意外と多い 訪日客の10人に1人が神社仏閣の多言語表示に不満:観光地に訪日客呼びこむために知っておくべき多言語対応 4つのポイント

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

2017年の訪日外国人観光客数は史上最多となる2,870万人を突破。国内有数のインバウンド市場は成長市場として注目を集めています。

こうした背景から、国内のあらゆる業界でインバウンド対策が進められています。観光庁の「訪日外国人旅行者の受入環境整備における国内の多言語対応に関するアンケート調査」によると、2017年に訪日した外国人観光客のうち、34.8%が「訪日旅行中に困ったことはなかった」と回答するなど、日本のインバウンド対策は訪日外国人観光客から一定の評価を受けていますが、「多言語表示・コミュニケーション」面に関する不満は未だに大きく、インバウンド業界が解決すべき課題となっています。

神社・仏閣における多言語表示・コミュニケーション対応は、訪日外国人観光客からどのように評価されているのでしょうか。観光庁の同資料から解説していきます。

インバウンド受け入れ環境整備の資料を無料でダウンロードする

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

神社・仏閣の多言語表示・コミュニケーションに9.8%の訪日外国人が困っている

訪問した場所の中で多言語表示・コミュニケーションで困った場所(複数回答):観光庁「訪日外国人旅行者の受入環境整備における国内の多言語対応に関するアンケート」調査結果 2-1.多言語表示・コミュニケーションで困った場所より引用

訪問した場所の中で多言語表示・コミュニケーションで困った場所(複数回答):観光庁「訪日外国人旅行者の受入環境整備における国内の多言語対応に関するアンケート」調査結果 2-1.多言語表示・コミュニケーションで困った場所より引用

日本の神社・仏閣を利用した訪日外国人観光客のうち9.8%は、神社・仏閣での多言語表示の少なさ・不正確さ、対話でのコミュニケーションに不満を感じています。今回の調査の対象となった「鉄道駅」「宿泊施設」「飲食店」「小売店」と比較すると、多言語表示・コミュニケーションに関する不満は、4番目に多い結果になりました。

もう日本はコリゴリ!?2017年に訪日客が最も日本に「がっかり」したことと、その対応策とは?2018年に向けてインバウンド業界が踏まえておく

2020年の訪日外国人観光客4,000万人誘致を目指し、これまで官民一体となったインバウンド対策が進められてきました。以前の訪日ラボの記事でもご紹介したように、2016年に訪日した外国人観光客のうち約30%が「訪日旅行中に困ったことはなかった」と感じており、 インバウンド受け入れ環境は年々改善してきている

具体的に神社・仏閣のどのような場面で困っているのだろうか?

多言語表示・コミュニケーションに関して困った場面(複数回答):観光庁「訪日外国人旅行者の受入環境整備における国内の多言語対応に関するアンケート」調査結果 2-2.多言語表示・コミュニケーションで困った場面より引用

多言語表示・コミュニケーションに関して困った場面(複数回答):観光庁「訪日外国人旅行者の受入環境整備における国内の多言語対応に関するアンケート」調査結果 2-2.多言語表示・コミュニケーションで困った場面より引用

城郭・神社・仏閣を訪れる訪日外国人観光客は、その歴史や文化を知ることを楽しみにしています。先述の通り、城郭・神社・仏閣の多言語表示・コミュニケーションに困っている訪日外国人観光客は、9.8%と少ない結果にはなりますが、そのうち68.4%にあたる訪日外国人観光客は「歴史・文化に関する説明を読む際」にもっとも困ったと回答しました。

観光地の魅力を最大限に伝えるためには、多言語での文化・歴史の説明が必要不可欠です。国内には様々な翻訳ツールが存在しており、こういったツールの活用も一つの手でしょう。「参拝方法の説明を読む際(46.2%)」「見学時の注意事項の説明を読む際(32.0%)」の多言語表示・コミュニケーションに不満を持っている訪日外国人観光客も一定数存在しているようです。城郭・神社・仏閣を見学する際、「何をしていいのか・いけないのか」といった注意事項は、運営者側が前もって訪日外国人観光客と共有するべきものです。対策が遅れれば、観光公害といった問題にもつながる恐れがあります。

観光公害で世界遺産「厳島神社 大鳥居」を失う恐れ、観光立国を目指す日本が直面する課題とは

以前の記事でもご紹介したように、JTBの資料によると、2018年の訪日外国人観光客数は 3,200万人 に達することが予測されています。2020年の東京オリンピック。パラリンピック開催時に 4,000万人 の訪日外国人観光客誘致を目指す日本では、ここ数年訪日外国人観光客数は順調に伸び続けています。こうした状況の中、大きな問題となっているのが 観光客のマナー違反などを指す「観光公害」。 世界遺産に登録される広島県廿日市市に位置する世界遺産・厳島神社でも近年「観光公害」が深刻化しているようです...

