PIJIN✕横浜市 賑わい創出をサポートするプロジェクト開発で協定/「横浜観光ナビ」スマホWebアプリを開発

公開日:2018年10月02日

PIJIN✕横浜市の協定

株式会社PIJINは9月18日に、横浜市と「QR Translatorの活用による多言語に対応した賑わい創出」を目的とした連携協定を行いました。これにより、快適な横浜滞在を実現するアプリの開発に着手します。

PIJIN✕横浜市「横浜観光ナビ」スマホWebアプリ

PIJIN✕横浜市「横浜観光ナビ」スマホWebアプリ

クルーズ旅客の滞在をサポート

協定により同社は「横浜観光ナビ」スマホWebアプリを開発します。国内外から訪れるクルーズ旅客を中心に、観光情報だけでなく災害時の安全確保など、有益な情報を提供するものです。

まず街中の案内板などに設置されたQRコードを読み込むと、利用者の端末に設定された言語でアプリが起動します。観光客のニーズに合わせた観光ルート、SNSと連動したおすすめスポットやグルメ情報の閲覧、キャッシュレス決済にも連動しています。

またオフラインでも使用可能、災害時には避難先情報なども提供し、滞在中の安全をサポートします。

運用開始は2019年4月

「横浜観光ナビ」は同社の多言語表示サービス「QR Translator」を使用するため、アプリのダウンロードも不要。39言語、1端末に最大15言語まで選択が可能です。

横浜市はWebアプリのアクセス箇所の確保、プロモーション活動を行います。運用開始は2019年の4月を予定しています。

(画像はプレスリリースより)

顧客満足度を上げる!旅ナカに有効なインバウンド対応を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「バイリンガル採用・派遣」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社PIJINのプレスリリース(Value Press!)
https://www.value-press.com/pressrelease/208183

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!