最大1,000万の補助金で観光施設のインバウンド対策をサポート!「美術館・博物館等の観光施設の国際化支援補助金」とは?:民間の美術館・博物館など向けに多言語対応の改善・強化を支援

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

訪日外国人にとっても人気の観光スポットとなっている都内の美術館、博物館のための補助金「美術館・博物館等の観光施設の国際化支援補助金(以下、観光施設の国際化支援補助金)」をご存知でしょうか。東京都及び東京観光財団では、都内の民間美術館・博物館等の観光施設によるインバウンド対策・外国人旅行者の受入環境の整備を支援するため、新たな補助制度を開始しました。

この「観光施設の国際化支援補助金」は、平成27年2月に改正した「国内外旅行者のためのわかりやすい案内サイン標準化指針」を踏まえた多言語対応などの取組に対して補助金が適用されるというものです。寺社仏閣をはじめとした「説明が必要な体験を提供する場・観光施設」での多言語コミュニケーションに関する訪日外国人の不満は年々高まってきており、今後のインバウンド市場の多様化に対応するためにも早急な対策が必要な分野でもあります。詳しく見ていきましょう。

<関連>

意外と多い 訪日客の10人に1人が神社仏閣の多言語表示に不満:観光地に訪日客呼びこむために知っておくべき多言語対応 4つのポイント

2017年の訪日外国人観光客数は史上最多となる2,870万人を突破。国内有数のインバウンド市場は成長市場として注目を集めています。こうした背景から、国内のあらゆる業界でインバウンド対策が進められています。観光庁の「訪日外国人旅行者の受入環境整備における国内の多言語対応に関するアンケート調査」によると、2017年に訪日した外国人観光客のうち、34.8%が「訪日旅行中に困ったことはなかった」と回答するなど、日本のインバウンド対策は訪日外国人観光客から一定の評価を受けていますが、「多言語表示・コ...

インバウンド対策の第一歩 多言語対応の資料を無料でダウンロードする

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

「国内外旅行者のためのわかりやすい案内サイン標準化指針」とは

さて、冒頭でも触れた「国内外旅行者のためのわかりやすい案内サイン標準化指針」とは、外国人旅行者や障害者、高齢者等の方々が安心してまち歩きを楽しめるよう、わかりやすい案内サインの普及を図るために東京都が策定し、普及を図っているものです。

「国内外旅行者のためのわかりやすい案内サイン標準化指針」の基本的な考え方としては

  • 日本語・英語の2言語を基本とし、ピクトグラムを効果的に活用
  • 地域や施設の特性及び視認性などを考慮し、必要に応じて中国語・韓国語、更にはその他の言語も含めて多言語化を実現
  • 中国語については、簡体字の使用を基本とし、地域や施設の状況等により、繁体字を使用

となっています。都内の地下鉄の駅名表示などがわかりやすい例だと言えるでしょう。

<関連>

命や信仰に関わる情報をアイコンでわかりやすく表示 インバウンド対策としてすぐ導入できる「食品ピクトグラム」3選まとめ

飲食店などがインバウンド対応をする上で重要になってくる事はいくつかありますが、人種や宗教が異なる訪日外国人観光客の場合、宗教戒律上「食べてはいけないもの」がある方、ベジタリアン、食物アレルギーを持っているなど「食べられないもの」がある方もいるということを、インバウンド対策として知っておく必要があります。そうした方に向けて、オーダーの際に細かく確認をすることはもちろん必要ですが、メニューにわかりやすくどんな食材を使用しているかを表示出来れば、飲食店側にも訪日外国人観光客側にもメリットがありま...

これぞ「外国人視点」アメリカ人UIデザイナーが訪日旅行時に気になった10個のこと:日本人にとっての「日常」は外国人にとっての「非日常」

アメリカ・サンフランシスコ在住のUIデザイナー、Marcin Wicharyさんは、Twitterアカウント(@mwichary)にて 自身の訪日旅行中に感動したこと、驚いたことに関して300ツイートのスレッド方式で紹介 しています。食などの日本文化というよりもUIの観点から目を引いた部分のみをピックアップしています。訪日アメリカ人観光客から見た日本はどのように映っているのでしょうか。 いくつかのツイートをご紹介します。インバウンド受け入れ環境整備の資料を無料でダウンロードする「翻訳・多言...

「観光施設の国際化支援補助金」の補助対象施設は?

