地味ながら着実な成長を見せる訪日ニュージーランド人市場:誘致するなら知っておきたい4つのこと

公開日:2018年05月09日

日本のインバウンド市場にとって中国や台湾、韓国など東アジアの国々は最大のターゲットでした。しかし、近年では経済成長が著しい東南アジアの国々や、消費単価が高く日本文化の体験に関心が高い欧米豪圏の国々もインバウンドビジネスで魅力的なターゲットとなっています。一方、上記で挙げた地域以外にも、マイナー市場とは言われますが、ターゲットとすべき地域は存在しています。今回は訪日ニュージーランド人観光客に関して、知っておくべき情報、数字などをピックアップしてご紹介します。

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

ニュージーランドの基礎情報

まずは、ニュージーランドという国に関して簡単に振り返ってみましょう。ニュージーランドとは、オセアニアに位置する国でオーストラリアの南東に位置する2つの主要な島と、多くの小さな島々からなる国です。首都はウェリントンで人口は約476万人となっています。2013年のニュージーランド国勢調査によると人口構成は欧州系(74%),マオリ系(14.9%),太平洋島嶼国系(7.4%),アジア系(11.8%),その他(1.7%)となっています。主要言語は英語、人口の48.9%がキリスト教を信仰しています。

ニュージーランドの経済レベルはどれくらい?

2016年のIMFの調査によるとニュージーランドのGDPは、1,820億米ドルで日本の27分の1程度。ただ、一人当たりのGDPで見てみると3万8,345米ドルとなっており、日本と同程度の水準となっています。

OECDの統計によると、ニュージーランドの平均年収は4,686,780円であり、日本(4,127,666円)よりも高い結果に。ニュージーランドでの大まかな物価を把握するためにThe economistのThe Big Mac indexを見てみると、ニュージーランドではビッグマックの値段は499円です。日本の場合は380円なので平均年収の高さに比例して物価も高い傾向に。

訪日ニュージーランド人観光客数は過去5年間でどれくらい増えている?

過去5年間の訪日ニュージーランド人観光客数の推移:JNTO(日本政府観光局)の資料をもとに作成

過去5年間の訪日ニュージーランド人観光客数の推移:JNTO(日本政府観光局)の資料をもとに作成

JNTO(日本政府観光局)のデータによると、訪日ニュージーランド人観光客の数は、2013年から2017年の過去5年間連続で増加し続けています。

2013年には3.7万人であった訪日ニュージーランド人観光客数は、2017年にその1.75倍にあたる約6.5万人まで増加しました。マイナー市場と言われながらも、着実に訪日客数は増加し続けています。

訪日ニュージーランド人観光客は何月に日本にやってくる?

過去5年間の訪日ニュージーランド人観光客数の推移:JNTO(日本政府観光局)の資料をもとに作成

過去5年間の訪日ニュージーランド人観光客数の推移:JNTO(日本政府観光局)の資料をもとに作成

JNTO(日本政府観光局)のデータをもとに、過去5年間の月別訪日ニュージーランド人観光客数を見てみると、ニュージーランド人の訪日旅行のピークは4月・12月となっているようです。上記のグラフでもご紹介しているように、4月と12月は訪日外客数がもっとも増加する時期です。

花見でにぎわう4月の訪日客数が多いことから、「お花見」を楽しみに訪日するニュージーランド人も一定数いそうです。また、ニュージーランドでは年末年始に数週間の休暇を取るのが一般的であり、この時期は訪日旅行のみならず、海外旅行のピーク時期にもあたります。

なぜ今”欧米豪”なのかがよく分かる5つポイント:訪日旅行トレンドから読み解く欧米豪インバウンドの集客・誘致のポイントとは?

ここ最近のインバウンド業界ではターゲットが細分化されてきています。以前であれば、訪日中国人観光客を中心として東アジア出身の訪日外国人観光客が最も大きなターゲットでしたが、最近ではLCC増便やビザの要件緩和の影響で客数の伸びが急激であり、ミレニアル世代が多いことで知られる東南アジアなどもインバウンド魅力的なターゲットとなっています。欧米豪圏も近年のインバウンド市場において注目度が増している市場 として知られていますが、欧米豪出身の訪日外国人観光客を集客・誘致する際にはどのようなことを頭に入れ...

人口の30%がミレニアル世代の東南アジア市場 集客するならどんな方法が効果的?ポイントは「モバイルオンリー」と「SNS利用率の高さ」

近年、日本のインバウンド市場のターゲットは多様化 しています。以前であれば「爆買い」で名高い訪日中国人観光客が最大のターゲットでしたが、近年ではよりディープな日本文化の体験を求める欧米圏の訪日外国人観光客も注目度の高いターゲット層になっています。特に訪日客数の伸びが著しい東南アジア圏の訪日外国人観光客は、2018年以降注視していくべきターゲット なのかもしれません。インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?「調査・リサーチ」の資料を無料でダウン...

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を詳しく見てみる

「調査・リサーチ」の資料を無料でダウンロードする

「インバウンドデータ」の資料を無料でダウンロードする

<参照>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!