「九州・山口多言語コールセンター」が九州7県及び山口県全域をカバー

公開日:2018年08月06日

外国人観光客向けのツールが拡大

長崎県は、8月1日、外国人観光客向けの「九州・山口多言語コールセンター」に関して、九州7県(福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県)及び山口県全域での利用が可能となったことを発表しました。

「九州・山口多言語コールセンター」は、8月1日(水)~平成31年3月31日(日)、24時間対応にてサービスを提供。

対応言語は、英語、中国語、韓国語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語、ポルトガル語、スペイン語、フランス語、ロシア語、ドイツ語、イタリア語、ネパール語、タガログ語、マレー語の合わせて15言語で、電話番号は、九州・山口共通電話番号092-687-6639(外国人観光客専用)です。

長崎県庁ホームページ

長崎県庁ホームページ

通話料は利用者負担

これまで、県では、県内の宿泊施設、観光施設、医療機関等向けに、「長崎県多言語コールセンター」による電話通訳サービスの提供を行うことで、外国人観光客との円滑なコミュニケーションをサポートしてきました。

一方、外国人観光客向けについては、九州・山口共通電話番号による「九州・山口多言語コールセンター」を運用していました。

しかし、今回、鹿児島県ならびに宮崎県が新たに運用をスタートしたことにより、九州7県及び山口県全域での利用ができるようになったといいます。

なお、「九州・山口多言語コールセンター」の利用料金は無料ですが、通話料は利用者負担です。

(画像は長崎県庁ホームページより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

長崎県 プレスリリース
http://www.pref.nagasaki.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!