ついに決定!「住宅宿泊協会」観光事業9社が理事に就任

公開日:2018年12月25日

ブッキング・ドットコム理事就任

ブッキング・ドットコム・ジャパンは12月11日、「住宅宿泊協会」の設立に合意。住宅宿泊事業を推進する業界団体で、同社は理事に就任する予定となっています。

ブッキング・ドットコム「住宅宿泊協会」に合意

ブッキング・ドットコム「住宅宿泊協会」に合意

観光事業の健全な発展を

「住宅宿泊協会」は、観光庁が観光事業者と設立に向け議論を進めてきました。今回それぞれの合意に達し、「住宅宿泊協会」が設立されます。

これは、住宅宿泊事業、住宅施設等を活用した旅館業、民泊、住宅宿泊仲介業、遊休建築物を利活用した宿泊関連事業、イベント民泊等の健全な発展に寄与するため、民間連携で事業の適正な運営や環境整備、認知向上などの活動を行っていくものです。

バケーションレンタルの普及を

協会の名称は英語でJapan Association of Vacation Rental (通称:JAVR)となり、海外で普及している「バケーションレンタル」の呼び方を採用。国内にとどまらず海外市場に向けても積極的に情報発信していくという意味が込められています。

理事はブッキング・ドットコムのほか、Agoda International Japan株式会社、Airbnb、株式会社Ctrip International Travel Japan、株式会社スペースマーケット、途家在線信息技術(北京)有限公司など9社が就任する予定です。

ブッキング・ドットコムは今回の理事就任に対し、日本でのバケーションレンタルの普及に務め業界の活性に貢献したいと述べています。

(画像はブッキング・ドットコムの公式ページより)

ホテルや旅館にオススメのインバウンド対策について より詳しい資料のダウンロードはこちら

「翻訳業務」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「チャットボットシステム」を資料で詳しくみてみる

「インバウンド研修」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

ブッキング・ドットコムのプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000155.000015916.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。