「観光施設の国際化支援補助金」が対象とするのは都内の民間美術館・博物館等で、具体的には、

  • 博物館法第3条第1項各号に掲げる「博物館が行う事業」を実施する施設として東京都教育委員会が登録した施設(登録博物館)
  • 博物館法第 29 条の規定により「博物館の事業に類する事業を実施する施設」として東京都教育委員会が指定した施設(博物館相当施設)
  • 歴史、芸術、民俗、産業、自然科学等に関する資料を収集、保管及び展示して、年間100日以上開館し一般公衆の利用のために施設及び設備を公開する都内の施設

などがこれに概要します。

「観光施設の国際化支援補助金」の補助対象施設:(公財)東京観光財団より

「観光施設の国際化支援補助金」の補助対象施設:(公財)東京観光財団より

「観光施設の国際化支援補助金」の補助対象事業は?

「観光施設の国際化支援補助金」の補助対象事業となるのは多岐に渡りますが、その全てが平成31年度末までに事業が完了するものに限られます。

  1. 多言語対応の改善・強化に関するもの - パンフレット・ホームページ等の広報物の多言語化 - 音声ガイド機器の導入 - 案内板、展示解説等の多言語化 - 職員、ボランティアの育成
  2. 情報通信技術の活用に関するもの - 無線LAN環境の導入 - デジタルサイネージの導入 - 通訳アプリの導入
  3. 国際観光都市としての標準的なサービスの導入に関するもの - クレジットカードや電子マネー等の決済機器の導入
  4. 安全・安心の確保に関するもの - 敷地内(建物の一部の場合には施設内)のバリアフリー化 - 避難経路の多言語化

「観光施設の国際化支援補助金」の補助額は?

「観光施設の国際化支援補助金」の補助額は、補助対象経費の2分の1以内、1施設当たり1,000万円が限度となります。なお、施設整備費、備品購入費、制作費、印刷製本費、翻訳費、研修費等なども補助金の対象となります。

「観光施設の国際化支援補助金」の補助金申請の流れ

「観光施設の国際化支援補助金」の申請の流れは下記のようになっています。

  1. 観光施設が申請書を提出
  2. 東京観光財団が受理、内容を確認
  3. 東京観光財団が補助金の交付を決定、通知
  4. 観光施設が事業に着工
  5. 観光施設側の事業完了、業者への支払い
  6. 観光施設が実績報告書を提出
  7. 東京観光財団が実績報告書を受理して検査、補助金額を確定
  8. 東京観光財団が補助金額の確定を通知
  9. 観光施設が補助金請求書を提出
  10. 東京観光財団が補助金を振込

「観光施設の国際化支援補助金」の補助金申請の流れ:(公財)東京観光財団より

「観光施設の国際化支援補助金」の補助金申請の流れ:(公財)東京観光財団より

「観光施設の国際化支援補助金」の申請先は?

「観光施設の国際化支援補助金」の申請先は、公益財団法人 東京観光財団地域振興部観光インフラ整備課で、郵送または持参において申請が可能です。

まとめ:展示物の魅力をしっかりと訪日外国人に伝えるためにも、多言語表示対応などの積極的な導入を

都内の美術館、博物館のための補助金「観光施設の国際化支援補助金」をご紹介しましたが、豊かな文化、様々な芸術、美術品が豊富な都内の美術館、博物館にとって、多言語対応は必要な対策です。しっかりとこうした補助金を活用してインバウンド対策を進めることが必要でしょう。

インバウンド受け入れ環境整備の資料を無料でダウンロードする

「翻訳・多言語化」の資料を無料でダウンロードする

「多言語サイト制作」の資料を無料でダウンロードする

「多言語化表示サービス」の資料を無料でダウンロードする

「テレビ電話型通訳サービス」の資料を無料でダウンロードする

「訪日外国人向け道案内」の資料を無料でダウンロードする**

<参考>

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜


初回から人気を博した「訪日ラボ トレンドLIVE!」シリーズの第二弾を開催!

TVや新聞などでも日々取り上げられているインバウンドの動向ですが、業界が盛り上がるにつれて情報把握が難しくなっています。

「訪日ラボ トレンドLIVE!」では、訪日ラボとして取材や情報収集を行っている中で、これこそは把握しておきたいという情報をまとめてお伝えしています。

今回も、インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」副編集長が、今月6月のインバウンドトレンド情報や、独自の取材で気づいたことについてお話ししていきますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

<本セミナーのポイント>

  • 毎月インバウンドの最新動向がわかる!
  • インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」を運営する副編集長 石橋が登壇!
  • 30分間でサクッと学べる!

詳しくはこちらをご覧ください。
訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜

【インバウンド情報まとめ 2024年5月後半】「世界で最も成長している観光地」トップに東京 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年5月後半版レポートから、5月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

※【インバウンド情報まとめ】は2024年5月より月2回発行いたします!最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

「世界で最も成長している観光地」トップに東京 / 富士山前のコンビニ、撮影防止の「黒幕・防護柵」設置【インバウンド情報まとめ 2024年5月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに