日本最大のスノーリゾートHAKUBA VALLEY、2017-18シーズン訪日外国人スキー来場延べ客数が対前年約10万人増(約145%)、過去最高の33万人超え

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

[HAKUBA VALLEY 索道事業者プロモーションボード]

HAKUBA VALLEY(長野県大町市・白馬村・小谷村)の10スキー場を運営する索道事業者を構成員として2015年に発足した「HAKUBA VALLEY 索道事業者プロモーションボード(HVPB)」は、2017-18シーズンのHAKUBA VALLEYに訪れた外国人スキー客数の調査を行った結果、対昨シーズン比約45%増加し、33万人を突破しましたのでお知らせします。

日本最大のスノーリゾートHAKUBA VALLEY
 標高3000m級の北アルプスの麓に広がるHAKUBA VALLEYは、長野県大町市・白馬村・小谷村の10のスキー場で構成される日本最大(※1)のスノーリゾートの名称です。1998年の長野冬季五輪のアルペンスキーの会場ともなり、世界的にも有数の上質なパウダースノーや積雪量を誇る山々は、世界中からウィンタースポーツを楽しむ多くの方々が訪れています。
(※1)総ゲレンデ面積、総コース数、総ゴンドラ・リフト数において国内最大と定義

インバウンドが好調、訪日外国人スキー客数が過去最高の33万人を突破
 1998年、日本のスキー・スノーボード人口は推計1800万人にまで達しました。しかし、その後、減少の一途をたどり、2016年には国内参加人口が530万人まで落ち込みました。(公益財団法人日本生産性本部「レジャー白書2017」)一方で、訪日外国人数は年々増え続け、市場が拡大。積極的に外国人スキー客の誘致を行なっていた白馬エリアでも、外国人スキー客が平日の来場者の過半数を占める日が出てくるなど、HAKUBA VALLEY全体の活性化につながっています。
 そしてこの度、2017-18シーズンのHAKUBA VALLEYを訪れた外国人スキー客数の調査を行った結果、過去最高の33万人を突破しました。全体としては、2017-18シーズンの総来場者数が約1,555千人(前年比約3%増)で、うち、外国人スキー客数は約330千人(前年比約45%増)となり、総来場者数の約21%を外国人が占めているということがわかりました。
 過去2年はシーズンはじめの記録的な少雪の影響により成長率は鈍化しましたが、今シーズンは11月からの早い降雪に恵まれ順調なシーズンインとなり、トップシーズンには安定的な自然降雪による豊富で上質なパウダースノーを目当てに多くのお客様が来場しました。また、日本最大というスケールやコースの多様性が評価され、来場者アンケート調査においては、HAKUBA VALLEYのお薦め度が非常に高く、口コミによる来場やリピーターが多いのも好調の要因として挙げられます。

 来場国においては、引き続きオセアニアが半数以上を占め、次いでアジア、欧州、北米となっています。昨年減少が見られた豪州からの来場者が増加し白馬エリアの基盤を支えているほか、中国、欧州各国からの増加が顕著になっています。

 欧州、北米からの来場者数増加の一因として、海外有名スノーリゾートとのアライアンスパス提携 (※2)による知名度やブランドイメージが向上していることが挙げられます。また、パウダースキー人気の高まりにより、日本の質の高い大量のパウダースノーは海外で「Japow」(Japan + Powder Snow)と呼ばれ、最高のパウダー体験が得られる国の一つとして認知されてきております。さらに、ゲレンデ滑走だけでなく山の自然な地形を楽しむウィンタースポーツの新しいスタイルのフリーライドが、若い世代を中心に世界的に盛り上がりをみせています。世界で開催されるフリーライドスキー・スノーボード大会「Freeride World Tour 2018」が、今シーズン白馬を開幕戦としてアジアで初開催され、 HAKUBA VALLEYは「世界でも最高水準の雪山と豊富な積雪があり、1月中旬に大会が開催できる現在世界で唯一のスノーリゾート」と認められ、憧れの地として注目されている点があげられます。
(※2)今シーズンをもって「The Mountain Collective」との提携が終了し、次シーズンより「Epic Pass」との提携が開始します。

 一方、こうした外国人スキー客の増加に対し、来場されたお客様の満足度を高めるための取組も着実に進め実を結んでおります。先シーズンに導入した、HAKUBA VALLEY内のスキー場をICリフトチケットで何ヶ所でも自由に滑走できる共通自動改札システムにより利便性が向上し、長期滞在のお客様にHAKUBA VALLEY内の個性の異なるスキー場をストレスなく満喫していただけるようになりました。アクセスにおいては地元バス会社により、関東、中部、関西からの空港バスによる直通運行が増便され、エリア内各スキー場をつなぐシャトルバスの充実や、スキー場共通券の購入者は有料シャトルバスを無料で乗車できるなど、2次交通の整備も進みました。また、アフタースキーにおいては、地域の多種多様なディナーを楽しめるナイトシャトルの運行や、白馬エリアを拠点とした、スノーモンキーや善光寺、松本城といった、スキーだけでなく日本文化を楽しんでいただけるデイツアーの人気も高まっています。

 訪日外国人観光客数の増加が話題となっておりますが、日本最大のスノーリゾートであるHAKUBA VALLEYといたしましても引き続き、観光需要の活性化と更なる拡大、地方創生の実現に取り組んで参ります。

訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプロモーションの資料を無料でダウンロードする

「インバウンド動画プロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「インフルエンサープロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「SNSプロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「インバウンドメディア」の資料を無料でダウンロードする**

訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介

インバウンド市場の最新動向がわかる訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介します。

2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

昨年12月、JTBが2024年の旅行動向見通しを発表し、 訪日外国人旅行者がコロナ前の2019年を上回る過去最多の3,310万人に達するとの予測を立てました。

インバウンド市場が回復の動きを見せる中、訪日外国人を集客するために、どのような対策をすべきかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで本セミナーでは、訪日外国人の集客支援を行う2社にて、 2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション成功のポイントを独自の視点から紐解いていきます。

【訪日外国人の行動データと口コミデータで紐解く】2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに