訪日外国人の旅行目的ランキング【国別】/外国人はなにしに日本へ?日本人はダントツ温泉

訪日外国人の旅行目的ランキング【国別】/外国人はなにしに日本へ?日本人はダントツ温泉

政府は2020年に4,000万人訪日を目標として掲げており、インバウンドは今後ますます増加すると予想されます。旅行代理店やブライダル業界でも、インバウンドの優良顧客を狙ったさまざまな施策をおこなっています。

これまでは「買い物」目的だった訪日外国人観光客のニーズが、日本でしか体験できないアクティビティーに移行しています。今後増え続ける訪日外国人観光客のインバウンド対策に向けて、マーケティング担当者はその流れをきちんと把握しておきたいところです。

そこで今回は、訪日外国人観光客の訪日目的についてご紹介します。訪日外国人観光客に人気のある観光体験とはいったいどのようなものなのでしょうか?

ここでは、「じゃらんリサーチセンター」が日本人および訪日経験のある5カ国(韓国、中国、アメリカ、インド、ドイツ)居住者の外国人を対象に、訪日旅行中に体験したことや飲食したものなど観光資源についてヒアリングした調査をもとに見ていきます。

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

【国別】こんなに違うの?訪日外国人観光客が日本を訪れる目的

訪日旅行で経験・実施したことトップ10 (じゃらんリサーチセンターより)

日本

1位 温泉(療養とは関係なし) 73.5%

2位 心身を癒す、リフレッシュ旅行 55.8%

3位 自然景観を楽しむ 45.3%

4位 家族や恋人などと絆を深める 43.9%

5位 旅館に泊まる 43.7%

6位 新幹線に乗る・見る 40.1%

7位 郷土料理を食べる 38.5%

8位 神社・仏閣 35.1%

9位 紅葉を楽しむ 33.8%

10位 お城 32.2%

韓国

1位 心身を癒す、リフレッシュ旅行 52.0%

2位 都市公園の散策 49.0%

3位 温泉(療養とは関係なし) 44.0%

3位 消耗品(食品、酒類、化粧品、薬品

等)の買物 44.0%

5位 現地の歴史・遺産にふれる旅行 43.0%

5位 神社・仏閣 43.0%

5位 日本庭園の散策 43.0%

8位 賑やかな雑然とした繁華街を楽しむ 42.0%

9位 環境を変えて気分転換をする 38.0%

10位 自然景観を楽しむ 35.0%

中国

1位 自然景観を楽しむ 64.0%

2位 富士山 55.0%

3位 田舎暮らしを体験する 52.0%

4位 ファッション類の買物 50.0%

5位 心身を癒す、リフレッシュ旅行 49.0%

6位 電化製品の買物 47.0%

7位 都市公園の散策 45.0%

8位 ウェルネス(ヘルス)ツーリズム 43.0%

9位 日本酒を楽しむ 41.0%

9位 日本一周旅行 41.0%

アメリカ

1位 自然景観を楽しむ 52.0%

2位 神社・仏閣 51.0%

3位 日本庭園の散策 50.0%

4位 現地の歴史・遺産にふれる旅行 49.0%

5位 心身を癒す、リフレッシュ旅行 45.0%

6位 日本一周旅行 43.0%

7位 滝・渓流 40.0%

7位 消耗品(食品、酒類、化粧品、薬品等)の買物 40.0%

9位 都市公園の散策 38.0%

10位 郷土料理を食べる 37.0%

10位 皇居ラン 37.0%

10位 ファッション類の買物 37.0%

インド

1位 自然景観を楽しむ 58.0%

2位 神社・仏閣 54.0%

3位 現地の歴史・遺産にふれる旅行 52.0%

3位 ファッション類の買物 52.0%

5位 心身を癒す、リフレッシュ旅行 50.0%

6位 鉄道を利用した旅行 47.0%

6位 都市公園の散策 47.0%

8位 世界遺産をめぐる 45.0%

9位 絶景を観に行く 43.0%

9位 皇居ラン 43.0%

ドイツ

1位 神社・仏閣 57.0%

2位 心身を癒す、リフレッシュ旅行 54.0%

3位 日本庭園の散策 40.0%

4位 現地の歴史・遺産にふれる旅行 37.0%

5位 都市公園の散策 36.0%

6位 桜を楽しむ 33.0%

7位 自然景観を楽しむ 32.0%

7位 滝・渓流 32.0%

7位 郷土料理を食べる 32.0%

7位 現地の人の暮らしぶりにふれる 32.0%

【訪日外国人観光客の特徴】アンケート調査から見る今後求められることとは?

【韓国】ディープな地方や、ワンコイングルメなど日本人の日常文化に関心が高い

【中国】買物、ウェルネスツーリズム、スノーレジャー、海鮮系の食事が人気

【アメリカ】お城、郷土料理、古墳など日本の歴史文化に興味

【インド】フルーツが大人気。果物狩りやフルーツバイキングにニーズがある

【ドイツ】アートへの関心が高く「美術館・博物館」がランクイン。神社・仏閣や桜も人気

訪日外国人観光客は、滞在中は何を食べている?

【韓国】「回転寿司」「そば」「エビフライ」

【中国】「刺身」「回転寿司」「弁当」

【アメリカ】「天ぷら」「懐石料理」「いちご」「カレーライス・シチュー」「味噌らーめん」「チャーハン」

【インド】「ぶどう」「チャーハン」「おにぎり」

【ドイツ】「江戸前寿司」「エビフライ」「天ぷら」

まとめ

訪日外国人観光客が増えている時代の流れをビジネスチャンスにうまくつなげるためには、顧客の動向やニーズを分析し、「今何が求められているか」「日本のどこに魅力を感じているのか」「なぜ人気なのか」ということを掘り下げていく必要があります。

それに対して、自分たちに今何ができるかを考え、効果的な施策を打つことが必要不可欠です。観光業界や観光地周辺の店舗でおこなわれている工夫やインバウンド対策を参考に、「コト消費」と「勝ちパターン」を見つけていくことが急務といえるでしょう。

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

<参照>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!