日本初!Airbnb公式デザイン「ホームシェアリング対応型住宅」を共同開発 ~Airbnbと小山薫堂氏率いる企画会社「オレンジ・アンド・パートナーズ」 と三社提携~

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

[株式会社オープンハウス]

2018年6月14日、 株式会社オープンハウス(本社:東京都千代田区丸の内、代表取締役社長:荒井正昭、以下「当社」)は、Airbnb Japan株式会社(本社:アメリカ・カリフォルニア州・サンフランシスコ、Airbnb Japan代表取締役:田邊泰之、以下「Airbnb」)、株式会社オレンジ・アンド・パートナーズ(本社:東京都港区麻布台、代表取締役社長:小山薫堂、以下「オレンジ」)の2社と提携し、日本初となる住宅宿泊事業法(いわゆる民泊新法)に対応したAirbnb公式デザインの「ホームシェアリング対応型住宅」を共同開発し、年内の販売開始を目指します。

 2018年6月15日に施行される民泊新法は、日本におけるホームシェアリングを更に活性化し、新たな生活スタイルや居住スタイルを広げていくことが見込まれています。その中で、「東京に、家を持とう。」を掲げ、東京、神奈川、名古屋など都心部で「職住近接」などのライフスタイルを志向する多くのお客様に戸建て住宅を提供してきた当社が、世界中の宿泊施設、体験を提供するエンドツーエンドの旅行プラットフォームであるAirbnb、さらに、旅にまつわるユニークな視点での場所のバリューアップ/メディア化を実現してきたオレンジと提携することで、住宅宿泊に対応した「ミレニアル世代の新しい住まい方」を提案してまいります。

 今回、当社が共同開発・販売する「ホームシェアリング対応型住宅」は、オレンジが「旅人を迎え入れるフレンドリーな住居」としてプロデュースする「ORANGE DOOR(オレンジドア)」の第一弾となる戸建て住宅です。2018年12月末までは、当社の営業エリアである東京都、神奈川県および名古屋市内における ‟唯一“ のAirbnb公式デザイン住宅(新築戸建て)としてAirbnbプラットフォームに掲載される予定です。

【オープンハウスについて】
 1997年9月に創業したオープンハウスは、都心部に特化して不動産業を展開してまいりました。「東京に、家を持とう。」のスローガンを掲げ、地域に根ざした営業活動を展開し、都心部ならではの住宅事情の中でお客様のご要望に合わせた住まいの提供に努めています。2013年9月には、東証一部上場。2016年には名古屋エリア、2017年には埼玉エリアへ進出。これからも、より多くのお客様にご満足いただける住まいを提供してまいります。
オープンハウスグループ Web サイト URL:http://openhouse-group.com/
株式会社オープンハウス Web サイト URL:https://oh.openhouse-group.com/

Airbnbについて 】
 2008年8月創業のAirbnbは、旅行先で現地の文化とつながり、ユニークな旅行体験をすることで参加できる世界を創り出すことを使命としています。同社のコミュニティでは、世界191ケ国6万5千以上の都市においてアパートやヴィラから城やツリーハウスにいたるまで、何百万というユニークな部屋へのアクセスをお届けしています。「体験」では地域のコミュニティや興味・関心に対する斬新なアクセスを提供し、「スポット」では現地に住む人々がリコメンドする街のとっておきの穴場を人々に発見していただきます。Airbnbは人を原動力としており、家の空きスペースを活用すること、または情熱、興味、関心、都市を共有することで臨時収入が得られる最も容易な方法を提供してまいります。
https://www.airbnb.jp/
Airbnbおよびエアビーアンドビー(エアビー)の名称及びロゴはAirbnb Inc.の登録商標または商標です。

【オレンジ・アンド・パートナーズについて 】
 オレンジ・アンド・パートナーズは、「ブランド」をプロデュースし、デザインすることによる新価値創造会社を目指しています。あらゆる分野において企業様の取り組む課題を解決するための企画(=ブランド)をプロデュース。代表である放送作家・小山薫堂氏、ならびに同社クリエイティブスタッフが、洗練されたシナリオをご提供します。従来の枠組みにとらわれない企画の力によって、人と社会を元気に幸せにするオレンジ色の価値を創造してまいります。
http://www.orange-p.co.jp/

インバウンド受け入れ環境整備の資料を無料でダウンロードする

「翻訳・多言語化」の資料を無料でダウンロードする

「多言語サイト制作」の資料を無料でダウンロードする

「多言語化表示サービス」の資料を無料でダウンロードする

「テレビ電話型通訳サービス」の資料を無料でダウンロードする

「訪日外国人向け道案内」の資料を無料でダウンロードする

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


訪日外国人数は過去最大を見込んでいる2024年ですが、一方で誘客する企業や地域、自治体などでは今でも多くの課題に臨んでいます。

訪日ラボでも、山梨県(富士山)のオーバーツーリズム対策について、対策の重要性とそれに取り組む関係者の姿勢について取材をしてきたばかりです。

そこで今回は、地域産業や関係者を巻き込むことによって起きた地域活性化について最新のデータや情報をお届けします。

  • "巻き込み力"とは何か
  • 組織や地域で創り上げるコンテンツはどのようなメリットをもたらすのか

など、国内最大級の遊び予約サイト「アソビュー!」の専門家とともにこれからのポイントを徹底解説します!

詳しくはこちらをご覧ください。
観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


【インバウンド情報まとめ 2024年6月後編】富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年6月後半版レポートから、6月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 / 5月の訪日外国人数304万人、3か月連続で300万人超え【インバウンドまとめ 2024年6月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに