多言語ホームページ作成ツール 「Wellpage」運用開始

多言語ホームページ作成ツール 「Wellpage」運用開始

日本語のサイトを閲覧者の母国語に自動翻訳

Welltool株式会社は8日、日本語で作成したサイトを閲覧者の母国語に自動翻訳してくれるCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)「Wellpage(ウェルページ)」を運用開始しました。利用料は月額4,000円からとなっています。

訪日外国人の増加を商機と捉えている企業は多いと思いますが、多言語でビジネスサイトを開設・運営するのは難しいものです。

そこで登場するのが「Wellpage」です。日本語で作成したサイトを、ユーザーの使用言語に合わせて自動翻訳し表示します。世界100以上の言語に対応しています。もう英語版やフランス語版などのサイトを作らなくてもよいのです。

「Wellpage」
「Wellpage」

QRコードも簡単に作れる

「Wellpage」を使えば、HTMLやCSSといった専門知識がなくてもサイトを簡単に作れます。動画配信もできますし、Facebook・Twitter・InstagramなどのSNS投稿まとめサイトも作ることができるのです。

またQRコードもすぐに発行できます。飲食店のメニューなどデジタルサイネージにも最適です。なお日本語以外で作成されサイトを日本語に翻訳することもできます。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

Welltool株式会社 プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000018836.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!