AI通訳機「POCKETALK W」、JAL国際線で機内販売開始

AI通訳機「POCKETALK W」、JAL国際線で機内販売開始

2019年1月1日(火)より

ソースネクスト株式会社は、同社のAI翻訳機「POCKETALK(ポケトーク) W」が、2019年1月1日(火)より、JALの国際線で機内販売されると発表しました。

「POCKETALK W」は、ソークネクストが開発・販売を手掛ける、手のひらサイズのAI翻訳機で、世界74言語に対応しています。ユーザーは、「POCKETALK W」に話しかけるだけで、まるで通訳を介しているかのように相手と対話することができます。

訪日外国人数が年間3,000万人を突破し、今後も増加していくと見られている中、同社は今後も多くの企業を通じて同商品の提供を広げていくとしています。

POCKETALK(ポケトーク) W

POCKETALK(ポケトーク) W

JAL国際線機内誌に掲載

同商品は、JAL国際線の機内誌「JAL SHOP 1-2月号」に、「POCKETALK W グローバル通信(2年)付き」として掲載されています。専用ケース付きで、販売価格は29,800円(免税)です。

乗客はJAL国際線に搭乗し、機内で注文・支払いを済ませると、その場で商品を受け取れます。海外へ行く日本人、日本へ行く外国人にとって、頼もしい旅のお供となるでしょう。

クラウド上の翻訳エンジンを利用

「POCKETALK W」は、クラウド上の翻訳エンジンを使います。そのため常に最新で、言語ごとに最適な翻訳エンジンを利用することができるのです。これにより、オフラインの翻訳機ではなしえない翻訳精度を実現しています。

今回、JAL国際線で機内販売される「POCKETALK W グローバル通信(2年)付き」ならば、世界中で使えるグローバル通信機能を搭載しているため、面倒な設定をすることなくすぐに使えます。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

ソースネクスト株式会社 プレスリリース
https://sourcenext.co.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。