千葉市が実施する「千葉市外国人観光客受入環境整備等支援補助金」とは?インバウンド対応事業に最大50万円を補助:申請方法や対象事業を解説

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

成田空港、や幕張メッセを有する千葉県は、平成27年に6月に観光庁から、「グローバル MICE 強化都市」に選定されています。また、東京オリンピックやパラリンピック会場として幕張メッセで一部競技の開催が決定しており、今後も訪日外国人の増加が見込まれています。

こうした背景もあり、千葉市では市内のレストランや宿泊施設、各商店などの利用促進のため、多言語対応、ハラル対応、免税対応、WiFi環境の整備など外国人の受け入れ環境の整備に関する経費の補助金である「千葉市外国人観光客受入環境整備等支援補助金」を交付することとしています。

インバウンド受け入れ環境整備の資料を無料でダウンロードする

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

「千葉市外国人観光客受入環境整備等支援補助金」の補助金対象事業者は?

千葉市外国人観光客受入環境整備等支援補助金については、下記の事業者がその対象となっています。 - 飲食事業者(※中小企業者) - 宿泊事業者(※中小企業者) - 小売事業者(※中小企業者) - 商店街振興組合 - 商店街協同組合 - 商業団体

なお、上記に該当していることに加え「市内に事業所を有し、かつ、市内で1年以上事業を営む者であること」、「市税を滞納していない者」、「同一年度に「千葉市外国人観光客受入環境整備等支援補助金」の交付を受けたことがないこと」、「同一事業において、過去に「千葉市外国人観光客受入環境整備等支援補助金」の交付を受けたことがないこと」などが求められます。

「千葉市外国人観光客受入環境整備等支援補助金」の補助対象事業は?

千葉市外国人観光客受入環境整備等支援補助金の対象となるのは、補助対象事業者が実施する事業とし、事業計画書から、実現可能な事業であると思われ、外国人観光客の受入環境整備等誘客促進に資すると判断できるものとし、具体的には下記の通りです。

  • 多言語表記をしたパンフレット、リーフレット、周辺マップ等の作成(※日本語以外の2か国語以上で作成することが必須)
  • メニュー表示の多言語化事業(※日本語以外の2か国語以上で作成することが必須)
  • 補助対象事業者が自ら開設するウェブサイトの多言語化事業(※日本語以外の2か国語以上で作成することが必須)
  • 免税店化に必要な申請に係る費用(コンサル費用など)
  • ハラール認証に必要な申請手続きに関する費用(コンサル費用など)
  • 施設内外に設置される看板又は案内板の多言語化事業(※日本語以外の2か国語以上で作成することが必須)
  • インターネットへのアクセスポイントの整備
  • 国際的に対応可能なクレジットカード決済システムの導入
  • その他外国人観光客の受入環境の整備に資すると市長が認める事業

横浜市のインバウンド受入マニュアルがすごい:自社で作る訪日客対応マニュアルの参考に

日本を訪れる訪日外国人観光客が増える中、東京や大阪と言ったインバウンド主要都市のみならず、各都道府県では様々なインバウンド受け入れのための施策を取っています。今回は神奈川県横浜市が作成している「YOKOHAMA 訪日外国人受入対応マニュアル」から横浜市がどのようなインバウンド受け入れ対応をしているのかみていきましょう。インバウンド受け入れ環境整備の資料を無料でダウンロードする「翻訳・多言語化」の資料を無料でダウンロードする「多言語サイト制作」の資料を無料でダウンロードする「多言語化表示サー...

うどん県旅ネット(香川県観光協会公式サイト)がインバウンド誘致に成功した7つの理由

うどん県旅ネット(香川県観光協会公式サイト)は、インバウンド誘致に成功しこれからの地方自治体の多言語観光サイトのあり方として参考になるサイトです。この記事では、インバウンド誘致のためにどのようなサイトを作れば良いのかをうどん県旅ネットが成功した7つの理由から紐解きます。目次うどん県旅ネットがインバウンド誘致に優れている理由1:どんな事が特徴の県なのかがわかりやすいうどん県旅ネットがインバウンド誘致に優れている理由2:地図情報で名所がわかりやすく説明写真が大きいうどん県旅ネットがインバウンド...

今さら聞けないインバウンド基礎知識『ハラルフード』とは?対策や事例から学ぶムスリム対応

「ハラルフードってなに?」これに即答できますか?また、どのように答えるでしょうか?インバウンド担当者の方でも「ハラルフードとは?」と聞かれて具体的に答えることが出来る人は、いまだ多くないでしょう。今後インバウンドにおいては、ムスリム系訪日外国人の対応が重要になってきます。今回の記事ではインバウンド担当者なら知っておきたい「ハラルフード」の基礎と事例を解説していきます。インバウンド受け入れ環境整備の資料を無料でダウンロードする「翻訳・多言語化」の資料を無料でダウンロードする「多言語サイト制作...

「千葉市外国人観光客受入環境整備等支援補助金」補助対象経費とその補助金額は?

千葉市外国人観光客受入環境整備等支援補助金の対象となるのは、補助対象事業の実施に要する次に掲げる経費で、補助金の額は補助対象経費の1/2以内の額で、15万円を限度とします。また、複数年度にわたり異なる補助対象事業で補助金交付を受ける場合は、過年度の補助金交付額を含め、その合計額の上限を50万円とします。

  • 消耗品費
  • 備品購入費
  • 印刷製本費
  • 通信運搬費
  • 筆耕翻訳料
  • 手数料
  • 委託料
  • 工事請負費
  • その他、補助事業の実施に必要な経費であると市長が認めるもの

「千葉市外国人観光客受入環境整備等支援補助金」補助金申請から交付手続きまでの流れ

補助金の交付申請にあたっては「事業計画書」「営業の許可を受けていることを証する書類の写し」「千葉市税情報閲覧同意書」「商業団体、法人の場合にあっては、定款又はこれに準ずる書類、役員名簿」「個人の場合にあっては、住民票の写し又は外国人登録事項証明書、前各号に定めるもののほか、市長が必要と認める書類」を千葉市 経済農政局 経済部 産業支援課 商業流通班宛に送付します。

なお交付手続きに関しては下記の流れで行われます。

  • 申請者が補助金の交付申請を千葉市に行う
  • 千葉市が申請内容を審査
  • 千葉市が交付の決定
  • 申請者が事業の実施
  • 申請者による実績報告
  • 千葉市が報告内容を精査
  • 千葉市が補助金額を確定
  • 申請者が補助金交付を申請
  • 千葉市が補助金を支払い
  • 申請者が補助金を受領

「千葉市外国人観光客受入環境整備等支援補助金」補助金申請から交付手続きまでの流れ:千葉市外国人観光客受入環境整備等支援補助金申請のご案内より

「千葉市外国人観光客受入環境整備等支援補助金」補助金申請から交付手続きまでの流れ:千葉市外国人観光客受入環境整備等支援補助金申請のご案内より

「千葉市外国人観光客受入環境整備等支援補助金」の事業の実績報告

千葉市外国人観光客受入環境整備等支援補助金の対象となる事業が完了したときは、事業が完了した日から30日を経過する日又は、当該年度の末日のいずれか早い日までに、事業実績報告書、事業報告書、その他市長が必要と認める書類に加え、添付書類として、領収書、工事前後の写真、パンフレット、チラシ等を提出する必要があります。

インバウンド受け入れ環境整備の資料を無料でダウンロードする

「翻訳・多言語化」の資料を無料でダウンロードする

「多言語サイト制作」の資料を無料でダウンロードする

「多言語化表示サービス」の資料を無料でダウンロードする

「テレビ電話型通訳サービス」の資料を無料でダウンロードする

「訪日外国人向け道案内」の資料を無料でダウンロードする

<参考>

訪日ラボ 最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめの記事をご紹介します。

永山卓也氏・mov共著『Googleビジネスプロフィールですごい集客力を手に入れる』8月5日発売


訪日ラボを運営する株式会社movは、株式会社ユニットティ 代表取締役で、日本初のGoogle ビジネスプロフィール ダイアモンドプロダクトエキスパートとしても活躍する永山 卓也氏とともに、Googleビジネスプロフィール専門の解説書『Googleビジネスプロフィールですごい集客力を手に入れる』を青春出版社より8月5日から発売いたします。

本書は、小売・飲食・宿泊業、観光業のマーケティング、マネジメント支援を中心に豊富な支援実績を持つ永山氏、そして口コミ対策・ローカルSEO(MEO)、インバウンド領域に知見を持つmovがタッグを組み、Googleビジネスプロフィールに関わる店舗集客施策を解説したものです。

全国の書店及びAmazonなどのオンライン書店、電子書籍での販売を予定しております。事前予約については以下のページをご確認ください。
https://amzn.asia/d/06xjqsYU

詳しくはこちらをご覧ください。
永山卓也氏・mov共著『Googleビジネスプロフィールですごい集客力を手に入れる』8月5日発売


【インバウンド情報まとめ 2024年7月前編】「もう一度行きたい国」日本が1位に、その背景は? 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、主に7月前半のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

「もう一度行きたい国」日本が1位に、その背景は? / 4月の国別宿泊者数 中国が再び1位に【インバウンドまとめ 2024年7月前編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに