スーツのAOKIが「みえる通訳」に続き「手話通訳」を導入!

スーツのAOKIが「みえる通訳」に続き「手話通訳」を導入!

みえる通訳・手話通訳

株式会社AOKIは、多言語映像の「みえる通訳」を昨年より全店舗に導入していますが、今年2018年8月8日より新たに「手話通訳」を導入し、AOKI・ORIHICAで利用を開始しました。

「みえる通訳」×「手話通訳」

「みえる通訳」×「手話通訳」

みえる通訳は10カ国語対応

「多言語映像通訳 みえる通訳」は、株式会社テリロジーサービスウェアが提供しているものです。

顧客と通訳オペレーターがタブレットを通じてFace To Faceで対話ができるようになっているため、顧客は面倒な操作に煩わされずコミュニケーションをとれるのが特徴です。

インバウンド消費を図る目的で導入され、英語・中国語・韓国語・タイ語・ロシア語・ベトナム語・ポルトガル語・ スペイン語・フランス語・タガログ語の10カ国語に対応しています。現在まで、駅前店舗を中心に利用されています。

誰もが快適で安心な買い物を

そして今回、安心して買い物できる環境作りへの、もう一つの取り組みとして「手話通話」を全国のAOKI・ORIHICA、708店舗に導入しました。手話のオペレーターは全員、手話通話の有資格者が対応します。

同社は2020年に向けたインバウンド消費を含め、AOKI店舗を訪れる国内外のすべての人が、快適でスムーズな買い物ができる環境と接客サービスを提供し、顧客満足度の向上を目指したいと述べています。

(画像はプレスリリースより)

顧客満足度を上げる!旅ナカに有効なインバウンド対応を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「バイリンガル採用・派遣」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社AOKIのプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000211.000011795.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!