9割の宿泊客が外国人観光客/なぜ「サクラホテル池袋」は人気と口コミを集めるのか?副支配人インタビュー

現在、東京都内に池袋、幡ヶ谷、神保町、浅草、日暮里と5軒あるサクラホテル。いずれも訪日外国人に人気があるリーズナブルなホテルです。今回は、サクラホテル池袋の副支配人、佐藤麻衣子氏に、どのようなサービスをしているのかなど集客のヒントを聞きました。


サクラホテル神保町は25周年。池袋は11年。長年の積み重ねがカギ

サクラホテルの運営会社は、サクラハウスという不動産業者です。もともとマンスリーマンションを持っていたのですが、数泊だけの宿泊客がとれないため、ホテル業も行うことになりました。

都内に5軒あるうち一番古いサクラホテル神保町は今年で25周年です。池袋は11年ほどになりますが、もともとビジネスホテルだった建物をそのまま使っていますので、建物自体はもっと古いです。長年やっていますので、リピーターや口コミのお客様にたくさんお越しいただいています

9割の宿泊客が訪日外国人。受験生や日本人ビジネスマンも受け入れ

宿泊客の1割が日本人のお客様です。立教大学が近いので、受験シーズンになると多くの受験生が宿泊してくれます。ビジネスでご利用の出張の方もいらっしゃいます。

のこり9割は訪日外国人のお客様です。各国のお休みの時期によって、宿泊客の国籍の割合は変化するのですが、タイ、マレーシア、香港といったアジア圏の方が目立ちます。アメリカやオーストラリアからのお客様も多いです。

▲シンプルながらも使いやすいレセプション。スタッフは全員英語を話す。
▲シンプルながらも使いやすいレセプション。スタッフは全員英語を話す。

インバウンドで巻き起こる「カプセルホテルブーム」その理由は?:日本生まれの”簡易宿所”が国内・海外で流行する背景には旅行者のニーズの簡素化が

観光庁によると、昨年度(平成29年)の外国人延べ宿泊者数は7,800万人泊(前年比+12%)となりました。これは日本中の宿泊者数全体の15.7%にあたり、調査開始以来最高の値となりました。オリンピックに向けてさらに訪日外国人の宿泊数は増えると予想されます。これをうけ日本国内の簡易宿泊施設数が右肩上がりで増え続けています。簡易宿所の中でも特に「カプセルホテル」は日本で生まれた特徴的な宿泊スタイルで、外国人にも人気の宿泊施設のようです。ホテルや旅館にオススメのインバウンド対策について より詳し...


スタッフも多国籍。全員、英語を話します

訪日外国人のお客様の対応については、スタッフ全員英語を話しますので、まず問題ありません。また、スタッフにはスペイン人、マレーシア人、韓国人、フランス人、タイ人がいますので、彼らの母語での対応もできますし、中国語ができるスタッフもいます。

ところが、以前英語も日本語もお話しにならないロシアからのお客様の対応には苦慮しました。翻訳アプリを使ってなんとか意思疎通をしましたが、たいへんでした。

合宿にも向いている? 様々な部屋のタイプ

部屋はシングルやダブルのほか、ファミリールームや和室、ドミトリーがあります。池袋には空手の道場があるのですが、大会のシーズンになると、まるで合宿所のようになります。空手道場から予約が入るということではなく、それぞれ個々にお申込みいただいてサクラホテル池袋で落ち合うということのようです。

▲リーズナブルに宿泊したい旅行者に人気のドミトリー。1ベットにつき1泊3,300円
▲リーズナブルに宿泊したい旅行者に人気のドミトリー。1ベットにつき1泊3,300円

荷物預かりは無料。サクラホテルを起点に旅をする人も

レセプションの前にバゲッジルームがあり、荷物預かりのサービスもしています。一週間くらいまでなら、無料で預かっていますので、お客様によく驚かれます。

そのほか、荷物の受け取りもしますし、宅急便での発送もします。新幹線などでは荷物置き場がないので、あらかじめ次の訪問先に荷物を送る方もいます。それに、日本に到着したら、まずここに宿泊して、大きな荷物を置いて地方を旅行する方も。サクラホテルを起点として使っている訪日外国人もいます。

SNSとブログは日本語と英語で毎日発信

新規のお客様は口コミが多いです。それも口コミサイトではなく、友人や同僚からといったリアルな口コミです。それに、SNSなどで、実際にサクラホテルに宿泊した方が、ハッシュタグをつけて情報発信してくださる力が大きいです。

サクラホテルでは、自分たちでできるだけのことはしようというスタンスで、スタッフ内で当番を決めて、SNSとブログを日本語と英語で毎日アップするようにしています。記事のネタを探すのがたいへんです。

▲バゲッジ預かりは無料
▲バゲッジ預かりは無料

トリップアドバイザー「外国人に人気の日本のホテルと旅館2018」を発表:TOPのホテル・旅館の共通点やインバウンド対策とは?

世界最大の旅行サイト「TripAdvisor(R)」の日本法人であるトリップアドバイザー株式会社は12月13日、「外国人に人気の日本のホテルと旅館ランキング2018」を発表しました。着実に増え続ける訪日外国人観光客ですが、旅行のスタイルや目的の多様化も顕著となってきており、本ランキング結果にも反映されています。ホテルと旅館で1位を獲得した宿泊施設の取り組みと評価をまとめ、今後期待される宿泊施設のインバウンド対策について見ていきましょう。インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと...


まとめ

サクラホテル池袋の稼働率は、およそ9割。年間を通してコンスタントに世界中からサクラホテルを目指して宿泊客がやってきます。特筆すべきは、訪日外国人の間のリアルな口コミです。すべての宿泊客がインフルエンサーともいえます。英語が通じる、荷物預かりをしてくれるなど、サクラホテルの選ばれ方はシンプルです。訪日外国人にとって必要なものがそろっている。これがサクラホテルの強みでしょう。


<参考>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!