フィンテックベンチャー発!Origami Payが予感させる未来のインバウンド・キャッシュレス

フィンテックベンチャー発!Origami Payが予感させる未来のインバウンド・キャッシュレス

日本でもQRコードを利用したスマホ決済が認知されるようになってきました。2016年にオフライン決済サービスを開始したOrigami Payも注目すべきアプリ決済の1つです。フィンテックベンチャーが手がけるQRコード決済の先駆けとして、現在はコンビニ大手のローソンや紳士服のAOKI、生活雑貨チェーンのLoFtなど、全国の店頭で利用できるようになっています。


Origami Payとは

株式会社Origamiが展開するOrigami Payは、スマホアプリを用いて、店頭での支払いをキャッシュレス化する決済サービスです。ユーザーのアプリに登録されたクレジットカードや銀行口座の情報は暗号化されたQRコードでやり取りします。そのため、ユーザーの名前やカード番号といった個人情報が人目に触れることなく決済できます。

多くの提携店舗では、Origami Payで決済すると常時2%の割引が適用されています。またアプリにはクーポン配信機能があり、店舗がOrigami Payユーザーに向けて割引クーポンを配布できます。

またOrigami Payも独自のキャンペーンを頻繁に展開しているので、Origami Payを導入しているだけで、国内のアプリユーザーを囲い込むことが可能です。割引費用はOrigamiが負担しており、店舗には追加費用が発生しません。

導入方法

Origami Payの導入は公式サイトから申し込みが可能です。加盟店審査を通過し、お手元のスマホやタブレットに専用アプリをダウンロードすれば、すぐに使い始めることができます。

ステッカーQR決済ならモバイル端末がなくても導入でき、お客様にご自身のスマホを操作していただくことで決済が完了します。初期費用や固定費はかからず、決済手数料は最大3.25%と業界最安水準です。

インバウンドにおいてOrigami Payが見据える未来

Origamiは2016年11月にいち早く中国のQRコード決済「支付宝(アリペイ)」と提携し、Origami Payのオプションとして支付宝が使えるように機能を拡大しました。また2018年9月には、中国で第3のQRコード決済サービスを開始した銀聯国際との資本業務提携、ならびに台湾のQRコード決済JKOPay(街口支付)との連携を発表しています。

銀聯国際との提携により国内外でOrigami Payの相互利用が可能に

銀聯国際は中国人の多くが所有する銀聯カードのグループ子会社です。銀聯カードはすでに累計約67億枚発行されており、世界中で利用されている国際ブランドの1つとして認知されています。近年はQRコード決済サービス「銀聯QR」も展開し、日本での普及も目指しています。

今回の資本業務提携により、今後はOrigami Payを導入するだけで銀聯QRも利用できるようになる見通しです。また世界中に張り巡らされた銀聯のネットワークを活用し、世界中の銀聯QR加盟店でOrigami Payによる決済の実現を目指すとしています。海外旅行先で日本人がOrigami Payを使うようになれば、ブランドが世界的に認知される可能性が高まります。

<参考>NNA ASIA:銀聯カード発行枚数、累計66.9億枚を超過

注目すべきは台湾JKOPayとの連携

訪日外国人数が3番目に多い台湾。2018年の消費額も中国、韓国に次いで3位につけています。台湾の若者は日本のエンターテイメントに関心が高く、Perfume(パフューム)やディーン・フジオカといった芸能人や日本のアニメも人気です。

観光庁が発表した「訪日外国人旅行者の訪日回数と消費動向の関係について」(平成29年)によると、訪日台湾人のおよそ8割がリピーターで、全体の15%が10回以上日本を訪れています。

台湾の決済事情

台湾では日本と同様にQRコード決済ブランドが乱立していることから、政府がQRコードの規格統一に乗り出しています。これによりOrigami Payを導入しておけば、後々JKOPay以外の台湾のQRコード決済が使えるようになる可能性が高いです。

また中国以外のQRコード決済と連携する動きが国内ではOrigami以外に見られないことから、インバウンド対策の差別化を図る上で将来性があるQRコード決済と考えられます。早期にOrigami Payを導入し、JKOPayのサービス開始とともに利用できる環境を整えておけば、訪日台湾人へのアピール力が増し、リピート率の増加が期待できます。

<参考>Origamiニュースリリース:Origami、世界で利用可能な決済サービスへ

まとめ:インバウンドは東アジアの攻略がカギ

2018年の訪日外国人数は3,000万人を突破。政府が2020年までの目標として掲げる4,000万人の達成も射程圏内に入ってきました。訪日外国人の25%を占める中国人は購買意欲が非常に高く、訪日外国人旅行消費額の3分の1を占めるため、どうしても中国人向けのサービスに目が行きがちです。しかし韓国・台湾・香港を合わせた消費額は中国と同等で、この4か国からの旅行者による消費が全体の3分の2を占めます。

Origami Payは日本人向けのサービスでありながら、すでに支付宝も使えるようになっており、今後は銀聯QRやJKOPayへの対応が予定されています。長期的スパンで考えればOrigami Payこそインバウンド攻略の魔法の杖と言えるのではないでしょうか。


関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!