用 インバウンド担当者なら知っておきたい3つのポイントとトレンドを解説

近年世界中で利用者数が増加していうシェアリング型エコノミーサービス。旅行者に空き部屋を貸し出す民泊サービスや、アプリを通じて個人タクシードラーバーを手配することができる配車サービスなどが有名です。前者の代表例としてはAirbnb、後者の代表例としてはUberやGrabなどが挙げられるでしょう。日本人旅行者の間ではこうしたサービスの利用率は未だに高いものではありませんが、外国人観光客の間ではごく一般的に利用されており、観光庁の「民泊利用の訪日外国人」の動向調査によると訪日外国人観光客のうち

まとめ:2018年はタクシー元年に?インバウンドの新たな「足」として注目

タクシー大手の第一交通産業株式会社が、米Uber Technologiesと提携を開始するようです。これにより訪日外国人観光客はUberを通じて第一交通のタクシーを呼び寄せることができるようになります。第一交通では、他にも中国最大手の滴滴出行(ディディチューシン)との提携をしており、海外大手の配車アプリと提携することでインバウンド集客に乗り出します。また、以前の記事でもご紹介したように、第一交通のみならず他のタクシー会社でもインバウンド対策を進めています。京都のタクシー会社エムケイでは英会話研修・中国への留学制度の導入を開始。日本交通では「Origami Pay(オリガミペイ)」と「Alipay(アリペイ)」などの決済サービスを導入し、スマホ上で運賃の決済ができるようになりました。2018年は、訪日外国人観光客の移動手段として「タクシー」の存在はますます大きいものに なっていくことが予測できるでしょう。

2018年

インバウンド業界ではタクシーは、空港や主要の鉄道駅から観光地までの交通を指す 「二次交通」 の手段として注目を集めています。しかしながら、三井UFJリサーチ&コンサルティングの資料によると、訪日外国人観光客のうち約6割がコストが高い故にタクシーを利用していません。 また、利便性に優れるUberやGrabなどのタクシーの配車アプリの利用が近年外国人観光客の間で流行していることから、インバウンド市場では逆風にさらされているという見方もできるタクシー業界。インバウンド対策としてどのような取り組み...

タクシー初乗り料金を値下げする実証実験:都内2km730円→1km410円で利用者が増大する結果に

東京都心部のタクシーの初乗り運賃は730円。この金額は諸外国の都市に比べて非常に高いことをご存知でしょうか。ニューヨーク、ロンドンは300~400円と半額程度になっており、日本のタクシーは訪日外国人観光客から見ると割高感のある交通手段なのです。この問題を解決すべく、国土交通省は平成28年(2016年)8月から東京都内で「東京のタクシー初乗り運賃410円に係る実証実験」を行い、10月17日に結果を発表しました。日本のタクシーは今後、どのように変わっていくのか。実証実験の調査結果から探って...

インバウンド受け入れ環境整備の資料を無料でダウンロードする

「翻訳・多言語化」の資料を無料でダウンロードする

「多言語サイト制作」の資料を無料でダウンロードする

「多言語化表示サービス」の資料を無料でダウンロードする

「テレビ電話型通訳サービス」の資料を無料でダウンロードする

「訪日外国人向け道案内」の資料を無料でダウンロードする

<参照> - 日経 xTECH:[特報]第一交通と米ウーバーが提携へ、訪日客へスマホ配車 - amadeus:Amadeus Journey of Me Insights What Asia Pacific travellers

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!