神社・仏閣でどのような多言語表示ツールを欲している?

最も必要だと思う多言語表示ツール(単回答):観光庁「訪日外国人旅行者の受入環境整備における国内の多言語対応に関するアンケート」調査結果 3-1.訪日外国人旅行者が必要だと思う多言語表示ツールより引用

最も必要だと思う多言語表示ツール(単回答):観光庁「訪日外国人旅行者の受入環境整備における国内の多言語対応に関するアンケート」調査結果 3-1.訪日外国人旅行者が必要だと思う多言語表示ツールより引用

訪日外国人観光客は、神社・仏閣でどのような多言語表示ツールを必要としているのでしょうか。もっとも声が多かったものは「多言語パンフレット」でした。紙媒体のパンフレットを配布することで、訪日外国人観光客により効果的に神社・仏閣の魅力を伝えることができます。また、観光地の魅力を紹介する資料を作成し、ウェブ上でダウンロードできるようにすることで、旅マエの訪日外国人観光客にもアプローチすることができるでしょう。

神社・仏閣でどのようなコミュニケーションツールを欲している?

最も必要だと思うコミュニケーションツール(単回答):観光庁「訪日外国人旅行者の受入環境整備における国内の多言語対応に関するアンケート」調査結果 3-2.訪日外国人旅行者が必要だと思うコミュニケーションツールより引用

最も必要だと思うコミュニケーションツール(単回答):観光庁「訪日外国人旅行者の受入環境整備における国内の多言語対応に関するアンケート」調査結果 3-2.訪日外国人旅行者が必要だと思うコミュニケーションツールより引用

神社・仏閣を訪問する際のコミュニケーションツールに関しては、訪日外国人観光客はどのようなものを求めているのでしょうか。もっとも訪日外国人観光客からの要望が多かったものは、「多言語音声ガイド」でした。

イギリスの大英博物館やカンボジアのキリングフィールドなど、多くの外国人観光客が足を運ぶスポットには、必ずと言ってもいいほど多言語の音声ガイドが配布されています。神社や仏閣などの観光地は基本的に目で見て楽しむスポットですが、多言語の音声ガイドを通じて観光客に歴史や文化などの不随する情報を与えてあげることで、訪日外国人観光客の満足度を向上させることもできるでしょう。

まとめ:神社・仏閣で多言語対応したいなら「訪日客の声」を参考にしよう

今回は神社・仏閣でインバウンド向けに多言語表示・コミュニケーション対策をする際に、どのようなポイントに気を付ければいいのかに関して、観光庁の資料をもとにご紹介してきました。押さえておきたい点は以下の3つです。

-訪日客の約10人に1人が神社・仏閣の多言語対応に困っている -訪日客は歴史や文化などの説明を読む際に多言語対応を必要としている -多言語パンフレット・ガイドの導入は必須

神社・仏閣は、今後も多くの訪日外国人観光客の利用が見込まれるものであり、多言語対応・コミュニケーション対策を充実させることは必要不可欠です。これらのポイントを参考にインバウンド受け入れ体制の充実を図るとよいでしょう。

インバウンド受け入れ環境整備の資料を無料でダウンロードする

「翻訳・多言語化」の資料を無料でダウンロードする

「多言語サイト制作」の資料を無料でダウンロードする

「多言語化表示サービス」の資料を無料でダウンロードする

「テレビ電話型通訳サービス」の資料を無料でダウンロードする

「訪日外国人向け道案内」の資料を無料でダウンロードする

<参照>

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜


初回から人気を博した「訪日ラボ トレンドLIVE!」シリーズの第二弾を開催!

TVや新聞などでも日々取り上げられているインバウンドの動向ですが、業界が盛り上がるにつれて情報把握が難しくなっています。

「訪日ラボ トレンドLIVE!」では、訪日ラボとして取材や情報収集を行っている中で、これこそは把握しておきたいという情報をまとめてお伝えしています。

今回も、インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」副編集長が、今月6月のインバウンドトレンド情報や、独自の取材で気づいたことについてお話ししていきますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

<本セミナーのポイント>

  • 毎月インバウンドの最新動向がわかる!
  • インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」を運営する副編集長 石橋が登壇!
  • 30分間でサクッと学べる!

詳しくはこちらをご覧ください。
訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜

【インバウンド情報まとめ 2024年6月前編】日中韓サミット開催、2025〜26年が「日中韓文化交流年」に 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年6月前半版レポートから、5月後半~6月前半のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

日中韓サミット開催、2025〜26年が「日中韓文化交流年」に / 4月外国人宿泊数は1,315万人泊、国籍別「台湾」が1位に【インバウンドまとめ 2024年6月前編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに