高知県、24時間4言語対応「通訳コールセンターサービス」を実施

高知県、24時間4言語対応「通訳コールセンターサービス」を実施

インバウンドの旅をサポート

高知県は、5月10日、インバウンドとのスムーズなコミュニケーションを図ることを目的として、24時間対応の「多言語通訳コールセンターサービス」を実施していることを発表しました。

通訳コールセンターサービス

通訳コールセンターサービス

3人の会話で言葉の壁を解消

「通訳コールセンターサービス」は、インバウンドが来店した際に活躍する電話通訳サポートサービスです。

店舗や施設にインバウンドが来た際に、インバウンドの質問に対応できない、店舗や施設のルールを説明できない場合に、従業員は専用番号に連絡。インバウンドと受話器を交互に受け渡しながら、3人で会話をする通訳サービスで、サービス対象言語は、英語、中国語、韓国語、タイ語の4言語になります。

従業員側は、同サービスを通じて、スムーズは取り引きを完了することができる一方、インバウンドは知りたかったことを知ることができるため、互いに安心感を得ることができます。

なお、同サービスを受けられる対象施設は、高知県内にある観光案内所、観光協会、観光協会会員、龍馬パスポート参画観光施設等のうち、申し込みのあった施設。開設期間は、来年3月31日までです。

同サービスは、県が株式会社ブリックスに業務を委託して実施するもの。電話通訳のため、どの店舗や施設でも導入することができます。県では、同サービスを通じ、従業員とインバウンド間の不安を解消することで、インバウンドの旅のサポートにつなげたい考えです。

(画像は写真ACより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

高知県 プレスリリース
http://www.pref.kochi.lg.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。