北海道・ニセコプロモーションボードとは | DMO・SNSやアプリ活用のインバウンド誘致・対策事例

北海道・ニセコプロモーションボードとは | DMO・SNSやアプリ活用のインバウンド誘致・対策事例

2000年に入ってから、ニセコは国際的なリゾート地としての地位を確立しており、中国人旅行者の増加ともあいまって、更なる盛り上がりを見せています。

この記事では、ニセコはなぜここまで大きな観光地になることができたのか、近年はどのようなプロモーションを行っているのかに加え、北海道のニセコで生まれたDMO「ニセコプロモーションボード」も合わせて解説していきます。


ニセコプロモーションボードとは?

一般社団法人ニセコプロモーションボードの取り組み

一般社団法人ニセコプロモーションボード(通称:Niseko Pomotion Board)は、ニセコエリアの広報、及び販促活動を行う非営利機関です。ニセコもオールシーズン対応の国際的な滞在型リゾート地へと成長させ、宿泊数の拡大を目標とし、各事業者を代表したエリアのプロモーション活動を行っています。

平成19年に設立され、現在ではニセコの不動産所有者、不動産事業者、物件管理事業者、ホテル、レストラン、アクティビティ提供、そして事業者小売店など、1000を超える個人や企業が加盟をしています。その所属会員の年会費を財源とし、ニセコプロモーションボードの活動費としています。各種事業の様々な意見を取りまとめるために、理事会は15名の理事と、5名の幹部及び最高顧問の合計21名により構成されています。

ニセコ公式アプリでニセコの情報を発信

ニセコプロモーションボードは2017年に「ニセコ公式アプリ」をリリースしました。

主にスキーをする観光客に対して、ニセコ全山のリフトの運行状況や当日の流れの情報、アクティビティ情報などを一元的に提供するサービスです。このアプリは、ニセコエリアを観光に必要な情報は、すべて網羅されており、英語での案内も行っているため、ニセコを訪れる多くの外国人観光客も使うこともできます。

またGPS機能を搭載しており、ニセコ内のスキー場をつなぐシャトルバス「ニセコユナイテッドシャトル」の現在の走行場所や、遅延時間などをリアルタイムで表示でき、その他に近辺の観光地(小樽・函館など)へのワンデーツアーの情報も確認することができます。

SNSを活用したインバウンド対策

SNSプロモーションを活用したインバウンド対策

オーストラリア、ニュージーランド、カナダなどから訪れるスキーヤーに向けてアピールする目的で、ニセコプロモーションボードはSNSを効果的に駆使した、ニセコの魅力発信を積極的に行っています。

YouTubeでは、英語と中国語の動画を作成していたり、中国人のモデルを起用し、ニセコのスキー以外の楽しみ方を紹介することで、ニセコに長期滞在を決める訪日客を増やしより多くの経済効果を生むことが期待されます。

その他のSNSであるTwitter、Instagram、Facebookは英語での運用を行っています。SNSを活用することで映像や画像、テキストを効果的に活用し、潜在的な需要を創出しています。

ニセコエリアの観光マップを無料配布

ニセコプロモーションボードは「ニセコリゾートマップ」と「ニセコ全山ゲレンデマップ」の2種類のマップを創刊しました。ニセコのリゾートマップは、エリア内の宿泊事業者や観光案内所など、観光客が目につくような場所に無料配布されています。

ニセコプロモーションボードの会員サポートもあり、現在ではニセコエリアを楽しむために最も欠かせないマップとなりました。ニセコアンヌプリ、 グランヒラフ、ニセコビレッジ、昆布温泉などエリア内の宿泊施設やお土産を購入できるお店の場所なども分かりやすく掲載されています。

公式ホームページからダウンロードすれば、携帯からいつでもどこでも見ることができるため、とても便利です。 毎年9月から10月に掲載募集を行い、スキー場のオープンに合わせて毎年最新版がエリア内に配布されます。

国内観光客の誘致にも力を入れる

ニセコに長期滞在する日本人観光客が増加

実はニセコを訪れる観光客は外国人だけではありません。 平成26年度のデータによると日本人は年間67万人泊なのに対し、外国人は29万泊となっています。外国人の人気は高いとはいえど、延べ宿泊するで見れば国内旅行客の方が多くの割合を占めていることがわかります。

スキーシーズンは外国人が多くを占めますが、夏になると避暑地を求め、首都圏や東名阪からマンスリーで来る方もいます。コンドミニアムは冬は非常に高く、4~6人が泊まれる2ベッドルームは1泊約8万円しますが、夏になると1ヶ月15万~20万円と、かなりリーズナブルです。

日本人のシーズン中の消費単価では、外国人観光客と比較すると低くなってしまいますが、 日本人旅行者の存在を無視することができません。

北海道市内のグルメや観光情報を旅行者目線で発信

ニセコプロモーションボードの公式サイト内に掲載されているのが地域の旅行ブログです。グルメやアクティビティ、自然の様子などが写真とイラストを用いて説明されています。

北海道のニセコを訪れたことがない観光客であっても、ブログを見ることでお店の雰囲気や料理など、リアルな情報を簡単に手に入れることができます。また、日本人観光客にとって「ニセコ=スキー場」というイメージが強いため、スキー以外のアクティビティを紹介することにより、「一年を通して楽しめるニセコ」「家族みんなで楽しめるニセコ」のアピールに努めています。

インバウンドと国内観光客の満足度アップで地域活性化

これまでニセコプロモーションボードの活動を具体例を交えながら説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

2000年代の初頭は、スキー場の一つでしかなかった北海道のニセコですが、組織的なプロモーションと販促により、現在ではスキー場兼リゾート地としての地位を確立するまでに至りました。

インバウンドと国内の観光客両者に向けた発信を行うことで、総合的な満足度を向上させ、リピーターを生むことに成功しています。ニセコで毎年会う人たちのコミュニティもできており、コミュニティーの方が中心となってニセコを積極的に宣伝してくれる存在となっています。

北海道を代表するDMOとして、インバウンドと国内需要をどのように取り組んでいくのか、今後の活動にさらなる期待が高まります。


関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!