5人に1人が訪日経験20回以上のヘビーリピーター。これからのインバウンドで必ず重要になる「訪日ビジネスマン」の特徴と行動パターンを統計から読み解く!

公開日:2018年08月17日

昨年日本を訪れた訪日外国人のうち、およそ17.2%は仕事目的で訪日した訪日外国人ビジネスマンでした。訪日ビジネスマンの約5人に1人訪日20回以上のヘビー・リピーターです。

訪日外国人ビジネスマン訪日富裕層(世帯年収3000万円以上)の約3割を占め、その行動パターンにはよく似た傾向があります。彼らの消費パターンを読み解き、インバウンドビジネスの新たな可能性についてデータをまとめました。

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

4人に3人は文字通り訪日外国人ビジネス「マン」。30~40代男性が圧倒的に多い

「ビジネスマン」という表記に、今の時代「ビジネスパースン」のほうが相応しいのではないか、そう思われた方もいるかもしれません。しかし訪日外国人ビジネス「マン」に関しては、本当に圧倒的に男性が多いという事実があります。

欧州圏で高い訪日リピート率の訪日ドイツ人

人数から言えば日本のインバウンド市場最大のターゲットになっている東アジア出身の訪日外国人観光客には負けますが、旅行支出額が大きいことからヨーロッパ諸国出身の訪日外国人も日本のインバウンド市場にとって魅力的なターゲットになっています。今回は、 訪日ドイツ人のインバウンド市場 の特徴を観光庁の平成28年における訪日外国人の消費動向に記載されているキーワードとなる数字とともにご紹介します。インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?調査・リサーチについ...

国土交通省観光庁訪日外国人消費動向調査によると、観光・レジャー目的の訪日は20~30代女性が牽引しているのに対し、ビジネス目的の来日は7割が男性ビジネスマン、しかも30~40代男性で全体の5割を占めています。

国土交通省観光庁「訪日外国人消費動向調査」平成29年度より訪日ラボ作成

国土交通省観光庁「訪日外国人消費動向調査」平成29年度より訪日ラボ作成

データからは訪日外国人ビジネスマンが自分1人または同僚と訪日し、その割合は半々であることがわかります。さらに特徴的な行動パターンも見られます。

統計から読み解ける訪日外国人ビジネスマンの特徴と行動パターン

他にも訪日外国人ビジネスマンの特徴と行動パターンを統計から読み解いていきましょう。

①利用空港は都市型

利用空港は都市部にアクセスが良いところに集中しています。首都圏直行の東京国際空港(羽田空港)の利用率が観光・レジャー目的の訪日外国人観光客より3倍も高く、成田国際空港・関西国際空港以外では名古屋市にアクセスの良い中部国際空港の利用率が高い。反対に地方空港の利用率は極めて低いということがわかります。観光・レジャー目的の訪日では利用空港は千歳空港や那覇空港など、人気観光地近くの空港にばらけています。

②フライト予約は直前

出発直前にフライト予約をすることが多いため、旅行は個別手配が9割を占め、予約手段は店頭や電話での確実な申し込みを好むことがわかります。早割のようなディスカウントはないはずなので、定価でフライトチケットを購入していることも多いと思われ、観光・レジャー目的の2倍もの単価で往復航空券を購入しています。

③宿泊先はワンパターン

また滞在期間は1~2週間と比較的長いのですが、ホテル・会社の寮といった宿泊施設の利用率が高く、旅館にはあまり泊まりません。

訪日外国人ビジネスマンの消費パターンとは?

訪日ビジネスマンの買い物に関するアンケートを見ると、観光・レジャー目的の訪日に比べて「買い物はしなかった(8.6%)」の回答が高いことがわかります。観光・レジャー目的の訪日観光客に同じ質問をすると「買い物はしなかった」は0.8%しかいません。

国土交通省観光庁「訪日外国人消費動向調査」平成29年度より訪日ラボ作成

国土交通省観光庁「訪日外国人消費動向調査」平成29年度より訪日ラボ作成

全体を見渡しても、購買率からは20~30代女性が牽引する観光・レジャー目的の訪日にくらべて消費行動が限定的で鈍いことが明らかです。

例外と言えるのがコンビニ・スーパーといった、差し迫って必需品を近場で買う消費と空港の免税の利用率です。

娯楽サービス費の中では「美術館・博物館・動物園・水族館」の購入率が高く、7.1%訪日外国人ビジネスマンが仕事の合間をぬってこういった場所を訪れていることがわかります。

コンビニは「インバウンドで売れる」理由の宝庫 人気の訪日旅行アクティビティと化す日本のコンビニエンスストア

日本の コンビニエンスストア は訪日外国人観光客にも高い人気を誇りますが、実際どのような商品が訪日外国人観光客から支持を得ているのでしょうか。海外のコンビニと比較した場合どのような違いがあるのか とあわせて見てみましょう。訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプロモーションについてより詳しい資料のダウンロードはこちらコト消費に対応!インバウンド動画プロモーションについてネット上の有名人を活用したインフルエンサープロモーションについてインバウンドでは口コ...

ヘビーリピーターの訪日外国人ビジネスマンには「何を」売ればいいのか?

購入率でみるとなかなかアクティブさが見えてこない訪日外国人ビジネスマンの消費行動ですが、これを購入者単価から見ると、新たな視点が得られそうです。

国土交通省観光庁「訪日外国人消費動向調査」平成29年度より訪日ラボ作成

国土交通省観光庁「訪日外国人消費動向調査」平成29年度より訪日ラボ作成

宿泊料金・飲食費・交通費ともに訪日外国人ビジネスマンは観光・レジャー目的の訪日に比べて購入単価が高いことがわかります。交通費では「新幹線・タクシー・レンタカー」を好んで利用しています。娯楽サービスではとくに「現地ツアー・観光ガイド」「舞台鑑賞・スポーツ観戦」などの項目出費で観光客を上回っています。

国土交通省観光庁「訪日外国人消費動向調査」平成29年度より訪日ラボ作成

国土交通省観光庁「訪日外国人消費動向調査」平成29年度より訪日ラボ作成

一見すると鈍い買い物への支出も、一人当たり購入単価でみれば、食料品やカメラ・電気製品などで観光・レジャー目的の訪日客を大きく上回ります。このことから、なかなか買わない・買う時間がないが、じつはたくさんお金を使うという訪日外国人ビジネスマンの姿が浮かび上がります。

まとめ:ビジネスマンにとっては「時間の使い方」が何よりも重要

訪日外国人ビジネスマンは時間とチャンスがあればしっかりと消費をしてくれる富裕層だということがわかりました。

彼らを取り込んでインバウンドビジネスを成功させるためのキーワードは「時間」です。限られた自由時間のなか、いかに便利に快適にお金を使ってもらうかの仕組みづくりです。

訪日外国人ビジネスマンの外出には限られた短い時間で必ずホテルや仕事現場に戻れるという確信が必要です。そのためには多言語対応の標識を設置する、地図アプリで迷子にならない正確な位置情報を提供する、外国人対応できるタクシードライバーを教育する、などが必要でしょう。

訪日外国人ビジネスマンの「すきま時間」を消費やアクティビティにつなげてもらうためには、直前予約に応えてくれるチケットサービスや、当日予約で都市部の穴場スポットを半日ほど案内してくれるビジネスマン向けのオプションツアーなどもニーズがありそうです。1日だけ私費で旅館に泊まりたい、というニーズもあるかもしれません。

中国人は2カ月に1度旅行し、5人に2人がビジネスのついでに観光もする…中国人の海外旅行市場の「今」とは:Expediaが明かした中国人海外旅

UNWTO(国連世界観光機関)が発表した「World Tourism Barometer」によると、2016年の中国人観光客の海外旅行支出は総額で 26兆円 でした。2015年と比較すると 1兆円ほど増加 しており、世界全体の旅行支出額の 20% を占めるほどに成長しています。日本のインバウンド市場のみならず、中国人観光客はこれからも世界中の国にとって大きなターゲットになってくるでしょう。近年、中国人の海外旅行のスタイルはどのように変わっていっているのでしょうか。Expedia Media...

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

<参考>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!