NTT東日本、人とロボットの協業によるインフォメーション業務の実証実験を開始

NTT東日本、人とロボットの協業によるインフォメーション業務の実証実験を開始

コミュニケーションロボットを活用したインフォメーション業務の効率化

2018年12月19日、東日本電信電話株式会社(以下、NTT東日本)は、コミュニケーションロボット「Sota」(以下、同ロボット)を活用したインフォメーション業務の効率化を目的とする実証実験を、SHIBUYA109において開始します。

SHIBUYA109では、訪日外国人が増加するに伴い、館内の施設案内やショップ案内といった通常のインフォメーション業務に加え、渋谷周辺における施設案内などの業務量の増加が課題となっていました。

一方、NTT東日本は、2016年9月から、クラウド型ロボットプラットフォームサービス「ロボコネクト」を提供していますが、コミュニケーションロボットの業務活用範囲を拡大し、特に、音声発話・認識機能を多言語(日本語、英語、中国語、韓国語)化することで、訪日外国人対応ソリューションを提供することをめざしています。

そこで、同ロボットを活用して、多言語による館内案内や周辺案内を行うなど、スタッフと協業したインフォメーション業務の実証実験を行います。

実証実験実施概要

実証実験実施概要

実証実験の概要

同実証実験では、SHIBUYA109のインフォメーションカウンターに設置された同ロボットが、多言語(日本語、英語、中国語、韓国語)に対応した館内案内、周辺案内を行います。

なお、館内案内では、ガイドやタブレットを操作することにより店舗の情報を表示し、周辺案内では、渋谷周辺の商業施設や飲食店等、目的地までの地図情報を表示するとともに、QRコードにより訪日外国人客の端末に地図情報を転送することで、SHIBUYA109から目的地まで案内します。

また、訪日外国人客の問いかけや利用履歴を分析し、定期的に遠隔から対話シナリオや表示コンテンツの改善を図ります。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

NTT東日本 ニュースリリース
https://www.ntt-east.co.jp/release/detail/20181219_01.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!